社会人から学生まで!英単語のおすすめ本20選【2020年最新】

更新:2020.12.26 作成:2020.11.24

英単語の本を買おうと本屋に行くと、たくさんの英単語の本が出版されており、どういった本を選べばいいのか分からない人も多いと思います。 この記事では、英単語の本の選び方やおすすめの勉強法、受験用やビジネス用におすすめの英単語の本を紹介します。ぜひ、英単語の本選びに参考にしてみてください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

英単語本の選び方

目的に合わせて選ぶ

受験対策で使う

受験生ならば受験対策用の英単語本、ビジネスの場面で使う語彙を増やしたい人は英会話用の英単語本と、目的に合った本を選びましょう。

大学受験は、1次試験の大学入学共通テスト(元センター試験)と2次試験の2種類があります。1次試験を受験する人は共通テスト対策の本がおすすめです。

2次試験で難関大学の受験を考えられている人は、1次試験用の英単語本よりも大学のレベルにあった難関大学向けの英単語本を選びましょう。

ビジネスで使う

ビジネスなど英会話用の英単語本は、口語表現が収録されている本を選ぶことをおすすめします。

ネイティブの人が日常的に使っているような口語表現がすんなりと理解することができれば、よりコミュニケーションも活性化すること間違いなしです。

TOEICなど試験で使う

TOEICや英検などの対策の英単語本は、それぞれの試験で出題される内容が異なっており、テストで使用される英単語の特徴なども違ってくるので、それぞれのテストに特化した本をおすすめします。

TOEICはビジネス系の英単語が多く、英検はビジネスだけでなく日常会話も重要になります。

単語帳のタイプで選ぶ

英単語本を選ぶ際は、英単語本のタイプに注意してください。

英単語本のタイプとして、英単語とその意味がただ記載されているタイプや、英単語と意味に加えて、例文が記載されているタイプ、英単語の語源まで解説しているタイプがあります。

英単語とその意味がただ記載されているタイプは、ひたすら英単語のストックを増やしたい人におすすめです。受験の直前などの時間がないときには、時間をかけずに語彙力を増やすことができます。

例文が記載されているタイプは、単語がどのように使用されるかを理解することができるので、単語を覚えながら、長文読解の実力を付けられることが特徴です。しかし、短時間でたくさんの英単語を覚えたい人には、1ページ当たりの単語数が少ないことが多いのであまりおすすめできません。

英単語の語源にまで説明しているタイプは、同じ語源の英単語がまとめて覚えられるのが特徴です。

このようなタイプの英単語の本で語源を覚えておけば、分からない英単語が出てきたときに、おおよその意味を推測することができます。ある程度英単語の知識がある人におすすめです。

デザインや読みやすさで選ぶ

英単語本のなかには、デザインを工夫して読みやすくしている本もあります。英語に苦手意識がある人は、できるだけ読みやすい英単語本がおすすめです。

書店などで手に取ってみて、思わずページをめくりたくなるような英単語本だと、本を手に取る機会も増え自然と読み進めたくなります。自ずと英単語の勉強に取り組むことができるでしょう。

そのほかにも、イラストや図などのデザインを多用することによって、英単語をイメージで暗記を促すような英単語本もあります。

英単語と日本語の意味がひたすら羅列されているようなものだと、なかなか暗記できないという人におすすめです。

イラストと一緒に覚える方法は、リスニングなどで英単語を見たときに、すぐにそのイメージが思い浮かぶようになれば、日本語に変換して意味を理解するよりも素早く反応できるようになります。

付属のCDやアプリがあるかのチェックも!

英単語の本を購入する場合は、CDが付属されているか、アプリがダウンロードできるか、音声がダウンロードできるかを確認して購入するようにしましょう。

英単語を覚えるときは一緒に発音まで覚えたほうが、リスニング対策などで使えるので便利でしょう。

もちろん、外国人と会話するときに、英単語の発音を覚えていなければ、正しく伝えることや聞き取ることが非常に難しくなり、コミュニケーションがきちんと取れなくなってしまうので、ぜひ英単語は発音も同時に勉強できるような本を選びましょう。

スマートフォンや音楽プレーヤーなどに入れておけば、通勤や通学途中でも聞きながら英単語を勉強できるので非常に便利です。

音声が英単語と日本語を交互に読み上げてくれるようなアプリやCDもあり、英単語の本を持ち歩かなくても、英単語の勉強ができます。

また、英単語の本と連動したアプリがある場合は、英単語がランダムで出題されるテスト形式で、英単語の暗記ができているかをチェックできるアプリもあります。

英単語を覚えたい人は本を購入する前にチェックしてみてください。

英単語の勉強方法

英単語の勉強方法

英単語の覚え方

英単語のおすすめの覚え方は、「Look-up and say」「Repeating」「Shadowing」です。

英語が話せるようになるには英語を日本語に変換せずに、英語を英語のまま理解して、自然に話せるようになる必要があります。

「Look-up and say(ルックアップ&セイ)」は、英単語やその例文を一度黙読した後に、英単語帳から目を離して発音する方法です。

「Repeating(リピーティング)」は、英単語帳を見ず例文などの音声のみ聞き取り、終わった後で例文などを声に出してリピートする方法です。

「Shadowing(シャドーイング)」は、単語集を見ずに音声を再生し、2~3語遅れて後を追うようにその単語を発音する方法です。

ただの暗記はNG!理解することが大切

英単語をただひたすら暗記しても英語が話せるようにはなりません。大切なのは、英単語の本当の意味をしっかりと理解しながら勉強することです。

単語の意味を理解せず、ただ暗記だけしている状態だと、すぐに英単語の意味が思い浮かばず、タイムラグが生じてしまい、うまく英語を使いこなせません。

また、英単語を日本語に訳したときに同じ日本語訳になることはありますが、そういった場合にも、英語では意味が異なる場合があります。

そのような少し違う意味を正しく使うことができれば、より英語が伝わりやすくなるうえ、ネイティブスピーカ一からも一目置かれるようになるでしょう。

TOEICや受験でも、英単語の少し違う意味が問われるような問題が出されることもあるので、その対策としても英単語の意味を完全に理解することは、受験のスコアアップの面でも非常に大切になります。

期日を決めて覚える

いつまでにその英単語の本の内容を覚えるかを決めましょう。期日を決めず英単語の本をマスターしようとしても、途中で投げ出してしまうことが多くなってしまいます。

英単語本の中には、明確に覚える日数や復習する日数が決められている本もあるので、スケジュール管理が苦手な人は、そういった英単語本で勉強するといいでしょう。

中学生におすすめの英単語本

授業対策から高校受験に活用できる本をメインに紹介します。

10代のうちからネイティブな英語を身につけておくことで、周りとも大きく差をつけることができます。英語への理解度が深まる参考書ばかりなので、ぜひ5冊ともチェックしてみてください。

英単語の木 中学レベル完結編

著者
["知求クラブ", "知求クラブ"]
出版日

英単語を1つずつ暗記していくのではなく、国や家族、服などをツリーとして、まとめて覚える英単語本です。

中学1年生レベルから、中学3年生レベルまで105個のツリーの合計1,365単語を3つのレベルでステップアップしながら勉強できます。

付属のCDには、さまざまなアクティビティが入っており、楽しみながら英単語にふれられます。

キクタン【中学英単語】高校入試レベル

著者
アルク
出版日

付属の音声を聞きながら、リズムに乗って英単語を覚える「キクタン」シリーズの中学生版の英単語本です。

合計896単語が掲載されており、音声通りに1日16単語を勉強していけば、8週間で内容をマスターできます。

中学の英語の教科書や高校受験を徹底的に分析して作られた、見出し語やフレーズ、例文が多く掲載されているので、定期テストや受験対策として利用できます。

中学英単語1850:音声&アプリをダウンロードできる!

著者
学研教育出版
出版日

高校受験で出る順番に英単語を1,850語が学習できる英単語本です。

全国の公立・私立の入試の最新データから、本当に出る単語をランク分けして並べられているので、効率的に実力をつけながら勉強することができます。

専用のアプリと音声ダウンロードがついているので、リスニング対策もばっちりです。英単語の詳しい解説が多く掲載されているので、英単語を理解しながら覚えられるでしょう。

ネイティブが会話で1番よく使う英単語 中学英単語100

著者
山崎 祐一
出版日

中学英語レベルの英単語100語が掲載されており、その英単語でネイティブに英会話を話せるようになることをコンセプトとした本です。

100語の英単語の中心的な意味を正しく理解することによって、少ない英単語でも多彩な表現ができるようになります。日常会話でそのまま使える460のショートフレーズも掲載されているので、英会話のバリエーションも増やせるでしょう。

速読英単語 中学版

著者
風早 寛
出版日

大学受験対策としても有名な「速読英単語」の高校入試版です。

心に残る英文のショートストーリーを覚えることで、楽しみながら多くの英単語を学習できます。

中学の教科書や高校入試を徹底的に分析した、約2,300語が掲載されており入試対策にも最適。英文や英単語、例文の音声はダウンロードができるのでリスニング対策としても利用できます。

大学受験用におすすめの英単語本

大学受験ともなると、英単語の理解だけでなく文章としての読解力もより求められます。

ここでは、文法を理解する力を養えるものから過去の入試問題を分析し対策したものまで、「これさえ押さえておけば問題ない!」という参考書をピックアップしました。これからの参考書は大学受験で大いに役立ってくれるはずです。

速読英単語 必修編

著者
風早 寛
出版日

速読力と英単語力を同時に鍛えられる、大学受験対策の定番の英単語本です。

英文のストーリーとともに英単語を学習するので、単語と文脈上の意味を覚えることができます。

大学受験に出題される英単語を約660万語を徹底的に分析して、最も出題される英単語を約1,900語、派生や関連語を含めると3,100語を掲載されており、これらの英単語は、大学入試に必要な英単語の95%をカバーしています。

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

著者
["アルク英語出版編集部", "阿川 イチロヲ", "小石 裕子"]
出版日
2006-05-31

大学受験だけでなく、英会話やTOEICの対策としても必須となる基本的な英単語3,000語を掲載している英単語本です。

アルク社が長年に渡り集めた膨大な英語のデータから、日本人の英語学習にとっての有用性と、ネイティブスピーカーの使用頻度から選んだ基本的な英単語の3,000語が掲載されています。

英単語を勉強するだけでなく、その英単語がどのように使われるかの基本的な英文法も解説されています。

英単語Stock4500

著者
関 正生
出版日

過去の入試データだけでなく、英検などの資格試験や入試に使われた出典のメディアの分析により、本当に出る英単語を勉強できます。

また、入試で英単語がどのように出題されるかを、文法や読解と合わせて解説しています。英単語を効率よく覚えられるように、英単語を思い出すうえでの「てがかり」が掲載されており、イメージとセットで覚えられるでしょう。

でる順 英単語スピードマスター 必修2000

著者
["VIP Academy 編著", "VIP Academy"]
出版日

20年間に渡り、センター試験や国公立私立大学入試問題を分析して、最新の傾向から入試に出る英単語を2,000語収録している英単語本です。

英単語を短時間で国立的に覚えられるような配列や、短い例文が掲載されており、学習をサポートしてくれます。

3色刷りで非常に見やすく、勉強に集中しやすいレイアウトからストレスなく学習に取り組めるでしょう。無料でダウンロードできる音声も使用できるので、リスニング対策としても活用できます。

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁

著者
鉄緑会英語科
出版日

毎年400人以上を東大に排出している、名門塾「鉄緑会」の英語学習のメソッドが盛り込まれている英単語本になります。難関大学の受験を考えている学生に特におすすめです。

イラストも豊富なうえ、英単語の語源の解説も詳しいので、英単語の核となる意味もしっかりと覚えられます。最新の大学入試を分析して、傾向にあった例文が掲載されており、受験対策に役に立ちます。

ビジネス用におすすめの英単語本

急遽、海外出張することになったなどの理由から、ビジネスで使える英語を勉強される人も多いでしょう。

ここでは、英語から離れて時間が経っている人でも、英語が身につく本をメインに紹介します。日常会話で使えるフレーズから電話対応などのビジネスシーンで活用できるフレーズまで、1冊持っておいて損はない本を集めました。

ビジネスで1番よく使う英単語 最重要1000語

著者
寿, 成重
出版日

ビジネスの現場でよく使う英単語が1,000語収録されています。これからビジネス英語の勉強を始める人に最適な英単語本です。

オフィスや電話対応、会議などマーケティングなど全22の場面でまとめられており、シーン別で効率的に必要な英単語が学べます。

オフィシャルな表現から少し砕けた表現、しゃれた言い回しも掲載されており、楽しく英語を学ぶことができます。

速読速聴・英単語 Core1900 ver.5

著者
["松本茂", "Robert Gaynor", "Gail Oura", "松本茂"]
出版日

1冊で速読と速聴、単語、熟語を身につけられる英単語本です。

2つのパートで構成されており、1パート目は環境や教育、政治、科学などの8つの分野から最新の時事傾向を踏まえた英文を掲載。

2パート目は158本のショートパッセージが掲載されており、英語の背景知識などを学びながら、単語力や速読力、リスニング力を伸ばせます。

同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳 エッセンシャル

著者
関谷 英里子
出版日

ネイティブスピーカーに一目置かれるような、ビジネスに使える英単語を勉強できる英単語本になります。

元アメリカ副大統領やマークザッカーバーグ氏、ダライ・ラマ14世などの通訳を担当していた著者が、本場のネイティブスピーカーが使う英語の使い方が書かれています。

ネイティブと対等に会話するレベルまで英語力を上げたいと考えている方におすすめです。英語学習に最適なアプリや学習方法についても説明しているので、独学の効率的な勉強についても学習できます。

速読速聴・英単語 Business 1200

著者
["松本 茂", "Robert L. Gaynor", "Gail K. Oura", "松本 茂"]
出版日

速読と速聴、単語、熟語、ビジネス知識を同時に鍛えられる英単語本です。

経済や経営戦略、財務やマーケティングなどの面白く、読みごたえがあるビジネス英語が掲載されており、楽しみながら学習できます。

ビジネス分野特有の単語や用語には詳しい解説がされているので、ビジネス英語を勉強し始める人にも最適です。TOEICやTOEFL対策としても利用できます。

毎日の英単語 日常頻出語の90%をマスターする

著者
James M. Vardaman
出版日

日常会話で使用する頻出の英単語をまとめた英単語本です。

日常会話の約90%をカバーするレベルの英単語が掲載されているので、実際に使える英単語を勉強することができます。

著者は早稲田大学教授と、Z会で講師をされていた人なので、日本人に分かりやすいネイティブの会話を学べます。

「知」への英単語

著者
["星 飛雄馬", "トフルゼミナール"]
出版日

知的な英語の会話をするために必要な英単語が、約1,000語掲載されている英単語本です。

政治や経済、法律、社会、国際関係、宗教、歴史、科学技術などの分野の27のトピックについて、教授と花子、太郎の3人のゼミのような形式で書かれています。

日本語から英語への変換をトレーニングできる構成なので、英語を話せるようになりたい人におすすめです。ひとつのトピックにつき、参考書籍が2冊紹介されているので、その分野の知識を増やしたい人にもおすすめです。

TOEIC・TOEFL・英検におすすめの英単語本

就職や転職を有利に進めるためにTOEICなどの資格を取る人も多いでしょう。

最後に、TOEIC・TOEFL・英検の対策に役立つ英単語本を紹介します。

この画像を表示 TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

著者
寿, 成重
出版日

TOEICで頻出の英単語が約3,000語収録されている英単語本になります。

頻出の英単語を徹底的に分析されているので、TOEIC初心者の方から高得点を狙っている人にまでおすすめです。

動詞と形容詞、副詞、名詞、イディオムをバランスよく掲載されているうえ、ビジネスと生活などの分野をまとめて勉強できます。

掲載されている英単語の例文は、TOEICスタイルで書かれているので、TOEICの問題形式に慣れることもできます。

TOEIC(R)TEST 速読速聴・英単語 STANDARD 1800 ver.2

著者
["松本 茂", "Kevin Glenz", "Patrick Horckmans", "Gail Oura", "Robert Gaynor", "松本 茂"]
出版日

TOEICでよく出題されるような会話や文書形式をもとに、英単語を効率的に勉強できる英単語本です。

写真の描写やアナウンス、ビジネス文書、会話などTOEICで頻出の文章を通じて、英単語を暗記していく構成なので、速読力やリスニング力、TOEICテスト対策も同時にできます。

TOEICテスト対策に役立つコラムや、TOEICのL&RとS&Wのミニテストも掲載されています。

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

著者
関 正生
出版日

TOEIC対策の講師・関正生さんの「世界一わかりやすいTOEIC」シリーズの英単語版です。

英単語の語源などが詳しく解説されており、丸暗記に頼らない英単語の覚え方を勉強できるため、英単語を忘れにくくなります。掲載されている単語数が約800語程度とちょうどいいので、非常に無駄なく効率的に学習できるでしょう。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

著者
TEX加藤
出版日
2017-01-06

TOEICで頻出の英単語を無駄なく効率的に勉強できることから、TOEIC対策のなかでも有名な英単語本です。

著者は何回もTOEICを受験しており、そのなかでも頻出の英単語を徹底的に分析して、掲載しているので口コミなどでも「本当によく出る」と評判です。

TOEICの目標点数別にステップを踏んでおり、最高で990点レベルまで掲載されているので、TOEIC初心者の方から上級者の方まで幅広く活用できます。

TOEFL TEST必修英単語2500

著者
["タビナー,フィリップ", "AmEnglish.com,Inc.", "Tabbiner,Philip"]
出版日

日本語学習者のために、アメリカで作成されたTOEFL対策の単語本です。

TOEICやTOEFLの作成会社のETS社の元上級役員が監修しているので、本当に出題される内容を勉強できます。

TOEFLで高得点を取ることだけでなく、アメリカの大学の授業にも必須な英単語を勉強できるように2,500語が掲載されています。英単語の核となる語義が詳しく解説されており、英語の理解をより深められるでしょう。

TOEFLテストiBT & ITP英単語

著者
義人, 高木
出版日

TOEFL対策用に語源や同義語、さまざまな分野別に5,000語が掲載されている英単語本です。

5,000語全てに例文がついており、英単語がどのような場面で使用されるかを理解しながら英単語を覚えられます。会話表現が得意になるイディオムやスピーキング、ライティングに役立つ表現が書かれており、英語力を強化したい方におすすめです。

文章だけでは分かりにくい英単語にはイラスト付きで説明が書かれているので、スムーズに理解することができます。

英検3級 英単語 1350 英検ランク順

著者
学研プラス
出版日

英検3級に出題される英単語順に1,350語収録した英単語本です。

過去20回分の英検3級の試験を徹底的に分析して、出題順や必修順にランク分けして掲載しており、効率的に合格までの実力を伸ばせます。

掲載されている英単語をきちんと覚えているかをテストできる、専用アプリも利用できるので隙間時間も無駄なく勉強することができます。

英検2級 でる順パス単

著者
旺文社
出版日

英検2級で頻出の英単語を出る順で勉強できる、ロングセラーの英検2級対策の英単語本です。

過去5年の英検2級を徹底的に分析して、すべての英単語に英検で頻出される例文が掲載されているので、英検2級のレベルに慣れつつ、英検2級用の英単語を効率的に学べます。

無料アプリ「英語の友」が使用でき、発音や覚えているかのテストなどを通じて、覚えた英単語を定着させることができます。

英検準1級英単語2000 ODD ONE OUT

著者
璃乃, 青柳
出版日

英検1級レベルの難しい英単語をクイズ形式で覚えることができる英単語本です。

クイズは4つの英単語の中から仲間外れの英単語を探す形式なので、受け身になることなく、楽しく英単語を学習できるでしょう。

クイズによって、同義語や反対の意味の英単語、スペルが似ている英単語、発音が似ている英単語を区別して覚えることができ、効率的にまとめて重要な英単語を覚えられます。

ネイティブスピーカによる音声も使うことができ、リスニング力も同時に鍛えられるでしょう。

それぞれの英単語本ごとに、英単語を効率的に覚える工夫や、試験などで確実にスコアアップが望めるように英単語の配置を工夫があることがお分かりいただけたと思います。

ついつい暗記が中心になってしまいがちな英単語ですが、できるだけ意味のあるように効率的に勉強して、英語の実力を伸ばしていきましょう。