悪魔の実の復活する場所は誰にも分からない?【ワンピース考察】

悪魔の実の復活する場所は誰にも分からない?【ワンピース考察】

更新:2021.11.21

みなさんこんにちは!研究室長のユイです。 本日は悪魔の実の復活に関する考察です。悪魔の実は、能力者の死亡したすぐ近くの果実に宿ると考えられてきましたが、その説はもしかしたら間違っているのかもしれません……! ぜひ最後までご覧くださいね!

みなさんこんにちは!「ワンピース」の考察をしています「ユイの研究室」研究室長のユイです! 漫画に登場する伏線やモチーフなどを調べて色んな角度から物語の本質を探るのを楽しんでいます! 『鬼滅の刃』を記事で考察しているアカウントもあります。 https://honcierge.jp/users/10057 また、youtubeやTwitterもやっています。 動画で考察を見てみたいという方はぜひ遊びにきてください! Youtube https://www.youtube.com/channel/UCTRG3h_hzmreCsZukBKJD3A Twitter https://twitter.com/yui_laboratry
ブックカルテ リンク

悪魔の実は能力者が死亡すると復活する!しかし、どこに復活するかは分からない?

まずは、悪魔の実を食べた能力者が死亡した時、その悪魔の実がどうなるのかをおさらいしていきましょう。

悪魔の実の能力者が死亡すると、その能力を宿した実が復活することが分かっていますね。

能力者の死亡によって悪魔の実が復活したケースは、2020年現在、2件のみ描かれています。

まずは、エースの「メラメラの実」。エースは頂上戦争にて命を落としましたが、その後に彼の悪魔の実である「メラメラの実」はどこかで復活し、ドフラミンゴファミリーが手に入れていましたね。ワンピース71巻では、そのメラメラの実はドレスローザコロシアムの優勝賞品にされていました。

そしてもう1つ悪魔の実が復活したケースは、パンクハザードで死亡したスマイリーの「サラサラの実」です。スマイリーの場合は近くにあったリンゴがすぐに悪魔の実に変わり、シーザークラウンがそれを回収しました。

悪魔の実が能力者の死亡によって復活するというシステムが描かれたのは、この「サラサラの実」が初めてのケースだったので、悪魔の実はその付近にある果実に再び宿るのではないかと考えられていました。

しかし、今回の記事ではその説が間違っており、悪魔の実の復活する場所は誰も分からないのではないかということを考察していきます。

著者
尾田 栄一郎
出版日
2013-08-02

「サラサラの実」がすぐ近くに復活したのは「特殊な悪魔の実」だったから?

まずは、なぜ「サラサラの実」が能力者のすぐ近くに復活したのかを考察していきます。

ファンブック「ONE PIECE magazine vol.1」には、悪魔の実の一覧の特集ページがあるのですが、そこでスマイリーの悪魔の実「サラサラの実」は「特殊な悪魔の実」であるという表記されていました。

「ゾオン系「サラサラの実」モデル:アホロートル」の能力は、サラマンダーの一種であるアホロートル(ウーパールーパー)に変身できるといったものですので、能力自体には特殊な要素は感じませんよね。

では、何をもってサラサラの実を「特殊な悪魔の実」としているのでしょうか。

おそらく、サラサラの実は「死んだ後にすぐ近くの果実に宿る」という点で、特殊なのではないでしょうか。

サラサラの実はスマイリーの死後、すぐに近くのリンゴのような果実に宿りましたが、リンゴといえば、モモの助が食べたベガパンク作の悪魔の実もリンゴ型でしたね。

さらに、シーザーが研究をしていた人造的な悪魔の実「スマイル」もリンゴ型でしたので、人造の悪魔の実はリンゴ型で統一されているのではないでしょうか。

そして、サラサラの実はシーザーによって生み出される際に、「能力者が死亡した時は近くに復活する」ように設計されたのではないでしょうか。

著者
出版日
2017-07-07

ドフラミンゴは、なぜ「メラメラの実」を入手できた?

では、本題に移ります。

まず、悪魔の実が復活する場所が分からない根拠の1つとして挙げられるのは、メラメラの実をドフラミンゴファミリーが入手できたという点です。

エースの処刑を行ったのは海軍ですから、エースの「メラメラの実」を手にするために海軍が処刑の際に果物を付近に置かない理由が見当たりません。

メラメラの実が海賊の手に渡ると新たな強敵が生まれてしまいますし、逆に海軍の人物にメラメラの実を与えることができれば十分な強さを持った海兵が誕生しますよね。

確実にエースを殺す用意があった海軍が、次の宿り先となる果物を用意していなかったということは、やはり悪魔の実の再出現は制御できるものではないということではないでしょうか。

エースの処刑を巡る頂上戦争は、ワンピース59巻などで読むことができます!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2010-08-04

インペルダウンの囚人が死刑にならないのは、悪魔の実を復活させないため?

続いての根拠は、ワンピース54巻などで描かれた監獄「インペルダウン」の不可解な制度です。

インペルダウンには伝説級の凶悪犯が多数囚われています。しかし、そんな凶悪な犯罪者が、死刑ではなく終身刑とされているのが気になりますね。

実際に死刑が行われたのは、ワンピースの世界において「ロジャー」と「エース」のみ。

それ以外は死刑は行われずに終身刑で済んでいるようですので、海軍側の意図としては彼らを殺したくないというのが読み取れます。

その理由は、囚人の所有する能力を再び世の中に出さないためでなのではないでしょうか。

凶悪な囚人たちの大半が悪魔の実の能力者であることは何となく予想されますが、死刑を実行せずに終身刑とすることで、彼らをその能力ごと監獄に閉じ込めているのではないでしょうか。

このことは、死刑の後で悪魔の実を確実に回収する方法がない、ということの裏付けになりますね。

悪魔の実の復活場所を制御でき付近の果物に能力を宿らせることができるのであれば、囚人の死刑を行い、再出現した悪魔の実を回収して、海軍や政府の戦力を強化していくはずですよね!


以上のことから、悪魔の実は能力者の死亡後に近くの果物に宿ると考えられていた事は間違いであり、実際にはどこに復活するのかは分からない、ということになるのではないでしょうか!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2009-06-04

「ワンピース」の他の考察も見てみたい方は、YouTubeの「ユイの研究室」でもご覧になれます!

今回の考察でより「ワンピース」の奥深い世界の魅力が伝われば幸いです。

YouTubeチャンネル「ユイの研究室」では、様々な考察動画をアップしていますので、もっと色んな考察を見てみたいという方はぜひYouTubeチャンネルの方にも遊びにきてくださいね!

ユイの研究室

チャンネル登録や高評価などをしていただけると活動の励みになります!ぜひよろしくお願いします。


「ホンシェルジュ」で記事にした考察は、こちらでまとめて読むことができますよ!

漫画「ワンピース」未回収の伏線まとめ!謎を徹底考察【ネタバレ注意】

この記事が含まれる特集

  • ワンピース

    「ワンピース」の考察や「ワンピース」好きにおすすめの漫画を「ワンピース」好きのホンシェルジュがお届けする特集です。

  • ユイの研究室

    考察系VTuberユイの講義室です!「ワンピース」や『鬼滅の刃』の考察をしています。応援よろしくお願いします!!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る