鬼が出るか、蛇が出るか…何が出るかは、見てのお楽しみ!【吉村卓也】

更新:2021.1.5 作成:2019.6.10

それは、僕の人生の中でもっとも贅沢で大切な時間だった。 ブツッ、ブツッ、と音を立てて、ツァラレアンダーの古いシャンソンがゆっくりと蓄音機から流れ込んでくる。 ……さあ、幕が上がる。

吉村卓也プロフィール画像
俳優
吉村卓也
2007年、アミューズ30周年全国オーディションにて6万5000人の中から『審査員特別賞』を受賞。“俳優”として映画やドラマ、更には情報番組などで活躍を続ける中、自身が脚本を手掛けることにも目覚め、2015年からはお笑いコンビ、「伊村製作所」を結成し、“お笑い芸人”としての活動もスタート。単独ライブ、お笑いライブの出演の他、キングオブコント、M-1などにも出場。相方の芸能界引退を機に2017年末に解散。 自身は2017年12月から俳優としてテレビ朝日「仮面ライダービルド」に黄羽役として出演し、テレビ朝日系「陸海空 地球征服するなんて」への出演や舞台「おおきく振りかぶって夏の大会編」への出演、一人舞台の上演や、ドラマへの出演など、幅広い活躍を見せている。
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

今か今かと、役を背負った自分の出番を待っている。

マリーさんの台詞をキッカケに、勢い良く舞台上手の袖から飛び出していく、さあ、今日も贅沢な時間を生きれるぞ。

「つかまえたよ、マリーさん」

いつもここで夢が終わってしまう。

あまりにも夢に出てくるもんだから、はじめっからすべてが夢だったのかと不安になり、度々この戯曲を開いてしまう。

舞台が終わり、十年が経った今も夢に見るこの戯曲の題名は「毛皮のマリー」

『毛皮のマリー』
作・・・寺山修司
演出・・・美輪明宏
毛皮のマリー/美輪明宏
欣也(美少年)/吉村卓也(新人)
下男・醜女のマリー/麿赤兒
名もない水夫/菊池隆則
紋白(美少女)/若松武史

田舎から出てきた19歳の春。俳優という仕事にも、ましてや東京にも慣れていなかった頃、はじめての大役をいただいた。

幕が上がると、ほのかに流れ込むお香の香り。アール・ヌーヴォーで装われた贅沢な一室。

演技力で「役」を自称するに何の不自由の無い、役者たちの怪演。セリフはシャボン玉のように儚く、かと思えばナイフより尖ってみせる。

大天才の詩人、寺山修司さんが。大天才の俳優、美輪明宏さんのために書き下ろした戯曲。

その舞台はすべてが魔法だった。

僕がいまも夢に見る理由はわかっている。

欣也として生きた19歳、僕はあまりにも幼かったからだ。

こんなにも本を開くたびに新しい気持ちを発見したり、行間が見えてくる本に出会ったことはない。きっとこれからも無いのではないかと思う。

観劇が好きな方や、お芝居に携わっている方は「行間を読め」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

この本は、その行間を読み手それぞれの人生から、勝手に感情で行間が埋まっていく不思議な本だと思います。

夢に見る理由として、あまりにも幼かったという表現は、僕があまりにも人生経験が乏しかったという事です。

年齢が上がるにつれて、より色濃く深い作品になるこの戯曲、みなさんぜひとも読んでみてはいかがでしょうか。

そしていつまでも本棚の中に忍ばせておいてください。

毛皮のマリー

著者
寺山 修司
出版日

美しい男娼マリーと養子である美少年・欣也とのゆがんだ激しい親子愛を描き、1967年の初演以来、時代を超えて人々に愛され続けている「毛皮のマリー」。そのほか1960年安保闘争を描いた処女戯曲「血は立ったまま眠っている」、「さらば、映画よ」「アダムとイヴ、私の犯罪学」「星の王子さま」を収録。寺山演劇の萌芽が垣間見える、初期の傑作戯曲集。

最後に、戯曲の中から好きな言葉をひとつ。

人生は、どうせ一幕のお芝居なんだから。あたしはその中で出来るだけいい役を演じたいの。芝居の装置は世の中全部、テーマはたとえ、祖国だろうとそんなことは知っちゃあ、いないの。
役者はただ、じぶんの役柄に化けるだけ。これはお化け。化けて化けてとことんまで化けぬいて、お墓の中で一人拍手喝采をきくんだ・・・

そしてこのコラムを書き終わる前にもう一度「毛皮のマリー」を読んでみました。

僕がいまも夢に見るのは、欣也という役は、幼くないと演じられない役だからだと気付きました。

そしてもう自分には演じきれない役を、少しうらやましく思っているんです。