ねむようこ作品偏愛レビュー【高尾苑子】

ねむようこ作品偏愛レビュー【高尾苑子】

更新:2020.12.22 作成:2018.3.5

空想じみた甘い展開をベースにしながら、ピリッとした大人のスパイスが入っているような。普段は楽しく読めるのに、自分の中の何かに反応しちゃったら、ときには大泣きしちゃうくらい、心にダイレクトに響く。ねむようこさんのマンガはそんな不思議なマンガです。キュートな世界観に隠された優しいメッセージ。今回はそんな“ねむようこさんワールド”全開のマンガをご紹介させていただきます!

高尾苑子プロフィール画像
Chubbiness
高尾苑子
1993年10月30日生まれ 福岡県出身 趣味:読書・散歩・寝る前にストレッチすること 特技:速読・早起き・走ること ミスヤングチャンピオン2016ファイナリスト Chubbinessとは「ぷに子が日本をHAPPYに」を合言葉に、2013年6月にavexとCanCamが手を組んで開催した「全国ぷに子オーディション」で約3500名の中から選ばれた個性派揃いの9人組。2013年11月29日 渋谷PARCO前ステージにてお披露目された。 オフィシャルHP http://avex.jp/chubbiness/ 公式Twitter https://twitter.com/Chu_sonoko_avex 公式Instagram https://www.instagram.com/chu_sonoko/
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

三代目薬屋久兵衛

著者
ねむ ようこ
出版日
2015-03-07

森に棲んでいる魔女のうわさや、カエルのサーカス。カタツムリの馬車。絵本みたいな入道雲。ファンタジー感あふれる、ちょっぴり不思議なこの町が舞台。

この町に数年ぶりに戻ってきた三久。おじいちゃんの営む大好きな漢方薬局を守るため、お店を継ぐ修行中です。そんなある日、植物好きで超人見知りな「叶くん」に出会い……。人と目を合わせることもできないくらいに人見知りの叶くんと三久の純情ピュアラブ!

カエルのサーカス団が出てきたり、ヤギの郵便屋さんが出てきたり、びっくりするかもしれませんが、物語にはあまり関係ないので大丈夫。でも、この空想のような世界観や、どことなくノスタルジックな絵柄は本にぴったり。なんとなく小学校のプールや絵日記とかを思い出しそうになるこの感じ。これだけでけっこう癒されます。

三久の家が漢方薬局なので、漢方や植物の話も多め。苦しいときは生活リズムを整えたり、気の流れを良くしたりすること。傷口にはアロエを張ったり、梅のエキスでおなかを治したり。なんかおばあちゃんを思い出します。将来はこういうことができる魔女みたいなおばあちゃんになりたいなあってけっこう真剣に思ってます!

辛いことや悲しいことなんかなさそうな世界観ですが、ねむようこさんのマンガはこれだけでは終わりません。実は主人公の三久は結婚に失敗したつらい経験を持つ女の子。

傷ついてしまった気持ちにふたをして、どうしようもない気持ちに自分なりの落としどころをみつけて毎日を生きている、すごくリアルな女の子です。三久の場合は初恋の約束を信じるふりをすることで、悲しい気持ちを紛らわしていました。こんな切ないエピソードが、このファンタジー感あるストーリーに違和感なく馴染んで、とても心地いいんです。

うまくいかなかったこと、運命のせいにしたことはありますか? 自分のせいにすると辛いし、人のせいにもしたくない。そんなとき運命のせいにすると、運命はすごく優しい呪いをかけてくれます。自分の力ではどうにもならないって信じられる。もう目の前のぐちゃぐちゃに惑わされなくてもいい。もう何もできなくても仕方ない。三久ちゃんも運命じゃなかったんだと思い込むことで心の安定を図ったけれど、それは大人ならけっこうみんな経験していることじゃないかなって思います。もう大人だからっていうのは、傷を隠したり、大丈夫なフリをしたりすることを強いるけど。

でも呪いの裏側に隠した傷跡は、いつの間にか良くなっていたり、治るきっかけを待っていたりするものです。強い、正しいばっかりのマンガはきっぱりして気持ちいいけどいつもだと疲れちゃう。こういう優しいマンガに癒される日があると、また頑張る力もわいてくるので、疲れちゃったな……っていう日におすすめのマンガです。

『三代目薬屋久兵衛』については<『三代目薬屋久兵衛』全巻ネタバレ紹介!奇妙で切ない漢方恋愛漫画?【無料】>の記事で紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

午前3時の無法地帯

著者
ねむ ようこ
出版日
2008-12-08

イラストレーターを夢見て入った会社は、労働基準法ぶっちぎりの無法地帯だった……。

やりたい仕事をやれないばかりか、ちゃんとした生活もできない、彼氏にも浮気される、女子力も下がっていく。とんでもない毎日。すぐに辞めるつもりで退職届まで用意したももこですが、ひょんなことから隣のフロアの年上男性と仲良くなって……?

ハチャメチャな環境の中で、小さな楽しいことや、恋愛をエネルギーに毎日働き続ける! そんな主人公、ももこの等身大ストーリー!

とにかく主人公のももこが素敵です。同僚の女の子が「やりたいことがやれない」、後輩の女の子が「女子を捨てたくない」とやめていくなか、仕事をやり続けるももこ。仕事に誇りを持っているわけでもないし、仕事環境だってサイアクだけど、深夜にみんなでつつくたこ焼きがおいしかったり、仕事中にこっそり飲むビールがうれしかったり。そんな理由で仕事を続けられちゃう、ももこはそんな軽やかな女の子です。

わりと私は余計なことをいろいろと考えちゃうタイプなので(たまに考えることを放棄して暴走するけど)、ももこのこの軽やかさは本当にうらやましい! 楽しいことは楽しい、好きなことは好き。そのことに自信をもってこんなふうにシンプルに生きてみたいです。

そして隣のフロアの多賀谷さんと仲良くなったももこ。一緒にお昼ごはんを食べたり、ちょっと夜ごはん食べたり。友達以上恋人未満な感じがなんだかとっても楽しそう! それに変にうまくいきすぎなくて、リアルなキュンキュンします。くまさんみたいな穏やかな多賀谷さんと、感情豊かでわんちゃんみたいなももこちゃんのコンビに癒される~。

仕事のことで悩んだときはぜひ読んでみてください。まあ、いっか!って思えるようになれるかも……。