初登場から15年以上……謎多き政府最高権力「五老星」のモデルと謎を考察!【ワンピース】

初登場から15年以上……謎多き政府最高権力「五老星」のモデルと謎を考察!【ワンピース】

更新:2020.8.15

みなさんこんにちは!研究室長のユイです。 本日は、謎多き「五老星」について、そのモデルやキャラクターをまとめていきます!ぜひ最後までご覧くださいね!

ユイの研究室(ワンピース)プロフィール画像
ワンピース考察系 YouTuber
ユイの研究室(ワンピース)
みなさんこんにちは!「ワンピース」の考察をしています「ユイの研究室」研究室長のユイです! 漫画に登場する伏線やモチーフなどを調べて色んな角度から物語の本質を探るのを楽しんでいます! 『鬼滅の刃』を記事で考察しているアカウントもあります。 https://honcierge.jp/users/10057 また、youtubeやTwitterもやっています。 動画で考察を見てみたいという方はぜひ遊びにきてください! Youtube https://www.youtube.com/channel/UCTRG3h_hzmreCsZukBKJD3A Twitter https://twitter.com/yui_laboratry
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

初登場から15年以上……未だ謎多き世界政府最高権力「五老星」の謎を考察!

本日は、「ワンピース」史上最大の謎といっても過言ではない「五老星」についてまとめていきます!

「世界政府最高権力」という肩書きとともに登場した「五老星」の5人。

初登場は「ワンピース」25巻収録の第223話ですので、2020年現在から15年以上も前の出来事になります!

しかし、これほど長くの時間が経っても、彼らの正体は一向に明かされる気配はなく、多くの謎に包まれたままとなっています。

そこで本日は、彼ら「老星」のキャラクターを、そのモチーフやモデルを手がかりに考察をしていきたいと思います!

それぞれの名前すら明かされていないので、本記事では「ワンピース」25巻p.142〜143の「233話初登場時の見開きページ」の左側に描かれた人物から順に考察をしていきます。 単行本を持っている方は、お手元にご用意して、見比べながら読んでみてください!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2002-09-04

「五老星」の1人は、アメリカ大統領・リンカーンがモデル⁉︎

それではまず、初登場シーンの左端に描かれた人物のモデル・モチーフについて考察をしていきます。

この人物のモデルは、第16代アメリカ合衆国大統領・リンカーンだと思われます。

リンカーンはアメリカ合衆国南部における奴隷解放や、様々な政治的な業績が高く評価されているそうです。

「奴隷解放の父」とも呼ばれる人物ですが、ワンピースの世界では天竜人の奴隷は解放しそうにないのが残念ですね……!

「五老星」の1人は、ガンジーがモデル⁉︎ 刀は初代鬼徹……?

続きまして、左から2番目に描かれた人物のモデル・モチーフの考察です!

こちらの人物はガンジーがモデルだと思われます。五老星は外見的な特徴がそのまま使用されるのでモデルがわかりやすいですよね!

こちらの人物が持っている刀ですが、三代鬼徹や二代鬼徹と同様の鍔のデザインになっています。

鬼徹の鍔は独特な形状をしていますので、この刀が初代鬼徹である可能性は十分にありますね!

そして、ガンジーといえば非暴力・不服従という考え方を掲げ、インド独立に貢献した人物です。

殺生はしないというポリシーの人物にあえて刀を持たせるというのが面白いですよね。

「五老星」の1人は、ソ連最後の最高指導者・ゴルバチョフがモデル⁉︎

続いては、左から3番目、センターに描かれていた人物についての考察です!

こちらの人物のモデルはゴルバチョフだと思われます。

ゴルバチョフはソ連の最後の最高指導者です。

ソ連に置いて最初で最後となる大統領に就任し、ソ連解体とともに辞任しています。

「ペレストロイカ」というスローガンを掲げ、ソ連の経済の立て直しを図ったことで有名ですね!

「五老星」の1人は、自由民権運動の主導者・板垣退助がモデル⁉︎

続きまして、左から4番目に描かれた長身の男についての考察です!

こちらの人物のモデルは、板垣退助だと思われます。

板垣退助は自由民権運動の主導者として活動し、社会の改良運動に尽力したそうです。

刺客に襲撃された際に「板垣死すとも自由は死せず」という言葉を発したとされていますが、この言葉を発した際に切られながらも笑っていたという記録もあります。

「死に際に笑っていた」という逸話、どこか「Dの一族」に通ずるものを感じませんか⁉︎

結果的にこの襲撃では板垣退助は死ぬことはなく、その後に発足した内閣で内務大臣を務めています。

「五老星」の1人は、『資本論』を著した経済学者・マルクスがモデル⁉︎

最後に、1番右端に描かれた男についての考察です!

こちらの人物は経済学者であるマルクスがモデルだと思われます。

マルクスは『資本論』という本によって、「マルクス経済学」という体系を生み出しました。

マルクス経済学は20世紀以降の思想に多大な影響を与えたとされています。

マルクスは元々はプロイセン王国に国籍を置いていましたが、20代で無国籍となり、イギリスを拠点として活動していたようですね。

著者
["エンゲルス", "向坂 逸郎"]
出版日

「五老星」は、歴史上の偉人がモデル・モチーフになっている⁉︎

ということで五老星のモデルのまとめでしたが、歴史的にも有名な偉人がモデルになっています。

しかし、モデルとなっているのは今のところは外見のみで、その思想や経歴がどのような反映をされるのかは未だによくわかっていませんね!

そして老星の面々は、それぞれに傷を持っていたり、経年によって見た目が変化しなかったりと、様々な謎を残しています。

これから謎が明らかになっていくのが楽しみですね!

「ワンピース」の他の考察も見てみたい方は、YouTubeの「ユイの研究室」でもご覧になれます!

今回の考察でより「ワンピース」の奥深い世界の魅力が伝われば幸いです。

YouTubeチャンネル「ユイの研究室」では、様々な考察動画をアップしていますので、もっと色んな考察を見てみたいという方はぜひYouTubeチャンネルの方にも遊びにきてくださいね!

ユイの研究室

チャンネル登録や高評価などをしていただけると活動の励みになります!ぜひよろしくお願いします。


「ホンシェルジュ」で記事にした考察は、こちらでまとめて読むことができますよ!

漫画「ワンピース」未回収の伏線まとめ!謎を徹底考察【ネタバレ注意】

 

この記事が含まれる特集

  • ワンピース

    「ワンピース」の考察や「ワンピース」好きにおすすめの漫画を「ワンピース」好きのホンシェルジュがお届けする特集です。

  • ユイの研究室

    考察系VTuberユイの講義室です!「ワンピース」や『鬼滅の刃』の考察をしています。応援よろしくお願いします!!

もっと見る もっと見る