Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497

最もノーベル賞に近かった男・安部公房の「当たり前」を疑う3作

公開日 2015.10.27

お気に入り
4

閲覧
21711

最もノーベル賞に近かった男・安部公房の「当たり前」を疑う3作

罰がなければ、逃げるたのしみもない

砂の女 (新潮文庫)
砂の女 (新潮文庫)
作者 安部 公房
出版社 新潮社
出版日 情報なし

私は、人間の魂は、皮膚に宿っているのだとかたく信じていますよ

他人の顔 (新潮文庫)
他人の顔 (新潮文庫)
作者 安部 公房
出版社 新潮社
出版日 1968年12月24日

<見る>ことには愛があるが、<見られる>ことには憎悪がある

箱男 (新潮文庫)
箱男 (新潮文庫)
作者 安部 公房
出版社 新潮社
出版日 情報なし
おすすめ小説一覧 おすすめ一覧 本まとめ記事一覧 このユーザーの記事

キーワード・タグ

関連記事

このまとめの作者について

注目記事

月間ランキング