どうして浮気をするのか?男心を知れる5冊

更新:2021.10.30

浮気をする理由から不倫の先にある離婚まで……辛い思いをされている方も、傷つくことを未然に防ぎたい方も必読の、男心の理解に役立つおすすめ作品を5冊ご紹介します。

ブックカルテ リンク

科学的に、思考しよう

君だけをみているよ——そんな甘い言葉とは裏腹に、他の女性への興味が絶えない男性……恋人であれば、切ないですよね。でもそんな人の感情には、からくりがあるそうですよ!『浮気をしたい脳--ヒトが「それ」をがまんできない訳』は、人が浮気する理由を脳科学や遺伝子といった観点から説明するサイエンス・エッセイです。なぜ浮気してしまうの?という疑問に、ユーモアを交えた文章が答えてくれます。

著者
山元 大輔
出版日
2007-07-21


第1章では、男女が惹かれ合う理由が描き出されます。感覚的な相性は前世には決まっていたかもしれないというロマンチックな内容から、その直感や匂いは祖先より引き継がれたものであること、男性フェロモンで女性が興奮する理由まで幅広く解説されます。続く第2章から最終章まで、浮気をする理由、モテる脳の定義、性格の決まり方、遺伝子の差でわかれる容姿……など気になる内容が盛りだくさん。

キスする際の顔の向き方、キスの味の秘密、女性が纏う魅惑のフェロモンの真相といった男女の面白いからくりを知り、ちょっと知的な会話を楽しむのもいいかもしれません。

心を知って、幸せになろう

浮気をやめさせるための31の方法を解説する『彼に浮気をやめてほしい貴女へ』。どうすれば浮気を阻止できるかということが研究し尽くされた内容に、大満足すること間違いなしの1冊です。

男性の浮気は治るものだと綴る希望が持てるプロローグから始まり、浮気をする過程の理由、浮気対策やアプローチなどが紹介されていきます。語りかけるように綴られているので、すんなりと内容が入ってくることでしょう。

著者
織田 隼人
出版日
2011-11-17


浮気の種類は肉体関係や心など、いくつかのパターンにわかれているそうです。どのパターンの浮気なのかを見極め、どう阻止していけばいいのか。常に有効な阻止方法にはならないかもしれませんが、いざというときに役立ちそうな内容ですね。

愛や信頼が深ければ深いほど、浮気されたときのショックや胸の痛みは大きいはず。本書は、傷ついた心の処方箋として有効な1冊となることでしょう。心の整理をしながら、これからのことを考えていく際に大いに参考になるであろう本書。相手の浮気を分析しつつ、自らを冷静に見つめられるかもしれません。幸せを、取り戻しましょう。

最新の「離婚」学が、学べる

浮気の結果、離婚を選択する夫婦は珍しくない時代。一度でも離婚を考えられた方には、ぜひ読んで欲しい『なぜ男は妻よりも美しくない女性と浮気をするのか?』。

著者は、毎年300件もの離婚相談を受ける女性弁護士です。なんとも頼もしいですね。本書では社会学、経済学、心理学、政治学という観点から、様々な離婚の姿が紹介されています。

著者
中里 妃沙子
出版日
2012-10-09


序章では、離婚に必要なポイントが3点——①夫婦間での離婚の同意、②未成年の子どもについての問題、③夫婦間のお金問題——紹介されます。個人的に印象的だった内容は、離婚は経済学と語る第2章。特に、不倫した夫に対して財産分与額を提示する対策をとり、夫の態度が180度変わったケースには思わず「なるほど」となりました。

それぞれのトピックは適当な長さでまとめられていますので、ぜひ気軽に手に取ってみてください。離婚の知識を学び、現実的に考えるきっかけを与えてくれることでしょう。本書で一歩踏み出す勇気をもらった後には、辛い思いをされているあなたにもきっと新たな道が開けてくるはずですよ。

傷つかないためにも、知っておきたい

『男というもの』では男性の立場から、男とはどんなものかを描きます。男性の本心などを知る際に、参考になるであろう1冊。本書では、幼少期の心情、成長していく自分の体への不安や葛藤、そして風俗という誘惑に駆られる理由、浮気と本気などが、作者本人の実体験を交えて綴られます。

著者
渡辺 淳一
出版日


本書では、男性は理性で、女性は心で、という男女の愛の抱き方の違いが、男女関係を気付いていく過程でどのように影響していくか、といったことを考えていけます。愛の抱き方の差を理解することで、深い絆を生み出せるかもしれません。本書で知識を得て、未然に傷を負うことを防いだり、余裕を持って男性と関わっていきませんか?

不倫なんて、と思っていたのに

著者
東野 圭吾
出版日
2010-07-24

時効間近の事件と不倫関係を持った彼女との関係が綴られる、ミステリアスなストーリー『夜明けの街で』。

不倫などくだらないと考えていた男性が、部下と不倫関係に。男性は、妻と離婚してまで不倫相手との恋を成就させようと本気になっていきます。彼はやがて、彼女が過去に関わった事件を知りますが、その想いにブレーキをかける術はあるのでしょうか。浮気や不倫は傷つく人を生むと頭ではわかっていても、抗えないときがある……。実際、このようなことを受け止めるなど不可能でしょう。一方で、気持ちを抑えるも惹かれ合う二人の様子に共感してしまう部分もあるかもしれません。

本作で、不倫に陥った真っ直ぐな男性の心理描写から、新たな価値観を見つけるかも。

以上の5作品が、すれ違いを生まないための材料、あなたに勇気を与える1冊になってくれますように……。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る