『昴とスーさん』あらすじ紹介と昴の秘密をネタバレ!新刊の展開も考察

更新:2021.4.21

突然子どもの姿に変わってしまった青年・昴と、幼馴染の澪が繰り広げる同棲生活ラブストーリー『昴とスーさん』。昴の謎が少しずつ明かされる展開で、新刊に期待が寄せられます。この記事では、あらすじと優しい愛に包まれた物語の魅力を紹介。さらに、気になる昴の秘密もネタバレします!

ブックカルテ リンク
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

ワケありの同棲生活!?愛に包まれた『昴とスーさん』の魅力を紹介

『昴とスーさん』は、少年の姿に戻ってしまった昴と幼馴染・澪の同棲生活ラブストーリーです。

ある日突然、小さくなってしまった昴。戻る方法はわからず、姉弟として澪と2人で暮らしています。生活が一変してしまった昴と澪ですが、決して強引に生活を変えようとはしません。ありのままの姿で新しく仲間をつくり、親しい旧友と再会します。

運命に従いながらも幸せを見つけていくような、ゆったりとした静かな時の流れが魅力。また人生が変わってしまっても、愛し合う昴と澪の様子に心温まります。優しい世界観のラブストーリーが好きな方におすすめの漫画です。

昴がなぜ子どもの姿になってしまったのかは、ベールに包まれたままの展開。『昴とスーさん』の魅力を紹介するとともに、新刊までに明かされた昴の秘密のネタバレします!

 

『昴とスーさん』のあらすじを紹介!

まずはあらすじを簡単に紹介します。

小さなアパートの一室に住む澪と子どもの姿をした昴。仲睦まじい姉弟のように見えますが、実は恋人同士で同棲生活をしているのです。澪は日中花屋で働いており、一方、昴は家で料理や内職をしながら過ごす毎日。1年前に突然子どもの姿に変身して以来、彼は元に戻りません。周囲には気づかれないように、2人だけの秘密のままひっそりと暮らしています。

新しい生活にも徐々に慣れていき、いつもの買い物の帰宅途中に昴は小学生の女の子から遊びに誘われます。連れられた公園では、野球チームの練習が行われていました。ひょんなことから練習に参加することになった昴。心配で後で追いかけた澪でしたが、小学生たちに溶け込む彼を見てほっとします。

しかしある日の夜、稲荷という町に2人で出かけます。1年前、その町の川沿いで昴は変貌してしまいました。その奇妙な現象が起きた日の夜と同じように、また霧が出るというのです。昴は元に戻られるかもしれないと思い、澪とともに向かいますが……。

この後、昴に何か変化が起こるのでしょうか?次は、昴と澪について詳しく紹介していきます。

著者
高橋 那津子
出版日

 

子どもの姿に戻った原因は?昴の秘密をネタバレ【登場人物紹介①】

『昴とスーさん』1巻

澪との同棲生活でも度々料理をする一条昴。昔は料理人で、あるレストランで働いていました。両親はおらず祖母と2人暮らしでしたが、彼女も他界してしまいます。澪とは幼馴染で、やがては恋心を抱くように。澪の誕生日に得意の料理で腕を振る舞い、帰り道にキスを交わす瞬間、姿がまったく変わってしまいました。

物語が展開すると同時に、昴の衝撃の秘密が明らかに。昴の父のだと名乗る、須田勇が登場します。そして実は澪が昴の祖母だと認識していた女性が、彼の実母だったのでした。

須田は、「昴が23歳の頃に子どもの姿に戻った」と言います。須田は残酷な出来事に耐えられず、2人を置いて出て行きました。さらに、その時は記憶をなくしてしまったそう。澪が幼い頃出会ったのは、小さくなった後の昴でした。つまり、彼は大人と子どもを繰り返しているのです

このように昴の過去が少しずつ明らかにされていきますが、元に戻る方法はまだわかっていません。昴がどのような運命を辿るのか、謎めいた展開も『昴とスーさん』の見所です。

 

昴の幼馴染で恋人!壮絶な人生の昴を支え続ける澪【登場人物紹介②】

『昴とスーさん』1巻

昴のことを「スーさん」と呼ぶ朝比奈澪は、幼馴染でかつ恋人。同棲生活を始めてからは花屋で働いています。最初は小さくなってしまった昴のことを誰よりも心配していました。外出する彼に憂色を漂わせ、小学生たちと遊ぶときも急いで駆けつけました。

ところが、しだいに周囲に溶け込んでいく昴の楽しそうな姿を見て心の底から喜び、見守り続けます。また、酒に弱いのに同僚の飲みに付き合い、一緒に悲しむなど心優しい女性です。ただ天真爛漫でスーさんに癒しを与えてくれるだけではなく、人のことをまるで自分自身のことのように考えてくれます。

昴に元の姿に戻ってほしいが故に手がかりを探し続ける澪ですが、なかなか光が差しません。しかし、子どもの姿でも昴は昴のままだと覚悟を決めているようにも見えます。昴の幸せを願ってすべてを受け止めてくれる、懐が深いパートナーが澪なのです。

 

『昴とスーさん』の魅力①:切ない運命で芽生える小さな幸せ

昴と澪は定められた切ない運命のなかでも、幸せそうな微笑ましい様子が数多く見受けられます。

子どもの頃に戻られたら……と、誰もが一度は願ったことがあるはず。実際に昴は小学生のような幼い姿に変わりましたが、知り合いとも友人とも一切会えない不自由な身です。記憶は昔のままなのに外では弟のように振舞い、家にこもりきりの生活を送ります。

しかし、暮らしに変化が訪れます。澪の支えもあり、昴は野球チームに入ってみたり、勇気を出して会いたかった人に会いに行きます。3巻では、昴を料理人へ導いてくれた恩人の堂嶋とキャンプをして楽しみます。

さらに、ジュエリーデザイナーの親友・西尾と再会。4巻では彼のプロポーズを手伝いました。2人とも以前と変わらず接してくれ、昴の背中を押してくれるのです。

強引に運命を変えようとすることだけが幸せには繋がりません。『昴とスーさん』は、突然人生が一変したとしても、小さな幸せは見出せるものだと実感できる作品です。

著者
高橋 那津子
出版日

 

『昴とスーさん』の魅力②:リセットの人生でも唯一変わらない愛

暮らしが激変してしまった昴と澪ですが、唯一変わらないのが2人の愛情です。澪は昴の父に会い、昴が人生で子どもと大人を繰り返していることを知ります。

記憶を失ったこともある予測不可能な昴の人生を思い知らされた澪。現在の記憶をまた失ってしまう時が来たら……と不安に陥ります。そんな未来を見据えて、万が一の場合のためにたくさん写真を撮ることに。また、昴の寂しさを少しでも和らげるために、親友に会うことを勧めました。

一方、昴も小さな体で懸命に澪を支えます。夜遅く帰宅する彼女においしい夕食をつくったり、旅行でサプライズをしたりと、できることを積み重ねていきます。もう元には戻られないかもしれないという焦燥に駆られても、常にお互いを想い合う姿には温かさがあります

人生はすっかり変わってしまって、将来も不安でいっぱいな状況にいる2人。しかし、変わらず強い絆で結ばれる昴と澪の「愛」に心温まります。

 

昴の運命は…?新刊が待ち遠しい『昴とスーさん』の展開を考察!

ゆったりとした時間の流れが魅力の『昴とスーさん』。昴の変貌は未だ謎に包まれたままです。彼が過去にも突如子どもに戻り、記憶喪失に陥ったことがわかる3巻。

また4巻では、澪といることで今は記憶が保たれているのではないかと昴の父は考えます。原因は判明していませんが、記憶を失っていないのでまだ可能性はあるのではないかと予感させます。

昴があるきっかけで大人の姿に戻るか、姿は戻ることなくこのまま成長していくのか、大きく分けてこの2つのパターンが考察できます。しかし、どのような結末を迎えても、昴と澪は変わらず愛し合っていてほしいものです。澪の記憶が昴から失われたり、彼女の元から彼が去ってしまうことを考えると、切なくなってしまいます。

『昴とスーさん』は単行本がおよそ1年に1巻のペースで刊行されています。次の新刊が待ち遠しい!と胸の高鳴りが抑えられない方も大勢いるはず。そんな方には漫画誌「ハルタ」もおすすめです。『昴とスーさん』以外にも、漫画界に新しい旋風を巻き起こす作品が揃っていますよ。

著者
高橋 那津子
出版日
著者
ハルタ編集部
出版日

 

まとめ

『昴とスーさん』は、昴と澪の2人はずっと変わらず愛し合っていてほしいと願ってしまう、切ないけれども温かなラブストーリーです。初めてあらすじを知った方でも、昴の行く末が気になりますよね!新刊が発売される前に、ぜひ手にとってご覧ください。

もっと見る もっと見る