ネタバレ不可避の『呪術廻戦』渋谷事変とは!最低最悪な展開はいつまで続くのか!

更新:2021.8.19

2021年3月時点で累計発行部数3600万部を突破した「週刊少年ジャンプ」の超人気漫画『呪術廻戦』。テレビアニメも絶賛放送中で、飛ぶ鳥を落とす勢いはまだまだ続きそうな予感。「渋谷事変」というエピソードは1年以上も続きました。この「渋谷事変」とはそもそもどんな出来事なのか、ネタバレを含みながら紹介。最悪な展開はどこで終わりを迎えるのか、そんなところも注目していきます。

ブックカルテ リンク

『呪術廻戦』渋谷事変とは!大変な展開に!

「週刊少年ジャンプ」にて大人気連載中、テレビアニメ第1期も放送済みの『呪術廻戦』。コミックスも2021年88月時点で累計発行部数が5000万部を突破し、2021年末に劇場版映画の公開も決定するなど、その勢いは止まるところを知りません。

そんな『呪術廻戦』ですが、1年以上「渋谷事変」という話が続きました。この「渋谷事変」とは、2018年10月31日の渋谷が舞台。死んだはずの呪詛師・夏油と彼が率いる呪霊&呪詛師集団が五条悟を封印するため、高専呪術師との戦いを描いた物語です。多くの一般人を巻き込み、渋谷の街が崩壊していく様子が描かれています。

その衝撃の内容に『呪術廻戦』がダークファンタジーどころかホラー作品であることを改めて思い知らされることに。それでも、その面白さに病みつきになる読者が続出です。五条悟の封印、五条なき状態での戦い、宿儺のかりそめの復活、偽夏油の正体とその目的が判明など、次から次へ怒涛の展開が続きました。

この記事では、これまでの渋谷事変に関する気になるエピソードをまとめてみました。現在読み進めている人もこれから読もうという人もぜひ参考にしてください。

著者
["芥見 下々"]
出版日

最悪の惨事『呪術廻戦』渋谷事変の舞台となった裏鬼門・渋谷

『呪術廻戦』の舞台となる街の多くは実在する場所です。「渋谷事変」の舞台となる渋谷もそのひとつ。作中でも都市開発が進むリアルな渋谷が描かれています。ここでは、物語の世界から少し離れて、東京・渋谷という場所について触れていきます。

一説によると、東京は結界に護られているといいます。江戸の街も風水的思想から都市計画が作られたという説もあるくらい日本では、陰陽道である占いや風水といった考え方が古来より大事にされてきました。

所説ありますが、東京の結界のひとつに「鉄の結界」があります。JR山手線とその中を東西に蛇行しているJR中央本線のことです。路線図と照らし合わせてみると陰陽道における太極図と酷似していることがわかります。

太極図とは勾玉を組み合わせた構図のもの。世界には陰も陽も存在していることを表しています。白の部分は陽を表す山の手、黒の部分は陰を表す下町と呼びます。また、それぞれに存在する点と路線図を合わせてみると、下町側の白い点は陽を意味する皇居、山の手側の黒い点は陰を意味する新宿・歌舞伎町が位置しています。陽にあたる皇居を中心とみたときに、端と端にあるのが渋谷と上野。上野は北東に位置しており「鬼門」、渋谷は南西に位置しており「裏鬼門」となります。どちらも不吉な方角という意味なので、狛犬としてそれぞれの街に犬の像が置かれているといわれています。

『呪術廻戦』もまさに陰陽道からくる呪術のお話。加えて、日本書記や仏教、神道などの要素をうまく組み合わせている物語です。日本の宗教的思想を持つ『呪術廻戦』に「渋谷事変」の渋谷やコミックス0巻で登場する「百鬼夜行」の新宿などと今回紹介した事柄を当てはめて読んでみると、さらに面白くなるのではないでしょうか。

著者
["芥見 下々"]
出版日

『呪術廻戦』渋谷事変・主な出来事を周辺地図を参考に時系列で追ってみた!

2018年10月31日。ハロウィンで賑わう渋谷を夏油率いる呪霊たちが、一般人のみを閉じ込める帳を降ろします。一般人は侵入のみ、術師は補助監督役含め出入りが可能というもの。それは、これから起こる惨劇の幕開けでもありました。これが「渋谷事変」です。ここでは、「渋谷事変 記録」として時系列に従い、この日の出来事を追っていきます。周辺地図も参考までに掲載しました。

 【渋谷事変 記録】

2018年10月31日19:00

東急百貨店 東急東横店を中心に半径およそ400mの帳が降ろされる

 20:14

東京メトロ渋谷駅 13番出口側(帳外) 

七海班(七海建人/1級術師、猪野琢真/2級術師(昇級査定中)、伏黒恵/2級術師(昇給査定中))待機 

同刻

渋谷マークシティ レストランアベニュー入口(帳外)

禪院班(禪院直毘人/特別1級術師、禪院真希/4級術師(昇級査定中)、釘崎野薔薇/3級術師(昇級査定中))待機

同刻

JR渋谷駅 新南口(帳外)

日下部班(日下部篤/1級術師、パンダ/準2級術師(昇級査定保留中))待機

同刻

文化村通り 道元坂2丁目東(帳内)

帳内に多くの人、その中の1人が「五条悟を連れてこい」と叫んでいる

 

20:31

文化村通り 道元坂2丁目東(帳内)

五条悟 現着

 

20:38

渋谷ヒカリエShinQs B1F

五条悟 確認 

 

20:39

青山霊園

冥冥班(冥冥/1級術師、憂憂、虎杖悠仁(1級査定保留中))待機~明治神宮前駅へ移動

 

20:40

東京メトロ渋谷駅 B5F 副都心線ホーム

五条悟VS呪霊(漏瑚、花御、脹相) 五条 花御を祓う

 

20:51

東京メトロ明治神宮前駅 2番出口側

冥冥、憂憂、虎杖現状把握

 

21:03

東京メトロ明治神宮前駅 B2F

虎杖VS蝗GUY 虎杖勝利

 

21:14 

東京メトロ明治神宮前駅 B5F 副都心線ホーム

真人 改造人間を乗せて渋谷へ向かう 

 

21:15

東京メトロ明治神宮前駅 B4F

冥冥、憂憂、虎杖合流しB5Fの副都心線ホームへ

 

東京メトロ渋谷駅 B5F 副都心線ホーム

改造人間と真人が到着

五条が改造人間およそ1000体を299秒で鏖殺

夏油登場とともに獄門彊に五条封印

 

 21:22

渋谷

帳外の各場所で待機していた日下部班、禪院班、七海班がそれぞれ突入

 

21:26

東京メトロ渋谷駅 B5F 副都心線ホーム

偽夏油、真人、漏瑚、脹相待機

 

21:27

明治神宮前~渋谷

虎杖移動~到着 七海に五条封印を伝える

 

21:30

渋谷駅 B4F

漏瑚、花御、脹相が真人に逃げられる

 

21:40

松濤文化村ストリート(帳外)

釘崎&新田明が重面春太に遭遇

釘崎VS重面 新田逃げるも攻撃を受ける

七海登場により重面を倒す

 

21:44

東京メトロ渋谷駅 13番出口側(帳外)

七海が刺された伊地知を発見

22:01

渋谷Cタワー

屋上:猪野VSオガミ婆&孫 禪院甚爾降術

地上:伏黒&虎杖VS粟坂二良 

 

22:02

東京メトロ 明治神宮前~渋谷間

冥冥VS呪霊 冥冥が祓う

さらに偽夏油登場し特級特定の疾病呪霊である疱瘡神を放つ 冥冥が祓う

 

22:04

首都高速3号渋谷線 Cタワー前

伏黒&虎杖が粟坂に勝利

敗北した猪野が屋上から落下

 

22:10

虎杖悠仁 渋谷駅構内へ

虎杖VS脹相 虎杖敗北

 

22:20

井の頭線渋谷駅 アベニュー口

七海、禪院直毘人&真希 地下ホームへ移動

七海、禪院直毘人&真希V陀艮

伏黒恵出現

禪院甚爾出現し陀艮祓う

七海、禪院直毘人&真希VS漏瑚 漏瑚勝利

宿儺、虎杖の体の主導権握る

 

22:36(現地時間)

マレーシア クアラルンプール

冥冥、憂憂の術式で日本脱出、謎の相手との電話

 

22:51

首都高速3号渋谷線

渋谷料金所

夜蛾正道、家入硝子、猪野と伊地知を保護

 

伏黒恵VS禪院甚爾 親子対決 突然、禪院甚爾が自害

 

23:01

渋谷ストリーム前

日下部、パンダVS夏油の部下

 

渋谷全域

宿儺VS漏瑚 

 

23:05

道玄坂 109前

伏黒VS重面 伏黒、八握剣異戒神将魔虚羅を呼び出す

 

23:07

伏黒、仮死状態に

宿儺VS魔虚羅 宿儺勝利

宿儺、伏黒を家入のもとへ

 

23:09

東京メトロ渋谷駅 B5F 副都心線ホーム

東堂葵、新田新到着

 

23:14

道玄坂 109前

宿儺から虎杖へ戻る

虎杖、状況を把握する

地下へ向かい、七海と遭遇

七海、真人に敗れる

虎杖VS真人

 

23:16

道玄坂小路

釘崎VS真人(分身) 

 

23:19  

渋谷駅 道玄坂改札

虎杖VS真人

釘崎、渋谷駅内に逃げた分身を追う 本体と遭遇し顔半分が吹き飛ばされる

東堂葵、新田新が駆けつける 新田が釘崎に術式を施す

虎杖&東堂VS真人 

偽夏油が出現 

 

23:28

渋谷ストリーム前

宿儺に破壊された街中で、日下部とパンダ合流

 

渋谷駅 B3F 田園都市線ホーム

脹相 自身の記憶に混濁中

 

23:36

渋谷駅警察署宇田川交番跡

偽夏油出現に真人が助けを求める

偽夏油、真人取り込む

京都校が駆けつける

日下部、パンダ参戦

脹相、虎杖に味方する

裏梅、参戦

九十九由基、登場

 偽夏油の正体、目的が明かされ獄門彊とともに去る

以上第136話まで。53話続いた渋谷事変はこの回で幕を閉じました。

 

第137話からは、ついに乙骨憂太が登場。喜びも束の間、なんと彼は虎杖悠仁の死刑執行役に任命されることに。そのほか、封印されてしまった五条悟や夜峨学長にも衝撃的な決定が下されていきます。さらに禪院家当主の座を狙う禪院直哉の登場など、新展開が待ち受けることに。虎杖たちの敵は、偽夏油たちだけではなかったということですね。まだまだ予想のつかない展開に、今後もますます楽しめそうです。

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード1】:五条悟が封印!?

『呪術廻戦』渋谷事変を起こした偽夏油の目的は、五条悟を封印するというもの。渋谷に帳を降ろし五条を呼び出したのも、偽夏油が持つ獄門彊に五条を閉じ込めるためでした。

渋谷に到着した五条はすぐさま特級呪霊である花御を祓い、ほかの呪霊たちも時間の問題かと思われました。しかし、突然の夏油の登場にみせた一瞬の隙で、まさかの封印に至ってしまいます。

本物の夏油は、五条自身が百鬼夜行で倒したはずでしたが、家入にその亡骸を処理させなかったことも仇となり、「別のもの」に夏油の体とその呪力を乗っ取られてしまったのです。

そうして、最強の術師である五条悟を封印し、偽夏油の本当の目的を達成するために、動き出す呪霊や呪詛師たち。高専関係者が総力を結して、五条奪還に向かうことになります。

著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード2】:禪院甚爾と伏黒恵 親子対決!

『呪術廻戦』渋谷事変にはいくつもの見せ場が用意されていますが、伏黒恵の父親である禪院甚爾の登場も見逃せません。五条悟の誕生により、それまでのように自由に生きられなくなった呪詛師のオガミ婆と粟坂二良は五条封印に協力するため、帳の見張りをすることに。

猪野、伏黒、虎杖に発見され戦う中、オガミ婆がすでに亡くなっている禪院甚爾を降霊術で呼び出します。孫に遺骨の入ったカプセルを飲ませ、出生時に近い禪院の名を使うことで降霊させますが、体と魂ごと乗っ取られてしまいます。戦いの鬼と化した甚爾は恵に襲い掛かります。しかし、戦いの最中、昔の記憶が蘇るのでした。

最後に名前を訪ねると「伏黒」と答える恵。それを聞いて「禪院じゃねえのか よかったな」と自害する甚爾でした。親子の感動的な再会とはなりませんでしたが、それでも父が子を思って取った行動に胸が熱くなるシーンです。

著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード3】:虎杖悠仁の中の宿儺の指が15本に!

幼い頃、夏油に助けられた双子の少女・奈々子と美々子は彼に心酔していました。渋谷事変での五条悟封印後、夏油の肉体を利用した本人にその返却を求めるも拒否されます。

そんな彼女たちは気を失っている虎杖に宿儺の指を食べさせることで、宿儺を呼び覚まし偽夏油の殺害を要求することに。指の存在をかぎ取った漏瑚が駆けつけ、持っていた指10本を追加で食べさせます。もともとの本数も合わせると、虎杖の中の宿儺の指は15本以上に。急激な指の摂取に適用が間に合わないため、一時的に宿儺に主導権を握られる虎杖。

宿儺に虎杖の体を乗っ取るように提案する漏瑚でしたが、「必要ない」と言われてしまいます。宿儺には自分の計画があると。それには、どうやら伏黒の力が関わっているようです。また呪詛師・裏梅とも関係がある様子。裏梅には自身が自由になるのもそう遠くはないと伝えます。その謎はいまだ残されたまま虎杖に主導権が戻りました。果たして宿儺の計画とは。今後の動向に注目です。

著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード4】:伏黒恵の「布瑠部由良由良」の回収

『呪術廻戦』渋谷事変では、伏黒恵の最終手段・調伏の儀が行われました。実はこれまでも2度行いかけています。1回目は、コミックス第2巻。少年院にて虎杖が宿儺に体の主導権を奪われた時。虎杖の心臓を人質した宿儺を倒そうとする伏黒でしたが、「布瑠部由良由良 八握―」まで唱えるも、虎杖の死を受け入れ自ら止まることに。2回目は、コミックス第7巻の八十八橋調査で遭遇した特級呪霊との戦闘中。「布瑠部―」と唱え出すもやはり途中でやめ、別の方法で見事祓う伏黒でした。

そして、渋谷事変コミックス第14巻。伏黒は、重面春太との戦いでついに「布瑠部由良由良」と唱え「八握剣異戒神将魔虚羅」を呼び出しました。しかし、弱り切った伏黒の体に魔虚羅の一撃が決まり、そのまま仮死状態に。そこへ宿儺が現れ、伏黒を生かすため、八握剣異戒神将魔虚羅を倒すのでした。

この「布瑠部由良由良」とは、実際の鎮魂祭で登場する祝詞のひとつ。宮司が「ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここの、たり、ふるべゆらゆらとふるべ」と発するのだそう。八握剣も十種神宝という武具のひとつで、魔虚羅は薬師如来を護る十二神将のひとりです。

著者
芥見 下々
出版日
2018-09-04
著者
芥見 下々
出版日
著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード5】:ナナミンの最期の言葉

『呪術廻戦』渋谷事変では、多くの術師が駆り出されていますが、七海建人も七海班として猪野琢真と伏黒恵を率いて対応しています。1級術師だけあり強さはもちろんですが、常に冷静な判断力でみなを的確に導く力もあります。

高専卒業後は術師ではなくサラリーマンに。それは高専時代の同級生・灰原の死も多く影響していました。しかしながら、術師としてのやり甲斐を再度見出し、高専に戻ってきた七海。渋谷事変では活躍するも漏瑚に焼かれ、力尽きたところで真人にも対峙することに。

最期を覚悟した七海は、虎杖の「呪い」になることを承知の上で「後は頼みます」と言い残します。それは、術師としての虎杖を認めているという意味も含まれているのでしょう。虎杖もまた「ナナミン」と親しみを込めて呼ぶほど、信頼の置ける人物として慕っていました。だからこそ、ナナミンの言葉が「呪い」という縛りではなく、虎杖にとってのエールとなることを願ってやみません。

著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード6】:釘崎野薔薇の活躍の先には

『呪術廻戦』では、高専の生徒たちの強さが作品の魅力でもありますが、特に渋谷事変では、1年生たちの強さと活躍は目を見張るものがあります。伏黒、釘崎、虎杖ともに昇級査定中もしくは査定保留中のまま戦うことになってしまいました。実際の等級よりも明らかに強くなっている彼ら。それは、釘崎の活躍も物語っています。

特に、真人の分身に遭遇した時のこと。「共鳴り」の攻撃が真人にダメージを与えたことで、別の場所で真人本人と戦っている虎杖に、実質的な協力だけでなく、精神的にもどれだけ勇気を与えたことか。彼らの関係性は、互いに切磋琢磨し信頼し合う同級生であり仲間でもあるということでしょう。

その分身の真人を追って本体と遭遇し、釘崎もまた真人の手に掛かってしまいます。そんな彼女も「悪くなかった」!!と虎杖に告げるのでした。ただ、そこに駆けつけた京都校の新田新の反転術式で治療されることに。その後の生存に関しては未だ不明です。

著者
芥見 下々
出版日
著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード7】:ついに判明!偽夏油の正体とは!

『呪術廻戦』渋谷事変では、さまざまな謎が渦巻いている中、大きな謎のひとつに偽夏油の正体がありました。そして、連載第134話にて、その謎がついに明かされることに。

偽夏油の正体は加茂憲倫。明治の初め、呪霊の子供を孕んだ女性が助けを求め駆け込んだ寺にいた術師が加茂憲倫でした。彼は、その女性を使い自分の血を混ぜ、呪霊との間に九度の懐妊、九度の堕胎が行ないました。そうして作られたのが「呪胎九相図」。加茂憲倫は史上最悪の術師でした。そんな彼が、脳を入れ替えて体を乗っ取るという術式で、夏油の体を利用していたのです。

渋谷事変に偽夏油の仲間として加わっていた脹相にとって、加茂憲倫は親であり、母の仇でもあります。その脹相が偽夏油の正体に気付きます。そんな加茂憲倫の目的は、再び呪術全盛の世を作ること。そのために、五条悟を封印したのです。五条を封印した獄門彊とともに姿を消す加茂憲倫でした。

偽夏油がこれから行おうとしていることは、「呪力の最適化」です。これは、呪いの力によって人間の「可能性」を最大まで引き出そうという計画のようです。

「非術師 術師 呪霊 これらは全て“可能性”なんだ

 “人間”という“呪力”の形のね

 だがまだまだ こんなものではないハズだ

 人間の可能性は」

(『呪術廻戦』第16巻136話より引用)

偽夏油は、あらかじめマーキングしておいた1000人の非術師に、遠隔で「無為転変」を施し、力を与えました。

そして、力を与えた1000人の人間たちに殺し合いをさせるという最悪のデスゲーム、「死滅海游」が始まろうとしています。

著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』【押さえるべき渋谷事変エピソード8】:虎杖悠仁の出生の秘密

これまでも虎杖悠仁の祖父の登場はあったものの、彼の両親について語られることはありませんでした。生前の祖父との会話の中でも、祖父が両親のことについて語ろうとすると虎杖本人は興味ないからと結局聞いていません。

渋谷事変では、そんな虎杖を脹相が急に弟だと言い出します。脹相の存在しないはずの記憶の中で、虎杖が弟として登場してきたのです。これは一体何を意味しているのか。これが事実となると、加茂憲倫とも関係してくることになるのですが、果たしてそうなのか。謎は深まるばかりです。

ただ、虎杖は超人的な身体能力をもともと兼ね備え、呪霊に対しての恐れも最初から全くありませんでした。このことからも彼の出世には何か隠されているのではないか、両親も術師なのではなかろうかなど勘ぐりたくなりますよね。

気になる点としては、2020年7月時点のフランスのフィガロでのインタビューで虎杖の両親について聞かれ、そのことに言及しています。

そして、第143話にて、虎杖の両親がついに登場しましたが……なんとそこで、虎杖の母親は羂索に乗っ取られていたことが判明します。

ますます謎に包まれる虎杖出生の秘密。彼の謎が明かされる日は、果たしてくるのでしょうか……?

著者
芥見 下々
出版日

『呪術廻戦』渋谷事変の気になる今後のポイント!

さて、『呪術廻戦』渋谷事変もいろいろな謎が明かされてきてはいますが、まだまだ気になるポイントが満載です。

まずは、現在、生存が不明な釘崎などをはじめ結局のところ生存者は誰なのか。また、マレーシアのクアラルンプールに移動した冥冥が電話している謎の人物は誰か。九十九由基のモノローグの中のラルゥが動く時間を稼ぐとは。さらに、九十九が語った天元と向き合うとはどういう意味か。また、加茂憲倫がマーキングした人物でもある伏黒姉・津美紀の運命は。

そして、ようやく登場した乙骨憂太ですが、上から虎杖悠仁の死刑執行役を命じられることになります。五条悟が封印された今、本当に乙骨は虎杖を殺すことになるのか。

新たに登場の禪院家の次期当主を狙う禪院直哉が伏黒恵の命を狙うなど気になる展開がてんこ盛りです。

また、2021年2月に原作者である芥見下々がテレビ番組に出演。そこで、『呪術廻戦』があと2年くらいと担当編集と話しているなど発言し話題に事欠きません。今後の『呪術廻戦』も目が離せませんね。

著者
芥見 下々
出版日

まとめ

『呪術廻戦』渋谷事変は最悪な結末を迎え、ようやく終了しました。とはいえ、まだまだ回収されていない謎がたくさんあります。新たなステージに突入し、どんな展開になっていくのか期待も高まります。テレビアニメも好調で、また新たなファンも獲得しているようです。今後もぜひ注目していきたい作品です。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る