マンガ

『あなたがしてくれなくても』はセックスレスに悩むすべての男女が読むべき!リアルな描写が胸に刺さる!

更新:2020.10.4 作成:2020.10.4

結婚して5年、夫に愛されたい妻と妻を女として見れなくなってしまった夫。ハルノ晴の描く『あなたがしてくれなくても』は、人知れず悩んでいる方も多い現代のセックスレス事情に焦点を当てた作品です。大きな共感を呼び、ベストセラーコミックとなりました。 この記事を読んで気になった方は、電子コミックやアプリで一部無料で試し読みできますよ!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

『あなたがしてくれなくても』のあらすじは?セックスレスに悩む者同士の不倫漫画?

「共感できる」「胸に刺さる」とSNSを中心に話題の『あなたがしてくれなくても』。近いうちに実写化されるのではと期待されているほど注目されている本作を、まずはあらすじから紹介していきます。

吉野みち、32歳。結婚して5年になる夫・陽一とは仲はいいですが、人知れず悩んでいることがありました。それは、もう2年も夫との間に「セックス」がないこと……。

彼女がそれとなくアピールしてみても、拒否され落ち込みます。そして会社の飲み会でみちの様子を気にかけてくれた先輩・新名に勢いで打ち明けてしまいます。驚く新名でしたが、「うちもなんだよね」とまさかのカミングアウト。その日からお互い相談しあう間柄に……。

「パートナーに女としてみてもらいたい」「でも不倫がしたいわけじゃない、私は陽ちゃんとしたいんだ」。みちはその一心ですが、かえって夫にプレッシャーを与え続けてしまいます。

『あなたがしてくれなくても』1巻

この漫画の面白いところは、夫側の心の動きも繊細に追っているところ。こんな印象的なエピソードもあります。

みちとの話し合いで喫茶店を訪れた陽一。注文したアイスコーヒーを見つめながら彼は、「もう味も匂いも全部わかってる。のども渇いてないのに飲めって言われてるアイスコーヒーみたいだ……」と彼女に重ね合わせて考えてしまいます。もちろんみちにそんなことは言えません。

このアイスコーヒーの例えは、読者の大きな反響を呼びました。性欲がなくなったのではなく、妻に対する感情が変わってしまった。なんとも残酷な表現ですね。

このように本作はただの不倫漫画や、夫への不満を描いただけの作品ではありません。セックスレスという社会問題をテーマに、ヒューマンドラマを楽しむことができるのが魅力です

書籍情報や書店員によるコメントは、 『あなたがしてくれなくても』(著:ハルノ晴)公式サイトでご覧いただけます。

『あなたがしてくれなくても』各キャラクターから見るセックスレス夫婦事情①主人公・みちの場合

『あなたがしてくれなくても』各キャラクターから見るセックスレス夫婦事情①主人公・みちの場合
『あなたがしてくれなくても』2巻

この漫画に登場する各キャラクターから、セックスレス事情を紐解いていきます。

主人公は吉野みち、32歳のOL。結婚して5年のうちの2年半、夫とのセックスレスに悩んでいます。なんとか陽一をその気にさせようと、可愛い部屋着を着てみたりフェロモンの出る香水をつけてみたりと涙ぐましい努力を。しかし、どれもこれも空回りしてしまいます。

何度も期待を裏切られ、そのたびに適当な言い訳をしながら逃げ続ける陽一に傷つき、新名と相談をし合うことが心の支えになっていきます。

一方のみちの夫、吉野陽一。基本的にマイペースで、会社の同僚・三島結衣花にも「自分以外興味がなさそう」と言われてしまうほど。しかし、みちのことは家族として大事に思っており、これまで不満もなくやってきました。しかし、急に追い詰められだんだんと歯車が狂いだします。

みちのプレッシャーに耐え兼ね中途半端に逃げ続ける陽一。そんな中、喫煙ルームでたびたび会う三島と親しくなっていき……。

『あなたがしてくれなくても』各キャラクターから見るセックスレス夫婦事情②みちの同僚・誠の場合

各キャラクターから見るセックスレス事情、新名夫妻の場合はみちの夫婦とは立場が逆転しています。

みちの会社の先輩新名誠。妻・楓とのセックスレスに悩んでおり、みちと相談しあう仲に。仕事に忙しい楓のため、家事を一切引き受けている家庭思いな夫です。しかし妻に2回ほど誘いを断られたため、勇気が出ないでいます。次第に楓の機嫌を伺いながら暮らしていくことに疲れていき……。

専業主婦で父親の顔色ばかり伺っていた母親。それを見ていたせいか、キャリアウーマンの楓を支えようと思っていました。しかし、妻に触れ合いを拒否され、男としての自信を失っていきます。

誠の妻・新名楓は雑誌の副編集長でバリバリのキャリアウーマン。上司からのプレッシャー、後輩の指導で毎日仕事に追われ、誠の不安に気付く余裕がありません。彼に感謝はしているものの、そういう気持ちにはなれない楓。優しい誠は絶対に自分から離れていくことはない、そう思っていたのですが……。

誠の優しさに甘えている自覚はある彼女。そのつど反省はするものの、彼の優しさが重荷になっていることも事実。仕事との板挟みに彼女もまた悩んでいます。

みちの夫婦とは男女逆の立場で悩む新名夫婦が登場することで、セックスレスに悩む男女それぞれが自分を投影しながら読むことができるのです。

著者
ハルノ晴
出版日
2018-03-28

リアルな台詞が胸に刺さる!思わず共感した必見シーン①「このまま女として終わるのかなぁ……?」

陽一と2年ぶりのセックスの約束をしていた日。

みちはこの日のため、新しい下着を買い、思い切りおしゃれしてワクワクしていました。会社の飲み会が重なるも、そこそこに切り上げ家路を急ぎます。そこへ陽一からのライン。「急に部長から誘われた、遅くなると思うから先寝ててー」と。

身体中の力が抜けるみち。

「私にとっての今日と、陽ちゃんにとっての今日はきっと重みが全然違う」
「このまま女として終わるのかなぁ……?」
『あなたがしてくれなくても』1巻より引用

駅への道を歩きながら、そう考えてしまうのです。

彼のためおしゃれして、約束の時間が待ち遠しくて……誰しも経験したことはあるのではないでしょうか?特にみちのように、彼との関係にマンネリを感じ、自分が女として見られていないと感じている時。

前々から計画し、頭の中でシュミレーションを繰り返し「この一日に賭ける」そうして待ち望んだ一瞬を簡単に打ち砕かれたのです。「このまま女として終わるのかなぁ……?」そう感じてしまうのにも共感できるのでは?

何より今回は、みちにとって待ちに待った特別な日でした。これまで夫の前ですっぴんの部屋着ばかりだった彼女が、女として見てもらえる喜びを味わえる日になるはずでした。

陽一にとってはいつも通りの何気ない一言が、この日ばかりは重たく深く突き刺さってしまうのです。彼にとっては「そんな大げさな。また違う日にしたらいいじゃん」と思うかもしれません。

みちの今にも切れてしまいそうだった気持ちは、この約束でやっと保てていました。そんな彼女の気持ちに対して、あまりにも鈍感な陽一を思わず責めたくなってしまいます。

リアルな台詞が胸に刺さる!思わず共感した必見シーン②「オレ別にみちのこと嫌いになったわけじゃないんだよなぁ……」

主人公のみちに共感できるという人もいる一方、陽一サイドの気持ちもわかるという人もいるでしょう。

彼はこれまで特に不満もなく夫婦生活を送っていました。仕事も順調、家庭生活は円満。ただ、みちへの気持ちの変化には気付いていました。家族になったみちにもう性欲がわかなくなっていた陽一。

「恋人」ではなく「家族」。愛しているから結婚したわけで、仲良く暮らしていたのだから今さらそこにこだわる必要もないと考えます。

ケンカして飛び出してしまった彼に、みちから何度もラインが届きます。「既読したら答えを出さなきゃいけなくなる」と逃げ続ける陽一。しかし、

「オレ別にみちのこと嫌いになったわけじゃないんだよなあ……」
(『あなたがしてくれなくても』1巻より引用)

こちらも正直な気持ちです。

決して責められるべきは陽一だけではないのかもしれません。「家族としてこれからも仲良くやっていきたい、みちと離れる気はない」ときちんと伝えてもいます。自分の気持ちが伝わらず、要求ばかりされモヤモヤ……。

男女問わず、このようなケースはあるでしょう。「お互い分かり合っている、うちはうまくいっている。」そう思っていたはずの相手に不満を告げられ、戸惑った経験はありませんか?

「嫌いになったわけではない、でも、性欲の対象ではなくなってしまった……」結婚している、いないに関わらず、パートナーと長く付き合っている方には陥りがちな悩みです。

言いにくい問題を必死に伝え続ける相手に、はっきりと自分の本音を言えない。しかしそれが中途半端に逃げ出すような形になってしまう……。そんな悪循環に陥ってしまった陽一に共感しながら読む、というのも本作の味わい方の1つです。

リアルな台詞が胸に刺さる!思わず共感した必見シーン③「相手の為にって我慢してる人がいるのなら、力になりたいんだ」

逃げ続ける陽一に疲れてきたみち。自分の気持ちが置いてけぼりにされている、一緒にいるのに一人ぼっち……そう感じてきていました。

ある日の仕事終わり、後輩が同僚・田中に仕事を押し付けていることを知ってしまいます。田中の姿が自分と重なってしまう彼女。急いで引き返すとそこには新名の姿が。

実は新名も気付いていたのです。もし片方が不満に思っていても言えない関係だとしたら……そう思った彼は田中を手伝い、仕事を終わらせていました。

「相手の為にって我慢してる人がいるのなら、力になりたいんだ」
(『あなたがしてくれなくても』1巻より引用)

新名のその言葉がみちの胸に染みます。まるで今の自分の気持ちを理解してくれているようなその言葉。自分に向けて言ってくれたのではないと分かっていても、繰り返し思い出してしまう彼女のシーンが作中に何度も登場します。

『あなたがしてくれなくても』1巻より引用

1番分かって欲しい相手に分かってもらえず、虚しさを覚えている時。ふと誰かがかけてくれた言葉がいつも以上に心に染みることがあります。そして、その人を意識し始めてしまうことも。

心に芽生えたそんな感情が一気に広がってしまった……そんな経験がある方はここから彼女のとる行動に注目です。もどかしくもありながら、「わかる!」と思ってしまうみちと新名との関係は、この漫画の辿る道筋に重要な意味をもたらします。

『あなたがしてくれなくても』に共感したら!セックスレスをテーマにしたおすすめ漫画①

現代の社会問題ともいえるセックスレス事情を赤裸々に綴った『あなたがしてくれなくても』。この作品が好きな方に、同じようなテーマの作品を2つおすすめします。

1つ目は渡辺ペコの『1122』 。

結婚7年目の夫婦、子供なし。相原一子と夫・二也にはある秘密がありました。それは、「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。セックスレスの2人が選択した、新しい夫婦の形でした。二也には一子公認の恋人・美月がいます。一見うまくいっているように見えた2人ですが、徐々に一子の心に変化が……。

この漫画は『あなたがしてくれなくても』の男女逆転パターンで、妻が夫の体を受け入れられなくなってしまいます。しかし驚くところは、お互い恋人を持つことを容認してしまう点。しかし、だんだん気持ちがざわついてしまう一子に、「そりゃそうでしょ!」とヤキモキせずにいられません。

著者
渡辺 ペコ
出版日
2017-05-23

『あなたがしてくれなくても』に共感したら!セックスレスをテーマにしたおすすめ漫画②

2つ目は実話を描いたエッセイ漫画『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』。

編集者の彼氏と同棲する作者のポレポレ美。9年同棲し、結婚後もセックスレスは続きます。このままじゃダメだ!と思った彼女は一念発起、マカの入った味噌汁を作ったりセクシー下着を買ったりと奮闘します。しかし現状は変わらずじまい。

友人からのアプローチや彼の浮気疑惑、家族からのプレッシャーなど赤裸々に綴られます。実話なだけにリアルに心に響いてくる内容に。徐々に追い込まれていく主人公・ポレ美の姿に読むのが辛くなる場面もありますが、コミカルタッチに描かれていて読みやすい作品です。

著者
ポレポレ美
出版日

セックスレスはデリケートな問題だからこそ、誰にも相談できず一人で抱えてしまうことが多いのかもしれません。夫は話を聞いてくれず、恥ずかしくて親にも友人にも言えない。もしくは、相手の必死な気持ちに答えてあげられない。そんな時に同じ境遇のこのような漫画を読むと、同志を得たような気持ちになるでしょう。