事実と嘘と、ファンタジーと真実との関係

事実と嘘と、ファンタジーと真実との関係

更新:2021.3.2

なんだか変なところに来てしまったーー。そんな感覚から始まったのに、読み進めるうちにいつの間にか物語のすべてを信じ込んでしまっていることがよくあります。 ファンタジー、作り話、物語、嘘。事実と真実は似ているようで別物。人によって作られた物語が真実に触れることができる。そんな瞬間に出会ったことが何度もありました。今回はそんな物語の本棚からオススメしたい5冊を、ご紹介します。

ハッカドロップスプロフィール画像
ミュージシャン
ハッカドロップス
愛知県春日井市出身 。大学に進学したものの、在学中に音楽の道を目指し、上京。音楽系の会社でデスクとしてアルバイトをしながら、楽曲制作などを手伝う日々を送る。そんな中、制作現場でプロデューサー・多保孝一氏と出会い、意気投合。ソロプロジェクト、ハッカドロップスがスタート。YAMAHA SG7 を肩にかけ、懐かしさと新鮮さの共存するサウンドで平成の世にハッカ飴を投じるべく活動中 。2016年4月、シングル「衝撃リバイバル」にてメジャーデビューを果たした。 http://www.hakkadrops.net/
ブックカルテ リンク

絵のない絵本

著者
アンデルセン
出版日
1952-08-19
月が窓から、貧しい絵描きに話し掛ける。地球の周りを巡って見てきた物語を月は絵描きに、いつも語ってくれるのです。ほんとうに月が見てきたお話しなのだと信じ込んでしまうくらい、限りなく近くて限りなく遠い、人間の悩みも喜びもすべてを包み込んでしまうような月の視点を、ここにある沢山の短い物語たちから感じ取ることができます。

少女地獄

著者
夢野 久作
出版日
1976-11-29
天衣無縫の作り話。姫草ユリ子は虚構の天才であり、自ら紡ぎ出した虚構の中に生きていました。嘘の話を進めながら増していくユリ子の美しい目の光に、彼女にとっての虚構が純粋な生きがいであり、芸術であったのだと、納得させられてしまった。そして作り出した地獄に、遺した一枚の手紙は、自ら創作した彼女の物語のクライマックスでもあり、最後まで虚構の中に死んでいった証のようでもありました。

どうしようもないのに何故だか好きになってしまう、姫草ユリ子の魅力に触れてみてください。

イビザ

著者
村上 龍
出版日
1995-04-06
タイミング良くいろんなことが起きて、自分が何かに導かれているような感覚になることってありませんか。小説を読み始めてすぐ、なんだか変な所に来てしまったと思ったら、そんな導かれる感覚とともにいつの間にか物語の世界にすっかり馴染んで入り込んでしまいます。

仕事を辞め、旅に出たマチコが導かれるように、自分の中に入り込んだ固有名詞「イビザ」を目指す。そして最後に辿り着いたシーンではまた冒頭の違和感に戻り、物語から目を覚まされるのです。

夕闇の川のざくろ

著者
江國 香織
出版日
さりげないファンタジーの世界に連れて行ってくれる、絵本のような小説のような物語。孤独で美しく、ひどい嘘つきの女の子“しおん”は、嘘を物語と呼び、次々にその物語を友達である“私”に語り掛けます。そして、物語の中にしか真実は存在しないと言うのです。守屋恵子さんの素敵な挿絵が、この本を読んでいる時の掴み所のない不思議な感覚を、さらに高めてくれます。

かもめのジョナサン

著者
リチャード バック
出版日
2015-06-26
ほとんどのカモメにとって、重要なのは、飛ぶことではなく食べることだった。でもカモメのジョナサンにとって重要なことは、食べることよりも飛ぶことそれ自体だったのです。何か一つのことを極めるということ、それを好きとしている人にとってはとても実感と重なるところの多い物語だと思います。

この本を読んだ直後、鎌倉の海に出掛けることがあって、一羽で飛んでいるカモメを見て「あれがジョナサンなんじゃないか」って妄想して楽しんだことを、覚えています。

この記事が含まれる特集

  • 本と音楽

    バンドマンやソロ・アーティスト、民族楽器奏者や音楽雑誌編集者など音楽に関連するひとびとが、本好きのコンシェルジュとして、おすすめの本を紹介します。小説に漫画、写真集にビジネス書、自然科学書やスピリチュアル本も。幅広い本と出会えます。インタビューも。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る