人間? それとも…キュートなあの子の正体は?【少年・青年マンガ編】

人間? それとも…キュートなあの子の正体は?【少年・青年マンガ編】

更新:2016.5.14 作成:2016.5.14

ロボット、球体関節…どれも人間のように血と肉を携えた存在ではありませんが、心の通った女の子たち。今回はそんな彼女たちにスポットを当てた作品を紹介します。王道の人気作品ばかりですが、意外と多くの作品で「人間じゃない」けど魅力的な女の子たちが活躍しているのです!

owtn.プロフィール画像
ポエムコア・アイドル
owtn.
「雪国に舞い降りた、ゆるふわグルーヴィー天使」をキャッチフレーズに、 自作の詩をトラックに載せて朗読する、ポエムコアという新たなジャンルで活躍しているowtn.。 “宇宙初のポエムコア・アイドル”として、独特の世界観が国内外から注目を集めている。 2015年12月に、最新EPとなる「桃源郷EP」をリリース。
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

「んちゃ! アラレだよ!」

著者
鳥山 明
出版日
2006-10-04
作られた女の子と言えば「ガイノイド(=少女型アンドロイド)」を思い浮かべる人も多いのでは? ドクタースランプにはとびきりキュートでパワフルなガイノイドー…則巻アラレが登場します。発明家・則巻千兵衛が開発し、彼の妹として、ペンギン村の中学校に転入してたアラレ。コスプレとパトカー破壊が趣味、超高性能CPUを搭載した頭脳でどんな難問も一瞬で解いてしまうといった破天荒さ。彼女が巻き起こす大騒動は、思わず笑ってしまうこと間違いなしです!

ペンギン村は、アラレだけでなく他にも動物や宇宙人や悪魔など(侵略にくることもあるけど基本的には)、みんなが仲良く暮らす世界。仲間はずれや意地悪のない楽しい村は、一度遊びに行ってみたいですよね。

二度のアニメ化を果たし、連載終了後もスピンオフがジャンプに掲載されるなどの大人気作品。レンズの大きなメガネが「アラレちゃんメガネ」としてファッションに取り入れられたり、車のCMではももいろクローバーZと共演したりと、21世紀でも大活躍のアラレちゃん。千兵衛博士の努力の結晶が、現代の日本に蘇る日も遠くない…かも?

「おまえのいいとこ、ひとつめーっけ」

著者
桂 正和
出版日
レンタルショップで弄内洋太(もてうちようた)が借りたイメージビデオから、突然女の子が飛び出してきた! 「天野あい」と名乗る彼女は、ちょっとガサツだけどとびきりの優しさで洋太の恋を応援し、背中を押してくれる存在だが、やがて洋太のことを…?

「TIGER&BUNNY」の桂正和さんが繊細な線で描く女の子たちのなかでも、ひときわ生き生きとした笑顔で、時にはしゃぎ、時に涙を流すあいちゃん。映像の中のはずの彼女が、いつしか一人の女の子として恋愛感情を持ち、洋太の人間的な成長をそっと支えるいじらしさに、キュンとしてしまうかも。

実際に当時のアイドルがモデルになったということもあり、とにかく可愛く、そしてちょっとやんちゃで、2016年になっても色褪せない魅力的なキャラクターです。

「起動スイッチは、もしかして・・・この奥?」

著者
CLAMP
出版日
2001-02-01
パソコンが人の姿をしている世の中。大学生の秀樹は、ある日ゴミステーションに捨てられていた、パソコン(=女の子型)を拾ってしまい、「ちぃ」と名付けることにー…。やがてその出生の秘密を知ることになる秀樹。

『こばと。』や、『カードキャプターさくら』のCLAMPが描く、人間とパソコンのハートフルコメディです。パソコンはマシンゆえに完璧さを求められるのがこの世界ですが、ちぃは何も言葉を知らないところから始まります。最初は超高性能を期待したものの、何もソフトが入っていない状態の「ちぃ」。それを育てていく秀樹の優しさや、ちぃのかわいさ、そして次第に重厚な展開へと進むストーリーに目が離せません。作中にはデスクトップ型ではなくノート型の「すもも」というパソコンも出てくるのですが、この子が肩に乗るくらい小さくて、またかわいいのです! もちろん、そのほかの登場人物もみんな魅力的。CLAMP先生得意の、日常×ファンタジックな世界観に注目です。

「まきますか? まきませんか?」

著者
PEACH-PIT
出版日
2008-12-19
ネットショッピングをしてはキャンセルを繰り返す不登校の中学生ジュンの元にある日届いたのは「真紅」と名乗る球体関節のアンティークドール。しかも喋って動いて、いきなり自分を家来として扱う女王様キャラ! その上仲間のドールたちもジュンの家に次々と集まり出す。初めは反発するジュンだったが、真紅とドールたちの出生と「アリスゲーム」と呼ばれる戦い、そして彼女たちの狙い「ローザミスティカ」の秘密を知ることになり…。

プライドが高いけど、とびきりの思いやりを携えた、高貴なアンティークドール「真紅」。彼女の七人の姉妹たちもそれぞれ個性豊かでみんなキュートです。迫力あるバトルシーンや切ないお別れのシーンも必見ですが、平和に日々を過ごすドールたちの日常も、とっても可愛いエピソードでいっぱい! わたしは特に第六ドール「雛苺」がお気に入り。お部屋にも、雛苺風にカスタムしたドールを飾っています(いつか動き出して、おしゃべりしてくれないかな…)。

政治家の麻生太郎氏が読んでいたと、数年前に話題になったことも。キャラクターのかわいさと重厚なストーリー、そしてジュンの心の成長など、読み応えのある作品です。