漫画『異世界おじさん』の面白さをネタバレ!異世界なのに日常ギャグ漫画!?

更新:2020.12.31

おじさんが主役の異世界ギャグ漫画『異世界おじさん』は、無料で様々な作品が楽しめるpixivに掲載され一躍ヒットしました。 この記事では、異世界ファンタジーなのに日常ギャグ漫画として読めてしまう本作の面白さをまとめてご紹介!読み進めると思わずクセになる、漫画『異世界おじさん』の魅力をお伝えします。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

殆ど死んでいるの漫画『異世界おじさん』をあらすじから紹介

異世界ファンタジーと聞くと、主人公が異世界に行く展開を想像する方が多いのではないでしょうか。しかし漫画『異世界おじさん』はそんな読者の期待を初っ端から面白く裏切り、予想の逆を突き進んでいきます。

あらすじ

17歳の時にトラックにはねられてから、17年間ずっと眠り続けていた叔父が目覚めます。叔父の病室を訪れたたかふみが目にしたのは、謎の言葉をつぶやく叔父の姿でした。

『異世界おじさん』1巻

唐突に「異世界にいた証拠を見せる」と言い出すおじさん。そんなおじさんに恐怖を感じたたかふみは用件だけ告げて帰ろうとしますが、本当に魔法を使うおじさんの姿を見て一緒に暮らすことを決意。17歳からの17年間異世界にいたおじさんは、定職につかずYouTuberになって動画をアップする生活を送ります。

異世界ファンタジーだけど現実世界の日常漫画として楽しめる!

本作はそんなおじさんとたかふみが現実世界で日常生活を送りながら、異世界での思い出を魔法によってテレビのようにたかふみに見せる形で物語が進みます。そのため異世界がテーマでありながら、基本的にはギャグ強めの日常漫画として読むことができます。イメージとしては、漫画『聖☆おにいさん』のようなテイストが好きな方におすすめ。

17年の時の流れが生み出すギャップの連続は、クスっとしたくなる笑いを誘います。我々が住む現実世界の細かい出来事が反映されるなど、妙にリアリティがあるところが面白いポイント。

しかしエルフや魔道士といった魅力的なキャラも続々登場し、RPGにありがちな展開を含みつつ予想外のオチがつくことも。

おじさんが17年の時を過ごした異世界ワールドは、ひさんな思い出もありつつツンデレ展開や心温まるエピソードもあります。そんなエピソードたちを読み進めていくうちに、思わずクセになってしまうかもしれません。17年前に流行ったゲームも多数登場し、当時を知る世代の読者も楽しめる作品でもあります。

漫画『異世界おじさん』の主人公は、YouTuberを生業とする凄腕おじさん!

『異世界おじさん』2巻

漫画『異世界おじさん』はタイトルが表すとおり、おじさんが主人公です。おじさんは17歳の時にトラックにはねられて以来17年間昏睡状態に陥り、眠っている間はずっと異世界にいました。

異世界では行く先々でモンスターであるオークに間違えられ、異世界の基準で容姿をばかにされます。現実世界でコミュ障気味だったことが災いし、普通なら胸キュン展開になりそうな場面をことごとく面白く裏切ってくれます

異世界にいた17年の間に身に付けた魔法力は、あまりにも強く見ごたえたっぷり。異世界から戻り退院した後は、「異世界おじさん」の名でYouTuberとして生計を立てていこうとします

おじさんが異世界に行く前ケータイはガラケーが主流だったため、現在の文明の利器になじみきれない部分がありそんなところでも魅力を発揮するキャラクターです。

著者
殆ど死んでいる
出版日

時々闇モードを発動!おじさんの良き理解者・たかふみ

おじさんの良き理解者である、甥のたかふみはどんな人物なのでしょうか。

17年の眠りから帰還したおじさんの引き取りを親戚一同が拒否する中、たかふみはおじさんと一緒に暮らすことを選びます。普段は穏やかな人柄で、おじさんの異世界冒険譚に興味津々のたかふみ。17年の時の流れをなかなか受け入れられないおじさんに、冷静にツッコミを入れたりギャップを教えたりします

おじさんの恋愛オンチな面に残念さを時折感じるたかふみですが、たかふみ自身も恋愛面についてはおじさんと似た部分を持ち合わせています。時々心の奥に秘めた腹黒さや闇モードな部分が顔を出し、まわりを心配させることも。

たかふみのツッコミは、物語がテンポ良く進むための欠かせない要素のひとつです。

漫画『異世界おじさん』の愛らしいツンデレさん・エルフ

『異世界おじさん』2巻

クセの強いキャラが多数いる中、愛らしさを感じさせてくれるキャラがいます。それはおじさんが異世界で出会い、時折行動をともにするエルフです。

美しい風貌も魅力的な上、エルフというRPGならではのキャラ設定で読者を惹き付けます。このエルフの一番の魅力はなんといっても、王道的なツンデレキャラ。おじさんをオーク顔呼ばわりしキツイ言葉を多々浴びせますが、そのセリフは照れ隠しであることがうかがえます。

おじさんに惹かれていることは明白で、行く先々で現れてはいじらしさを見せてくれます。本作を読んでいると、エルフの恋心を応援したくなってしまうかもしれません。

ちなみにエルフの職業は冒険家で、古代魔導具を探す旅をしています。ツンデレ好きにはたまらない、愛らしさたっぷりのキャラクターです。

本来ならばRPGのキーキャラクターのはず!メイベル=レイベール

漫画『異世界おじさん』の中で、ツンデレエルフと並ぶ注目の女性キャラ。それが、メイベル=レイベール。

メイベルは魔炎竜ブレイズドラゴンを倒せる唯一の武器、凍神剣を代々守り続ける一族の末裔。魔炎竜を倒すため課せられた試練を乗り越えた冒険者に、凍神剣を授ける役目を担うRPGのキーキャラクターです。

しかし、おじさんが凍神剣なしで魔炎竜を倒してしまったため、迷走する人生を送ることになります。元々引きこもりの生活を送りたいという考えの持ち主のため、本来の力をなかなか発揮しません。

ツンデレエルフ同様、行く先々でおじさんに会い時折行動をともにするメイベル。メイベルとのからみでは、おじさんの男らしさを垣間見れることが多いです。おじさんのカッコよさと残念さを知るために、かかせないキャラと言えるでしょう。

おじさんのSEGA愛が面白い!漫画『異世界おじさん』

漫画『異世界おじさん』を語る上で、かかせない要素であるおじさんのSEGA愛

おじさんが昏睡状態に陥る前に生きていた時代のゲーム業界は、任天堂にならぶ勢いでSEGAが台頭していました。そんな時代の若者だったおじさんは、目覚めてもなおSEGAに対する愛がつきません。オークションでセガサターンのソフトを落札してしまうほど、熱がこもっています。

『異世界おじさん』1巻

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「エイリアンソルジャー」といったヒット作をはじめ、作中に登場する懐かしいSEGAゲームのタイトルたちは往年のゲーマーの心をつかみます。そして90年代のゲームを知らない方たちには、新鮮に映るかもしれません。作中に近年発売された「メガドライブミニ」も登場し、おじさんによる魅力解説が楽しめます。

スマホ向けRPGとコラボ!漫画『異世界おじさん』

魔法や冒険者、モンスターなど、RPG要素がつまった漫画『異世界おじさん』。実はこの漫画、スマホ向けRPGとのコラボが実現しています。

2020年10月22日~11月5日までの期間、「チェインクロニクル3」とのコラボが開催されました。しかもこの「チェインクロニクル」は、おじさんが愛して止まないSEGAのゲーム。実際にゲームキャラクターとして活躍するおじさんやツンデレエルフ、メイベルが、SEGAのスマホRPGゲーム内に登場しました。

コラボ配信は終了していますが、チェインクロニクル3 × 異世界おじさんコラボ 特設サイトでコラボ動画や描きおろしコラボ漫画が楽しめます。

コラボ実現により『異世界おじさん』タイトルでの今後のゲーム化や、アニメ化に期待が高まります。

ギャップが面白い!漫画『異世界おじさん』の魅力を考察!

漫画『異世界おじさん』には心くすぐる魅力が満載!そんな本作が放つ魅力を、考察していきたいと思います。

『異世界おじさん』の1番の魅力は、作品の随所に散りばめられたギャップ

たとえば、携帯電話。甥のたかふみから今の最先端はスマホだという説明をうけてもなお、自身が17歳の頃に発売されていたガラケーたちにカッコよさを感じるおじさん。その気持ちが高じてネットオークションで、大抵の人が不便さを感じるガラケーを購入してしまいます。ほかにも今はこれが主流だけど、17年前はこうだったというものが多く登場。懐かしさを感じたり、新鮮さを感じることができる作品です。

また、おじさん自身が放つギャップの面白さも、本作を語る上ではずせない魅力。

異世界グランバハマルでのおじさんは過酷な経験をたくさんしますが、不遇な境遇を生き抜いていく上で信じられない強さを身につけます。時折カッコイイセリフを言ったり男を見せたりしますが、おじさんはオチを忘れません。そしておじさんがもたらすオチは、たかふみと一緒になってツッコミをいれたくなってしまいます。そんなおじさんが魅せるギャップに、気がつけばドハマりしているかもしれません。具体的には、ぜひ実際に本作を読んで確かめてみてください。

著者
殆ど死んでいる
出版日

漫画『異世界おじさん』が、今後放つ面白さを考察!

異世界から生還し17年の時の流れを感じながら、現代社会で生きることになったおじさん。漫画『異世界おじさん』は、今後どのような展開をみせるのでしょうか?ここでは、今後本作が放つであろう面白さについて考察していきます。

『異世界おじさん』はおじさんとたかふみが日常生活を送りながら、異世界での思い出を織り交ぜていくのが主な流れ。断片的に異世界での思い出が登場するため、まだまだ隠されたエピソードが多数存在することが予測されます。現実世界に戻る瞬間のことも、終わりに近づくに連れて語られるかもしれません。

予想外の展開として異世界から帰還したおじさんとは逆に、ツンデレエルフなどの異世界キャラが現実世界に来てしまうという展開があったりすると更に思いがけない方向にストーリーが展開するかもしれません。

漫画『異世界おじさん』はpixivやtwitter発信の話題作!

新しいタイプの異世界ファンタジー漫画である『異世界おじさん』は、作者の殆ど死んでいるがイラストや漫画などを投稿できるSNSサイトpixivやtwitterに掲載したことから生まれた作品です。

pixivやtwitterで人気に火がつき、2018年6月29日からはKADOKAWAのWEBサイト「ComicWalker」で連載がはじまる運びとなりました。

pixivやtwitterは自由な発想から生まれ話題作となった作品が生まれた場所発信。だからこそ、今までにないタイプの要素がおもちゃ箱のようにつまっているように思えます。ほぼニートのおじさんが主人公、異世界からの帰還ではじまる逆転の発想やシュールな作風は、無料で新進気鋭な作家たちの作品が読めるpixivやtwitter発信だからこその面白さなのではないでしょうか。


まとめ

新感覚の異彩な面白さを放つ、漫画『異世界おじさん』。ゲーム好きやファンタジー好きの心をそっとくすぐりつつ、ツッコミたくなるような面白さがふんだんに盛り込まれています。読み進めていくうちに、たかふみをはじめツッコミをになうキャラクターの心情とシンクロしてしまう。そんな面白さを体感してみてはいかがでしょう。