鬼畜な担当編集者と、鬼才作家【吉村卓也】

更新:2021.1.5 作成:2019.12.8

そもそも。そもそもですよ? 「小説を一本書いてください」 あなたがこれを言われたら、どう感じますか? 「無茶言いなさんな!」 そう思いますよね? 普通に小説を書くのでも、もう想像を絶するほど難しいんです! それなのにこの編集者さんときたら……。

吉村卓也プロフィール画像
俳優
吉村卓也
2007年、アミューズ30周年全国オーディションにて6万5000人の中から『審査員特別賞』を受賞。“俳優”として映画やドラマ、更には情報番組などで活躍を続ける中、自身が脚本を手掛けることにも目覚め、2015年からはお笑いコンビ、「伊村製作所」を結成し、“お笑い芸人”としての活動もスタート。単独ライブ、お笑いライブの出演の他、キングオブコント、M-1などにも出場。相方の芸能界引退を機に2017年末に解散。 自身は2017年12月から俳優としてテレビ朝日「仮面ライダービルド」に黄羽役として出演し、テレビ朝日系「陸海空 地球征服するなんて」への出演や舞台「おおきく振りかぶって夏の大会編」への出演、一人舞台の上演や、ドラマへの出演など、幅広い活躍を見せている。
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

お笑いコンビを組んでいた時、僕はネタ作り担当だった。

「学校の設定でネタ書いてよ」

「リズムネタが一本くらい欲しいよね」

なんて、よく相方から言われていました。

自分で思いついたネタは良いんですよ。

書いていて楽しいし、何より初めっから自分の中に答えがありますから。作るのも容易い。

でも、「学校の設定で」なんて、お題を決められたらもうてんやわんやです。

さらに言えば。そのお題の範囲が、狭くなれば狭くなるほど大変になります。

世界を狭められているのと同じですから。

僕が書くコントは、一本だいたい5分程度。

原稿用紙でいうと、たったの2ページもいかないくらい。

それでも相方の要望に応えるために、死ぬほど頭を悩ませてネタを作っていた事を覚えています。

じゃあそのお題が、小説で与えられたら……。

考えただけでもゾッとしますよね。

そんなゾッとする小説が、……あったんです!!

タイトルはそこにある

著者
堀内 公太郎
出版日
2018-05-31

「次のお題はこちらです」
担当編集者が繰り出す五つの難題を前に、鬼才はいかなる作品を書き上げたのか?
前代未聞のコンセプトで書き上げられた、鬼才の初作品集。

『タイトルはそこにある』は、担当編集者さんが出題するお題に沿って書かれた5つのお話です。

そのお題というのがこちらです。

・一つ目のお題。
演劇を扱った中編で登場人物は4、5人の少数に絞る。
・二つ目のお題。
回想、場面変更、一行アキ一切なしのワンシチュエーション・ミステリ登場人物は3人。
・三つ目のお題。
登場人物は2人で会話文のみで書かれた作品。
・四つ目のお題。
3人の女性による独白リレー(できれば3人全員を主人公に)出番を終えた語り手は再び登場してはならない。
・五つ目のお題。
???(あとがきでは公開されています)
 

見てもらってわかる通り、担当編集者さんが出すお題はどれも面白いものばかりです。

ただね……、どう考えても難しすぎるんですよ!!

これをもし万が一、元相方から僕が言われてたら、間違いなく殴ってますよ(笑)。

三つ目のお題なんて、鬼畜も鬼畜ですよ。

元来小説とは、文字だけで構成されてますから。

漫画のように絵で情景を伝えるわけにもいかず、

舞台でやるお芝居のように、身振り手振りで伝える事もできません。

普通に考えたら、説明台詞が羅列されたツマラナイ小説になるのが落ちです。

ただね、鬼才はだてじゃない。

堀内公太郎先生おそるべしです……。

全てのお題に応えるだけではなく、お題を巧みに操る文章力!

どの話も面白く、最後までページを捲る手が止まりませんでした。

ちなみにあとがきには、作者の堀内公太郎さんが本書を書くにあたり

難しかったところや苦労したところを書いてくれています。

読了後の、あらすじまで楽しめる一冊ですので、皆さんぜひ読んでみてはいかがでしょうか?