夫婦は他人 ―― 心の臓を鷲掴みにされるような4冊

夫婦は他人 ―― 心の臓を鷲掴みにされるような4冊

更新:2016.11.26 作成:2016.11.26

こんにちは。モノブライトのギター、松下です。師匠達も走るほど忙しいと言われる師走ですね。少し早いですが年末年始は皆様実家などに帰られるのでしょうか? 今回は「家族の形」がテーマの4冊です。

松下省伍プロフィール画像
バンド「モノブライト」Gt
松下省伍
2006年、桃野陽介(Vo / Gt)を中心に、松下省伍(Gt)、出口博之(Ba)の北海道・札幌の専門学校時代の同級生でバンド結成。2007年、「未完成ライオット」でメジャーデビュー。2009年、2ndアルバム『monobright two』をリリースし、10月には大阪・なんばHatch、東京・日比谷野外音楽堂でのワンマンライブ『BRIGHTEST HOPE』を開催。ギターロックの表現の幅を広げるべく、様々なサウンドメイキングに意欲的に挑戦。その集大成として3rd アルバム『ADVENTURE』を2010年10月にリリース。2012年にはデビュー5周年を迎えてのワンマンツアー『LIVE-RALLY』を全国7カ所にて実施。2013年にはキャリア初となるベストアルバム『Remain in MONOBRIGHT』もリリース。。翌年、2014年3月にはZepp Tokyoでのワンマンライブも開催された。2015年6月にデビュー当時からのメンバーでもあったドラムの瀧谷翼が脱退。夏に、メンバーのソロ活動を経て、同年10月に新体制で新境地を目指す。2016年4月20日には、2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Bright Ground Music』をリリースした。また、現在4:52からフジテレビにてオンエア中の新作アニメーション『ぼのぼの』の主題歌に、モノブライトの書き下ろし楽曲「bonobonoする」が使用されている。6月には地元・北海道を含むワンマンツアー『Bright Ground Music ~B.G.M~ Tour』を開催した。10月にはデビュー10周年を記念した初のセルフカバー・アルバム『VerSus』がリリースされた。2017年11月より全国ツアー モノブライトTOUR2017「monobright × MONOBRIGHT × モノブライト 2007-2017」を開催。ツアー終了後、無期限の活動休止に入る。 http://www.monobright.jp/
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
僕の家族は父・母・兄で登場人物は以上(少し後に新メンバーで加入した猫一匹)。物心ついた時から親戚が遠方にいた為に世間的に親族が集まるべき行事が皆無だったからか僕には家族以外に親族間という感覚がありません。その反動のせいか漠然とそういったものに憧れがありますが、もはやそこに血の繋がりがあるかないかも意味はないです。ひどく動物的かもしれませんが血が繋がっているから家を出るのだし、他人だから一緒に長く過ごすパートナーに成るのだと思う。考えれば両親2人はもともと他人である。定期的に来る大小さまざまな家庭内外のイベントで毎日をでこぼこ生活しながら、引き続き今日も2人はあーだこーだ言い合っていると思う。お恥ずかしい話ですが僕はまだひとり身なので、両親の何かを超越した他人同士の人間愛というところの本当の姿には気づいてないでしょう。その日が来たらきっと僕は号泣すると予想している。

ということで、今回は家族の形をテーマに4冊ご紹介させていただきます。

暇に暇しない夫婦の愉快な生活

著者
町田 康
出版日
2001-04-25
僕もまた町田康さんの話し手のような独特の文体にハマった一人です。ただ風景を描写するのにも想像力を掻き立てられるリズムのいい文章が心地よくて最高。タイトルにあるように夫婦の関係が夫目線でコミカルに描かれているのですが、自分が著者と同じミュージシャンというところもあってすごく憧れる生活です。ただなんでもないことを言い合って互いにズレて怒っては笑い、他人に自分を見ながら飽きることなく毎日が続いていく。なぜ一緒に居るかという考え(平和ボケですよねそーゆー感覚)は頭の片隅にもないような暇に暇しない2人の愉快な生活。

リアルな結婚生活

著者
山本 文緒
出版日
2013-06-21
以前にもオススメした山本文緒さんの小説で2組の夫婦を題材に結婚生活の男女のズレをじわりじわりを描いていくような物語です。1冊目とは対照的な切り口で、ズレの根本とはなんなのだろう、結婚の意味とはなんだろうと思うような作品です。お互いの結婚への幻想なのか固定概念・先入観なのか、ひたすら人間の(おそらく解決しない)心の内側の謎そのものがジメジメと描かれているような気がします。でもそれは考えればものすごくこの本が現実的であるということかもしれませんね。ハッピーエンドやカタルシスもなくこの作品、要はかなりそのまま人間をえぐってきます。

猫との生活

著者
町田 康
出版日
2010-04-15
もう一冊、町田康さんの本をご紹介。こちらは猫との生活を綴っております。所々にその猫たちの写真も載ってます(我が家の猫に激似の猫がいる!)。明らかに猫と会話しているやりとりに癒されながら腹を抱えて笑うのはもちろんのこと、きっとあなたはこの本の思いがけない起承転結に泣きます。断言します。必ず泣く。猫と生活した人ならわかると思いますが、彼・彼女らは人間から見てドライとウェットのラインを好き勝手に行ったり来たりしながらあくまで自分たちの生活をしている。それがたまたまとある家の中なのだけど猫も犬も家族だと思います。人間だって喋らなくてもわかることがあるのだから、相手が猫だとしてもそれは変わりはない。

ストイックな父娘の秘密

著者
東野 圭吾
出版日
2013-02-13
東野圭吾さんの新刊が出ましたね。ゲレンデもの(?)は以前にも数本書かれています。こちらは2010年刊行、合わせても楽しめます。主人公である父親は元プロスキーヤーで、そのレッスンを受けた娘もまたプロスキーヤーでこれからの日本の未来・秀才と評される。しかしどこの家族にも秘密がある、父親はいつか話さなくてはならない十字架を背負って育ててきたのです。と、ここまででネタが分かったぜという方もいるかもしれませんが、この物語、それだけでは終わらないのです。このへんが流石と言ったところですね。愛を選択する父親の苦悩、そしてその決断とは!