ニヤリとしてしまう大人の4コマ漫画

ニヤリとしてしまう大人の4コマ漫画

更新:2016.3.30

ふくろうず内田です。突然ですが、わたしは笑うのが好きです。基本的には笑えればなんでも良いんですが、強いて言うなら、お笑い芸人が起こすような「爆笑」より、日々の中でふいに起こるような「ささやかな笑い」の方が好きです。 今回は、そんな「ささやかな笑い」をくれるオススメの4コマ漫画を紹介したいと思います。寝る前にマンガを読んで「ニヤリ」としてから寝るのが幸せなのです。

内田万里プロフィール画像
バンド「ふくろうず」Vo/Key
内田万里
ふくろうずのヴォーカル・キーボード。内田万里(Vo, Key)、石井竜太(Gt)、安西卓丸(Ba, Vo)で2007年にふくろうず結成。2011年6月、メジャーデビュー・アルバム『砂漠の流刑地』をリリース。2015 年1月から放送されたドラマ『ワカコ酒 Season2』のオープニングテーマにミニアルバム『ベイビーインブルー』収録曲「いま何時?」が使用され、メンバーもカメオ出演して話題に。 同月には恵比寿LIQUIDROOMにてツアーファイナルが大成功。2016年4月には東京・クラブeXにて、ワンマンライブ「ふくろうずの360 ゚ライブ ~死角の無いやつら~」を開催。同じく4月に大阪・Music Club JANUSにて自主企画「プリティーツーマン~春はあげぽよ、YO!YO!白くなりゆく!?~」で、ねごとと共演し会場を盛り上げた。 7月13日にリリースされた最新アルバム『だって、あたしたちエバーグリーン』は、2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となる作品。2017年1月からは3カ月連続企画ライブ、6月には東京・大阪で「さらば!プラネタ銀河ツアー」を開催した。9月6日には結成10周年の集大成となるニューアルバム『びゅーてぃふる』をリリース。12月24日、結成10周年を記念したライブ「ごめんね、ありがとライブ」をもって解散を発表した。 オフィシャルホームページ http://www.fukurouzu.com/
ブックカルテ リンク

ここだけの2人

著者
森下 裕美
出版日
2009-01-28
団地に住む若い夫婦のおかしな日常を描いた話です。同作者の『少年アシベ』も面白いんですが、大人が読むなら『ここだけの2人』が断然オススメです。個性的な団地妻やら、宇宙人がみえる友達やら、AV女優やら、アッパーな母親やら、ディープな過去を持つ義母やら、夫(高校教師)のキャラの濃い生徒たちやら、色々たくさん出てきて楽しいです。

中学生の時に初めて読んで、「夫婦生活ってこんなものなのかな」とボンヤリ思ったのが懐かしいです。

ぼのぼの

著者
いがらしみきお
出版日
2016-03-26
ラッコのぼのぼのが、アライグマやシマリスたちと遊びながら送る日常を描いた話です。主要キャラクターはみんな好きですが、シマリス家の三兄弟は特に好きです。

シマリスくんはちょっと頼りない長男で、上にお姉さんが2人います。一番上はシッカリお姉さん。シマリスくんを立派なリスにしようと奮闘しますが、うまくいきません。すぐ感極まって泣きます。真ん中は不良ぎみ。シマリスくんをいじめます。シマリスくんのお決まり文句「いじめる?」が出ると、必ずいじめます。

この三兄弟のやりとりにぼのぼのとアライグマくんが加わって、めちゃくちゃになるのが好きです。

殴るぞ

著者
吉田 戦車
出版日
文字も書けるスーパー犬の「飼い犬」と、そのポンコツ飼い主「主人の奴」を中心に、色んな登場人物が出てくるマンガです。なんと作者まで出てきます。

作者の吉田戦車といえば『伝染るんです』で有名ですが、作中では『伝染るんです』の主人公と似たようなカワウソも出てくるので、知ってる人は嬉し懐かしいはず。作者の子育てをネタにした話も出てきて、面白いだけではなく微笑ましかったりもします。

ハトのおよめさん

著者
ハグキ
出版日
2012-12-21
エキセントリックなハトのヨメとハトのダンナとのエキセントリックな日常を描いた話です。ハトのヨメは口が悪く、キレると「ハトビーム」をすぐ出します。とっても怖いです。ハトのダンナもビームの餌食になります。心臓の弱い人、心がとっても優しい人には負担がかかるマンガかもしれないので念のため用心して下さい。

あ、これ4コマ漫画じゃなかった。すみません!

この記事が含まれる特集

  • 本と音楽

    バンドマンやソロ・アーティスト、民族楽器奏者や音楽雑誌編集者など音楽に関連するひとびとが、本好きのコンシェルジュとして、おすすめの本を紹介します。小説に漫画、写真集にビジネス書、自然科学書やスピリチュアル本も。幅広い本と出会えます。インタビューも。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る