人とことば【モモコグミカンパニー】

人とことば【モモコグミカンパニー】

更新:2017.1.27 作成:2017.1.27

BiSHのモモコグミカンパニーです! 今回は「人とことば」をテーマに、言葉選びが大好きな宮藤官九郎さんのエッセイと私の大好きなバンド、supercarの作詞とギターを担当していた、いしわたり淳治さんの著書を紹介します。

モモコグミカンパニープロフィール画像
BiSH
モモコグミカンパニー
2015年3月、BiSHのメンバーとして活動を開始。2016年5月のシングル「DEADMAN」で早くもメジャーデビュー。2017年7月に幕張メッセイベントホールで行われたワンマンライブ「BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“」をSOLD OUT。12月には、結成からわずか3年で『ミュージックステーション』に出演し、“楽器を持たないパンクバンド”として強烈な個性を見せつける。その間、『KiLLER BiSH』『THE GUERRiLLA BiSH』の2枚のフルアルバムを発表。現在のメンバーはモモコグミカンパニーの他、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人。2018年3月、初の著作『目を合わせるということ』を上梓。 http://www.bish.tokyo/
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

言葉選びのセンス

著者
宮藤 官九郎
出版日
2013-05-10
この人の作品はどうしてこんなに面白いのだろう。この本を読んで確信しました、クドカンの言葉選びのセンスは抜群! 言葉は服と似ていて、世の中に沢山の服があるように、言葉も数えきれない程あります。その中でセンスのいいものを選ぶか、ダサいものを選ぶか。そこはやっぱりその人の感覚で選ぶしかないんですよね。普通に使われている台詞なのになんだかカッコいい、そしてその言葉はどんな場面でどんな人が使った言葉なのか。クドカンのセンスの秘密が少しわかったような気がします。

噛めば噛むほど

著者
いしわたり 淳治
出版日
2014-01-08
私が特に好きな章は「第一印象を超えろ」で、食べ物をよく噛んだらいままで好きだったものがマズイと感じたり、そんなに好きでは無かったものが大好きになったという話です。このことは食べ物に限らずいろんなものに言えるんじゃないかと思いました。第一印象でパッと見いいものや良いことに見えても、よく探って行くとそうでも無かったり、そんなこともよくあります。短編小説とエッセイを織り交ぜていて、どの章から読んでも新鮮な発見があり、何度も読み直したくなります。