こぶしファクトリー新譜発売、℃-uteさんラストコンサートの中で考えた事

こぶしファクトリー新譜発売、℃-uteさんラストコンサートの中で考えた事

更新:2017.6.15

こぶしファクトリー・広瀬彩海さんの連載書評コラム。今回は『ふたごの魔法つかい』、『まんがでわかる 伝え方が9割』、『日本一!原巨人―YOMIURI GIANTS』を取り上げます。

広瀬彩海プロフィール画像
こぶしファクトリー
広瀬彩海
1999年8月4日生まれ。神奈川県出身。2015年1月2日、こぶしファクトリー結成。その後、リーダーに任命され、9月にはシングル「ドスコイ!ケンキョにダイタン/ラーメン大好き小泉さんの唄/念には念(念入り Ver.)」でメジャーデビュー。同年「日本レコード大賞最優秀新人賞」を受賞。2019年10月2日にアルバム『辛夷第二幕』をリリース。2020年3月30日、東京ドームシティホールでのコンサートをもってグループ活動を終了する。 http://www.helloproject.com/kobushifactory/
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
こぶしファクトリーの広瀬彩海です。梅雨に入りジメジメとした空気が漂い、心もなんだかどんよりとするような今日この頃。
最近のこぶしファクトリーは、先輩の℃-uteさんのラストコンサートが行われたり、ニューシングルがリリースされたりと、色々なことが目まぐるしく過ぎていきながらも充実した毎日を送っています。

そんな中、自分を見つめ直すことも増えました。
自分に足りないものは何か。自分の原点はどこか。
そんなことを考える中で、出会ったり、ふと読み返したくなった本をご紹介します。
これを機にぜひ読者の皆様も本を手に取るだけではなく、自分を見つめ直し、本の手を借りてみては如何でしょうか。

私にとっての「はじまり」

著者
["川北 亮司", "ふりや かよこ"]
出版日
私が小学一年生の頃に引越しをしている時に、祖母に本屋さんに連れて行ってもらいました。「おもちゃも全部ダンボールにしまっちゃって退屈でしょう? 好きな本を買ってあげる」

私は絵本を読み聞かせてもらって育ったおかげか、絵本を読むことが大好きでした。
幼稚園に入る前からひらがなとカタカナの読み書きが出来たので、絵本や紙芝居を友達に読み聞かせてあげることも非常に好きでした。そんな中、自分なりに「小説」というものに憧れを持っていました。縦にびっしり文字が書いてある本が欲しい。私は真っ先にこの本を手に取りました。

引越しの準備をしている中、私は邪魔にならないよう、この本を何度も何度も読んでいました。今でもふと読み返したくなるとがありますが、今読んでも夢中になりますし、心が温まります。
そんな私の「はじまりの物語」です。

こぶしファクトリーのリーダーとして

著者
佐々木 圭一
出版日
2017-01-27
私がこの本に出会ったのはつい数週間前のことです。一目見て、読みたいと思いました。

普段、こぶしファクトリーのリーダーを務めさせていただいてる中で私はよく、言葉の言い回しや伝え方について考えます。ただ、私は物語を読むことが好きなので、どうしてもそう言った本には手が伸びずにいました。そんな時に出会ったのがこの本です。

マンガなら最後まで読める。そう思い手に取ってみました。メンバーとの業務的な連絡やお願いにはもちろん、先輩やスタッフさん、さらには家族や友達にまでも活用できるような内容で、わかりやすく、なおかつ、読んでいてものすごく楽しかったのです。

これは是非とも次のホンシェルジュで紹介したい!と思いました。今なら書店で平積みされている店舗もあると思いますので、ぜひ本屋に立ち寄った際にはチェックしてみてください。

ストレス発散!連敗中には繰り返し読む

著者
東京読売巨人軍
出版日
2012-11-08
これは完全に個人的な好みであるのですが、読書以外にも、野球観戦という趣味があります。その中でも読売ジャイアンツを、亡き祖父の影響でずっと応援しています。読書がリラックス出来るものだとすると、野球観戦はストレス発散といったところでしょうか。

特に私は2012年の原巨人が大好きで、ジャイアンツが連敗中とでもなると、この本を繰り返し繰り返し読みます。私のテンション保つために必要不可欠な存在です(笑)。

最近は、優勝や日本一から遠ざかってしまっている読売ジャイアンツ。今シーズンは、球団の連敗記録を更新してしまったり……とても先行きが不安ですが、この本を読んで気分を上げて辛いシーズンを乗り切ります。応援も怠らずに、毎日を過ごしたいと思います。

この記事が含まれる特集

  • 本とアイドル

    アイドルが、本好きのコンシェルジュとして、おすすめの本を紹介します。小説に漫画、詩集に写真集に絵本。幅広い本と出会えます。インタビューも。