鎌ぞうにされたキラーは記憶喪失⁉︎「スマイル」と「NHC10」を考察!【ワンピース】

鎌ぞうにされたキラーは記憶喪失⁉︎「スマイル」と「NHC10」を考察!【ワンピース】

更新:2020.7.26 作成:2020.7.26

みなさんこんにちは!研究室長のユイです。 本日は、キラーが笑顔以外の感情を失った原因が「スマイル」だけではないという考察になります。それでは、ぜひ最後までご覧くださいね!

ユイの研究室(ワンピース)プロフィール画像
ワンピース考察系 YouTuber
ユイの研究室(ワンピース)
みなさんこんにちは!「ワンピース」の考察をしています「ユイの研究室」研究室長のユイです! 漫画に登場する伏線やモチーフなどを調べて色んな角度から物語の本質を探るのを楽しんでいます! 『鬼滅の刃』を記事で考察しているアカウントもあります。 https://honcierge.jp/users/10057 また、youtubeやTwitterもやっています。 動画で考察を見てみたいという方はぜひ遊びにきてください! Youtube https://www.youtube.com/channel/UCTRG3h_hzmreCsZukBKJD3A Twitter https://twitter.com/yui_laboratry
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

人斬り鎌ぞうの正体は、まさかのキラー!

「ワンピース」第944話(第94巻収録)にて明かされた衝撃の情報でしたが、ワノ国を騒がす「人斬り鎌ぞう」の正体は、まさかの人物でしたね!

鎌ぞうの正体はなんと、スマイルの影響でおかしくなってしまったキッド海賊団の副船長・キラーでした。

キッドは心を折ってから戦力とするために囚人採掘場に捕まり、キラーはなぜか鎌ぞうとしてオロチに仕えていました。

キッドが戦力になるのは当然ですが、キラーも初登場時の時点の懸賞金が1億6200万ベリーもあったため、実力的には申し分なさそうです。

この2人が捕まった時の様子は詳細には描かれていませんが、おそらくはアプー・ホーキンス・キッドの同盟を組んだ際にカイドウと出くわしてしまった時に捕まったと考えられます。

その後の流れを整理すると、アプー、ホーキンスは百獣海賊団の傘下に加わり、キッドは囚人採掘場に送られ、キラーは鎌ぞうとしてオロチに仕えていました。

この2人の扱いの差に、何かしらのヒントがありそうですね!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2019-10-04

キラーには記憶障害の症状が出ている?

囚人採掘場に送られてきたキラーは、キッドの問いかけに対して振り返ることもせずに無視していましたね。

これは不甲斐なくてキッドに顔向けできなかったという可能性もありますが、鎌ぞうの初登場シーンを考えてみると違うように思います。

鎌ぞうが初登場したのは、「ワンピース」93巻にてゾロと日和が出会った時でしたね!

あの時の鎌ぞう(キラー)は、ゾロのことを麦わらの一味だとは認識していませんでした。

このことと、キッドの問いかけに答えないことを考えると、やはりキラーは記憶障害のような症状が出ているのではないでしょうか。

キラーが笑っている様子を見たヒョウジイはスマイルの影響だと断定していましたが、スマイルを作り出す研究をしていたシーザーが「NHC10」という覚醒剤を実験に使用していたことも気にかかります。

もしもキラーに対して、スマイルだけでなく覚醒剤も併用されていたとしたら、精神崩壊していてもおかしくありませんよね。

著者
尾田 栄一郎
出版日
2019-07-04

シーザーがつくり出した「NHC10」を考察!

NHC10という覚醒剤は、おそらくメタンフェタミンという有機化合物がモデルになっているのではないかと考えられます。

というのも、メタンフェタミンの化学式はC10H15Nと表記し、水素の数を無視するとNHC10と同一になります。そしてメタンフェタミンは、日本では医療目的でした使用が認められていない「ヒロポン」という商品名で販売されています。

医療以外で使用したとしたら、覚醒剤としての使用ということになりますので、これがモデルとなっているのはほぼ確定的ですよね。

そしてその副作用としては頭痛・蕁麻疹・記憶障害などが挙げられます。

鎌ぞうといえば謎の包帯姿ですから、皮膚にダメージがあったことが伺えますし、記憶障害を引き起こしているとしたら症状が当てはまるように思います。

強制的に薬物中毒にさせていたとしたら、単純にスマイルの残りカスを食べさせたことよりも残虐ですね……

キラーは「スマイル」と「覚醒剤」を投与されていた……⁉︎

今のところキッド海賊団の船員であるワイヤーとヒートの所在は分かっていませんが、キラーとキッドが捕まっているため、彼らも捕虜となっている可能性は高そうです。

キラーは、他の船員が捕虜となっているため、抗うこともできずに薬物依存にさせられたのではないでしょうか。

キッドとキラーの扱いに差があるのも、キラーのように薬物依存にして半強制的に部下にしたとしても記憶障害によって戦闘スタイルが変わり、弱体化する可能性が高いからではないかと思います。

キッドとキラーで比較すると即戦力になるのはやはりキッドの方でしょうし、キラーは記憶を失って多少弱体化しても構わないという判断でスマイルと覚醒剤を投与されたのではないでしょうか。

そして同じくスマイルの食べカスを与えられていたえびす町の住民を見てみると、歯が欠けている人物が多く見られます。

歯が欠損する、というのもメタンフェタミンの副作用による「唾液の分泌障害」の影響ではないでしょうか。

であれば、キラーに投与されたのはスマイルと覚醒剤ではなく、そもそもスマイルに覚醒剤の成分が含まれていたのではないかと思われます。

スマイルの量が多ければ多いほど症状は進行すると考えられるため、キラーは大量のスマイルを一気に食べさせられたことで急性的な中毒になってしまったのではないでしょうか。

ということでまとめますが、スマイルの研究をしていたシーザーがNHC10の実験をしていたことからも、SAD・スマイル・覚醒剤には繋がりがあるものと考えられます。

そしてその覚醒剤の影響として、キラーに見られる記憶障害や、えびす町の人々に見られる歯の欠損といった症状が出ているのではないかと思います。

この予想が合っているとすると、百獣海賊団のやり方は今までの海賊団とも異質で、とても残酷な方法だといえます。一刻も早く百獣海賊団を倒してほしいですね!

著者
尾田 栄一郎
出版日

「ワンピース」の他の考察も見てみたい方は、YouTubeの「ユイの研究室」でもご覧になれます!

今回の考察でより「ワンピース」の奥深い世界の魅力が伝われば幸いです。

YouTubeチャンネル「ユイの研究室」では、様々な考察動画をアップしていますので、もっと色んな考察を見てみたいという方はぜひYouTubeチャンネルの方にも遊びにきてくださいね!

ユイの研究室

チャンネル登録や高評価などをしていただけると活動の励みになります!ぜひよろしくお願いします。


「ホンシェルジュ」で記事にした考察は、こちらでまとめて読むことができますよ!

漫画「ワンピース」未回収の伏線まとめ!謎を徹底考察【ネタバレ注意】

この記事が含まれる特集

  • ワンピース

    「ワンピース」の考察や「ワンピース」好きにおすすめの漫画を「ワンピース」好きのホンシェルジュがお届けする特集です。

  • ユイの研究室

    考察系VTuberユイの講義室です!「ワンピース」や『鬼滅の刃』の考察をしています。応援よろしくお願いします!!