『僕はどこから』結末までの4つの見所!ドラマ化の原作漫画【ネタバレ注意】

更新:2021.8.31

主人公は、根暗で一風変わった特技を持つ、竹内薫(たけうちかおる)。相方は、生粋の裏世界のエリート・藤原智美(ふじわらともみ)。一見すると正反対の2人ですが、じつは学生時代から「お互いのよさを認め合う関係」でした。彼らが大きな犯罪に巻き込まれていくことで、友情とサスペンスが織り交ざったストーリーが展開されます。 竹内は金銭的な事情から、藤原に誘われた犯罪に手を貸すことになります。それをきっかけに自分探しを始めますが、特技のせいで「自分とは何か?」がわからないまま……。今回は、ドラマ化もされた本作の見所を、ネタバレしながら紹介します!

ブックカルテ リンク

『僕はどこから』が面白い!2020年ドラマ化の原作漫画【あらすじ】

主人公・竹内薫の特技は、人の文章を書き写すことで「それを書いた人間の思考をコピーできる」というもの。小説家志望の彼は、数々の有名小説家の本を読み、まるでその人物たちが執筆したような小説を書き続けます。

小説は面白くはなるものの、単純なコピー作品。彼の持ち味は出ておらず、まったく評価されませんでした。また認知症を患う母親と暮らしているので、経済的にも厳しい状況……。夢も生活も行き詰まり、彼は追い詰められていきます。

出典:『僕はどこから』1巻

そこに現れたのが、元同級生のエリートヤクザ・藤原智美。以前、妹が失踪した事件を解決したことをきっかけに、竹内の特技を高く評価しています。

藤原が次にやらなければいけない仕事に「竹内の特技」が必要なため、2人はともに犯罪に手を染めることに……。

本作は、2020年1月からドラマ化が決定しています。主人公・竹内は中島裕翔、藤原は間宮祥太朗が演じる予定です。

ドラマ作品は、映画『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した、髙橋泉が脚本を手掛けており、キャスト陣の演技と演出に注目が集まっています。

中島裕翔が出演した作品を見たい方は、こちらの記事もおすすめです。

中島裕翔が俳優として大注目!実写化出演した映画、テレビドラマの原作の魅力を紹介

中島裕翔が俳優として大注目!実写化出演した映画、テレビドラマの原作の魅力を紹介

ジャニーズのなかでも抜群のスタイルを持つ、Hey!Say!JUMP・中島裕翔(なかじまゆうと)。話題のテレビドラマに出演している彼ですが、12歳の頃にはあの『野ブタ。をプロデュース』にも出ていたんです!ご存知でしたか? 今回は、中島が出演した映画・ドラマを一挙ご紹介。気になった作品は、原作とあわせてぜひチェックしてみてくださいね。

間宮祥太朗が出演した作品を見たい方は、こちらの記事もおすすめです。

間宮祥太朗は実写化の達人!出演映画、テレビドラマの原作作品の魅力を紹介

間宮祥太朗は実写化の達人!出演映画、テレビドラマの原作作品の魅力を紹介

様々な役柄を演じ分ける間宮祥太朗は、実力派俳優と高く評価されています。数多い出演作品のなかでも原作付きの作品が多いのが特徴。間宮祥太朗が演じると、強烈な個性を持った登場人物が現実に存在しているかのように感じられます。こちらの記事ではプロフィールに加え、原作付き作品の魅力をご紹介していきます。

智美の妹・千佳を演じた上白石萌歌についてはこちらの記事をご覧ください。

作者・市川マサとは

本作の作者・市川マサは、2009年に『A-BOUT!』でデビューしました。

漫画家になったきっかけは、喋るときに「どもってしまう」こと。とくに体調が悪いとその傾向が強くなってしまい、バイトをしていてもうまくいかず、人と話すことが少ないこの仕事を選んだそうです。

著者
市川 マサ
出版日
2010-03-17

『僕はどこから』は、『A-BOUT!』のときよりも、画力が格段にアップしています。また、雰囲気も柔らかくなっており、「迫力ある部分」と「優しく心を描く部分」がうまく組み合わさっています。

そんな作者は、漫画家のテクニックについてはほとんど学んでおらず、すべて自己流で描いていたそうです。型に縛られず、自分の好きな描き方で、自由に描いているのが魅力のひとつ。

とくに、キャラクターの表情がコマいっぱいに描かれている場面などは、特徴的で迫力を感じるでしょう。

『僕はどこから』のキーポイント:主人公の特殊能力がストーリーを面白くする!

竹内の特殊能力は、読書好きだった彼が「本を書き写しながら」読んでいるときに、いつの間にか身に付いたものでした。文章には、書いている人の意図が「指紋のように残っていること」に気づき、それを書き写すことで、文字の上でその人になりきれてしまうのです。

これは、テストや試験問題の文章にも使える能力。問題文を一心不乱に書き写すことで、出題者の意図を完璧に読みとり、解答を導き出すこともできます。

著者
市川 マサ
出版日
2018-06-06

また、思考コピー能力は文字だけでなく、回路図のようなものにも使えます。しかしこの能力は、便利なだけではありません。時に翻弄されることもあり、それによって物語は予測不可能の展開に……。

ちなみに、中学時代に藤原と仲良くなったのも、この能力のおかげ。藤原の妹が、書き置きを残して失踪したときに、能力で手助けしました。

書き置きから思考を先読みし、自殺しようとしていた藤原の妹を助けたのです。このことをきっかけに、藤原は竹内のことを尊敬しています。

スリル満点の展開を解説!藤原に依頼された犯罪とは⁉

スリル満点の展開を解説!藤原に依頼された犯罪とは⁉
出典:『僕はどこから』1巻

トラブルが始まった原因、それは「替え玉受験」でした。

藤原が持ってきたのは、ある家の息子・玲を一流大学に入れるための偽装受験の手伝いです。2人に、それぞれ2000万ずつ報酬を支払うというのです。生活に困っていた竹内は引き受けますが、依頼者の母親の名誉のためであって、玲の想いはまったく別ものだと気づきます。

複雑な思いを抱えながらも依頼を成功させた竹内でしたが、試験中に玲が母親を殺してしまいます。替え玉受験のはずが、殺人事件に。アリバイはあるものの、一つの真実を話せばもう一つもバレてしまう、バレてしまうと報酬どころか、警察沙汰になってしまう状況……。

警察は竹内を調べていくうちに、藤原の存在にも気づき、彼にも事情聴取をします。逮捕状を取りながらも、そのことを竹内たちには伝えずに、サインをさせる警察。2人はこの危機を、どうやって乗り越えるのでしょうか。

スリル満点の展開を解説!山田兄弟の陰謀

スリル満点の展開を解説!山田兄弟の陰謀
出典:『僕はどこから』3巻

情報屋の山田は、玲の父親が経済産業省の高級官僚で、替え玉受験の裏には、IR計画(カジノ計画)との関係性があると知ります。そこで、替え玉受験の本人である玲と共謀して、その利権をもらうことを企みます。

不穏な空気のまま、竹内に近づいてくる山田。彼は自分の手を汚さずに、竹内を犯人に仕立て上げる方法を考え出していました。

一方、竹内は「山田の文字を書き写して」彼の思考を読みとります。そして、どうにかその手に乗らないようにと考え、心理戦をくり広げるのです。しかし、すでに山田のシナリオは動き始めていて…⁉

敵の罠に翻弄される、竹内と藤原。2人の運命は一体どうなってしまうのでしょうか?

『僕はどこから』のスリル満点の展開を解説!「自分とは何か?」竹内はその答えを見つけることができるのか?【最終巻ネタバレ注意】

最終回は、替え玉受験から始まったさまざまな苦難を乗り越えた、10年後が描かれます。竹内はライターとして独立。仕事で喜びを感じることはありますが、まだ「自分とは何か?」の答えを見つけられていません。

小説を書くことを勧められても、何を書いたらいいのかもわからないのです。そんな状況なか、再び出会う竹内と藤原、そして玲。しかも、出会ったのは玲の母親の墓前でした。

著者
市川 マサ
出版日
2019-03-06

会えずにいた間の竹内の想いは、久々に対面した際の表情から、痛いほど伝わってきます。会えなかった10年間、彼らは一体どうやって過ごしていたのでしょうか?

最後に藤原が竹内に言った言葉、そしてそれを受けた竹内の姿が、最大の見所です。これが物語の終わりではあるものの、主人公にとっては始まりなのかもしれません。

「自分とは何か?」という大きなテーマを、犯罪とともに描いた本作。若さゆえの苦悩や、竹内と藤原の友情、そして青っぽさ。読後には、「大人になったからこそ、考えさせられるものがある」と感じられるでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る