捕まったら死ぬまで犯される?和風エロティックホラー漫画『鬼獄の夜』

更新:2019.10.6

BBQ(バーベキュー)しようと、山にやってきた大学生たちが見た看板。そこには「鬼出没立ち入り禁止」の文字がありました。じつは、その村には「女性を鬼への供物とする習慣」があり……。今回は、日本ならではの怪談や民話的な恐ろしさのなかに、エロスの要素を織り込んだサスペンスホラー『鬼獄の夜』の見所を紹介します。 本作は、スマホの漫画アプリでも無料で読むことができるので、気になった方はそちらからもどうぞ!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『鬼獄の夜』が面白い!無料で読めるエロティック和風ホラー作品【あらすじ】

立花牡丹は、仲間4人で山にバーベキューにやってきました。楽しく過ごしていたなかで、彼らは「鬼出没立ち入り禁止」と書かれた看板を見つけます。メンバーのひとり・赤坂春馬が、このあたりには贄取塚の顔無し鬼という、女が絶命するまで犯し続けるという恐ろしい鬼の伝説を口にしますが、もちろんみなそれが本当のこととは思っていません。

そんななかバーベキューの帰りに廃村に迷い込んでしまう牡丹たち。そこに現れたのは、牡丹の彼である鷹介の声で喋る化け物でした。しかしそれよりもさらに恐ろしい鬼が彼らの前に現れ……。牡丹たちは、鬼から逃げ切ることはできるのでしょうか?

鬼の伝説と廃村が舞台という和風ホラーに、パニックやエロスの要素も加えた、スリリングな作品です。性的な描写はありますが下品ではないので、エロが苦手な方にも安心して読んでいただけます。

ここから先は、本作の設定やホラー&エロティックな展開の一部を紹介します!ネタバレを含みますので、苦手な方はご注意ください。

すでに『鬼獄の夜』が気になった方は、まずはスマホの漫画アプリで読むことをおすすめしています。下のボタンから簡単にインストールできるので、ぜひ利用してみてください。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

『鬼獄の夜』の魅力その1:鬼に犯される!?ホラーにエロティックが加わる

通常のホラー作品の場合は、化け物に捕まったら殺されてしまうことが多く、捕まるまでが見せ場。しかし『鬼獄の夜』は捕まってからが見せ場となります。

今作で描かれる鬼は、ただ殺すだけではなく、女を死ぬまで犯し続けるという設定。異形に追いかけ回される恐怖だけでなく、そのあとの陵辱への恐怖も加わります。

牡丹と一緒にバーベキューにやってきた友人の茜は、物語の序盤で鬼に捕まってしまいます。その後作中で、彼女が鬼に犯されるシーンは、リアルに描写され、キャラの様々な感情が入り交じった様子にこちらまで複雑な気持ちになるものです。

追いかけられて逃げ惑うという従来のホラー作品のパニック要素だけでなく、捕まったあとの屈辱的な展開、エロティックさが堪能できるのが本作なのです。

『鬼獄の夜』の魅力その2:幼なじみ2人のラブロマンス

主人公の牡丹と、幼なじみで恋人の鷹介。2人のラブロマンスもこの作品の魅力のひとつです。

廃村に迷い込んだ時にはぐれてしまった2人。鷹介の声がする方向に向かうとそこにいたのは、彼そっくりの声を出す化け物でした。このことが意味することとは?2人は再び出会うことはできるのでしょうか?

ドジで臆病な主人公が、恋人を必死に探す健気さは読者の胸を打ちます。ただの恐怖だけでなく、恋人を思う心理描写が、本作を奥深いエンターテイメント作品に仕上げています。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

この作品は2部構成になっており、後半は牡丹たちを救出に向かう赤坂晴馬の姉、美空の視点で描かれます。美空は牡丹たちを助け出せるのでしょうか?

さまざまな謎を含んだ登場人物と鬼の謎が複雑な糸のように絡み合う、エロティックホラーです。続きが気になる方は、アプリで無料で読むこともできますよ。

もっと見る もっと見る