犬山紙子の超実用的な生きる知恵を学べるおすすめ本5冊

更新:2016.8.1 作成:2016.8.1

私たちは他人と接して生きていくもの、その関係を望んだ形にすることを最も求めているのではないでしょうか?今回はそんなかゆいところに手が届いて、しかも実用的な犬山紙子の本を5冊ご紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

美人エッセイスト犬山紙子

犬山紙子は1981年大阪府出身のエッセイストです。中学生の時に移住した仙台の出版会社に編集者として勤務し、家庭の事情で退職しました。その後ニートとして過ごし、その間のブログをまとめた『負け美女』がヒット、その後も2013年『街コンのホントのところ』や2014年『女は笑顔で殴りあう マウンティング女子の実態』などで流行や日常のあるあるについて鋭い指摘をした作品を多く書いています。

小さすぎる違和感だったり、微妙に汚い気持ちだったりで言うのをためらう気持ちをスッキリと表に出してくれるその作品には多くの女性ファンがついています。

美人なだけなんてずるいじゃん!

美人をみた女性の皆さん、何が心に浮かびますか?例えば圧倒的な美女にはその造形の美しさに目を奪われて見惚れるだけかもしれません。しかしそんな奇跡にはなかなかお目にかかれず、複雑な気持ちになる場合が多いのではないでしょうか?綺麗だけど歩き方が汚い、細すぎて色気がない……、どうにかプラマイゼロにしたくなりますよね。そんな複雑な感情には、無理に蓋をしないで笑った方がラクじゃないですか?
 

著者
犬山 紙子
出版日
2013-09-24


この本はセクシー系、可愛い系、薄幸系、ギャル系、色んな美女の何だかうまくいっていない恋愛が盛りだくさん。ささいな話も、驚くような話も、残念な話はそれが美女であればあるほどついにんまりしてしまうもの。犬山紙子がその絶妙なツボをつきながらも、最後はハッピーに終わらせてくれます。身近なあの子に微妙な気持ちを抱いてるあなたもこれを読んで笑えば、明日から少し優しくなれるはず。

嫌われない女子になるためのガイドブック

女性のみなさーん!万人に愛されたいですかー?イエーイ!いや、私は好きな人だけに愛されればいいし……と言いきかせるように考えて、余計にその願望が強く垣間見えてしまった真面目で面倒くさいあなたにおすすめなのが本書。犬山紙子は「嫌われないぐらいに気を使ってあとは自由気ままに生きていくのをおすすめ」しようとこの本を書きました。
 

著者
犬山 紙子
出版日
2015-05-08


「男から嫌われる女子」「彼氏から嫌われる女子」「女から嫌われる女子」「職場で嫌われる女子」の4つのカテゴリを、さらに飲み会、SNS、自分の誕生日など50個のシチュエーションに分けて書いています。細かくリアルに書かれた本書はぜひそのときのシチュエーションに出くわした時に辞書のように使ってほしいもの。これ読んで笑って!NGだけ回避できればいいよ!と言ってくれる、彼女らしい面白くて役立つ本です。

んなこと知ってらぁ!

「そんな本読んでたら、男ウケ悪いよ?」

この言葉少しイラっとしませんでしたか?そんなの知ってるし、余計なお世話…でも一応私を思って言ってくれてるのかな?いけないいけない……などと消化不足な思いにさせられますよね。例えばこのような言葉を「クソバイス」といい、「相手のためを思って言っているように見えて、上から目線で説教したいだけな事が多い」ものを指します。

普段だったらあまり考えないようにして流す言葉ですが、不満はやはり少しずつ溜まっていくもの。そんな我慢はいけません!本書は誰しも言われたことのある様なもやっとするクソバイスを分かりやすく、かつ的確に反論・論破し、清々しい思いにさせてくれるもの。
 

著者
犬山 紙子
出版日
2015-10-14


この本があれば家に帰ってからあの時どうしてうまく言い返せなかったんだろう、くやしー!と思うことも減るはず。クソバイスへの正しい返答を学び、クソバイザーたちに奇襲を掛けてやりましょう!

ついやってない?

まーた女子が勝手なふうに男子の悪口言ってるよ、怖い怖い……と小学生男子のようにこの本を片付けようとしている男性はいませんか?おめでとうございます!自分には関係ないと思っているあなたこそこの危険がある方です!

この本はツッコみたくなるような男性の激痛な話をリアルなシチュエーションで指摘したもの。もちろん女性も楽しめるのですが、ぜひ男性におすすめしたい本なのです。
 

著者
犬山 紙子
出版日
2013-08-31


タイトルは『高学歴男子はなぜモテないのか』となっていますが、男性ならではのプライドや勘違いが原因の言動は、似た様なことをしてしまった男性も多いはず。女性は男性に合わせる癖がついていますが、時代は女を強くしています。双方が「モテ」、つまり「相手を楽しませる」技術が必要になってきている今、そのことにいちはやく気付いた人からモテるのです!

傷つかないように計算されたモテテクニックを読むよりずっとリアルが学べるこの本。犬山紙子を女性の村の作家だと思っている男性にぜひおすすめです。

犬山紙子流・女子マーケティングの基礎

女性向け啓発本には様々な「一歩すすんだアタシ」になれる本があり、その中でもモテるテクニックを書いた本はかなりの幅を利かせています。しかし、どんな男性にも通用するモテテクニックは今あるのでしょうか。

画一的だった昔ならいざ知らず、現代は嗜好も多様化しています。まずは自分を知らなければパートナー獲得は難しい。これはそんな王道のモテるタイプではないポジションで戦う女子に向けて書かれた抜け道を教えてくれる本です。
 

著者
["犬山 紙子", "峰 なゆか"]
出版日
2012-06-15


『アラサーちゃん』でおなじみの峰なゆかと犬山紙子が女子のタイプを服装、持ち物、傾向などで仔細に洗い出しています。自分がどのようなタイプなのか、一番モテるタイプはどこのカーストに属す女子なのか、王道モテをめざしていたけどそもそも自分はふさわしいスペックを持っているのかなどリアルに書かれたモテ本。自分マーケティングの基礎入門書としておすすめです。

いかがでしたか?犬山紙子の本は笑えるだけでなく、現代を生きる私たちに超実用的に書かれたものばかりです。『負け美女』でデビューし、趣味の合う音楽プロヂューサーと結婚し「勝ち美女」になった彼女の観察眼は超優秀。是非これらの本を読んで、自分の幸せ、勝ちをつかみ取りにいきましょう!