『カカフカカ』魅力を8巻までネタバレ紹介!性欲は愛情か?

更新:2021.3.16

「タラレバ娘」でも知られる東村アキコが「あなたの生臭いところ、いいかんじに出てるよ」と表現した作品『カカフカカ』。かねてからその作風が人気だった石田拓実の魅力が遺憾なく発揮されています。そんなナマナマ漫画のあらすじと各巻ごとのリアルさをご紹介!ネタバレ少しあります。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『カカフカカ』の魅力を8巻まで全巻ネタバレ紹介!性欲と愛情の違いとは?

著者
石田 拓実
出版日
2014-08-12

 

『カカフカカ』は女性向け漫画雑誌「Kiss」で連載されている作品。それまで石田拓実は少女漫画誌で連載していたため、小出しにしか描かれていなかった男女間や人間関係のリアルさが、本作では比較的のびのびと描かれています。

石田拓実は1巻の巻末で、まだその生々しさは探り探り書いていると言っています。徐々にそのバランスをつかんでいったのか、身体的な盛り上がりシーンや心理的にざわっとする感じは回を追うごとにより緩急がつけられた展開になっていきます。

今回はそんな、回を追うごとにどんどん面白くなる君に勃つ物語『カカフカカ』の各巻のリアル要素をご紹介します!

 

『カカフカカ』あらすじ

『カカフカカ』あらすじ
出典:『カカフカカ』1巻

 

24歳の亜希はフリーター。彼氏に浮気され、同棲した家を離れて友人の紹介でシェアハウスに移り住むことになりますが、なんとそこには中学の同級生、本行が居ました。実は彼は亜希の初めての相手であり、黒歴史を思い出させる存在で……。

 

亜希のセルフイメージがこじらせ【1巻ネタバレ】

主人公の亜希はフリーター。嫌な思い出がある本行が居るシェアハウスに住むことを決めたのも、敷金礼金を払うのがきついから。背に腹は変えられないという切実なきっかけからです。

そんな亜希が黒歴史と語る中学時代、彼女は「ちょっと無敵」でした。「何の根拠もなく でも疑いもなく 世界の中心」は彼女だったのです。中学時代にありがちですよね。自分が特別だと思ってしまうこと。

そして高校、大学と進むうちに、多くの人々のように亜希も、自分が特に何もすごくないことに気づいていきます。 

出典:『カカフカカ』1巻

そしてだめ押しの就職活動。「1年近く 毎日毎日色んな会社に 特に理由も告げられずただ『いらない』といわれ続けて」。もうやめて!亜希のHPはもうゼロよ!

亜希のモノローグは読者の心にも刺さってきます。

セルフイメージの思い込みが人一倍強かったからか、彼女は今ではかなりのこじらせた卑屈さを発揮します。相手のことを褒めているようで「自分なんかだめで〜」と結局主語は本人で自分語り。聞いてるこっちもイライラするわ、っていう様子。それでもやっぱり何かあったら「自分だけ」特別なんじゃないかと期待してしまう気持ち。読んでいる読者の心もえぐってくる、こじらせ主人公なのです。

著者
石田 拓実
出版日
2014-08-12

君にだけ勃つ!?【1巻ネタバレ】

物語の主題、「君にだけ勃つ」設定は1話から早々に展開されます。亜希と本行は共同スペースの説明のため、台所に。微妙に開いた戸棚を閉めようとした時、亜希の頭上に鍋が落ちそうになります。

亜希をかばって後ろから抱きしめるような姿勢になる本行。普通の少女漫画なら、ドキッ!赤面!「ご、ごめん……」「ううん、私こそ……」的な流れなのですが、そこは石田拓実ワールド。

『カカフカカ』を実質無料で読む
出典:『カカフカカ』1巻

当たってるのです。背中に、何かが。そのままいい雰囲気になったり、冗談ぽくしてスルーしたりなど、様々な対処法があるかと思うのですが、天然記念物のような不思議ちゃん本行は特に何もリアクションせず、自分こそ不思議そうに首をかしげるのです。

「ちょっと相談があるんだけど 部屋いっていい?」

けしからんもっとやれ的な展開かと思いきや、実は本行は本当に困っていました。後日、相談させてくれなかった亜希に抱きつきながらこう言うのです。

「実は俺 ここ2年ほど ぜんぜんたちません」

ほんとかよと思いつつ、「自分だけ」に反応することを嬉しく思う亜希。それでもやっぱり体だけなのかな……と悩みます。

結局そんな彼の「勃ちトレ」に付き合うことになる亜希なのですが、少しずつ密着度が増えていく関係性の中で本行が言った言葉にふと疑問が湧きます。彼が言った「ヘンなことはしない」という言葉の意味を問うのです。

彼はすごく彼らしい言葉で亜希を動揺させるのですが……。と、ここまでが1巻の内容です。

著者
石田 拓実
出版日
2014-08-12

異性に求めるものって?長谷編【2巻ネタバレ】

それはシェアハウスの家主、長谷のひと言からでした。「寺田さんさ 俺と結婚しない?」特に亜希とこれといった胸キュン展開もなかった彼。その理由を長谷はこう言い連ねます。

「最低限の常識と生活能力はありつつ でもめんどくさそうな夢も目標も特に打ち込むものもなくて そこそこ世話好き気質だけど 自分に自信なくて卑屈で消極的だからヘンにでしゃばったり調子のったりもしなさそうで…なんかね」

「全体的にちょうどいいんだよ 寺田さんて」

出典:『カカフカカ』2巻

オブラートオブラート!忘れてる!!

最初ちょっと包んでたのに、オブラート溶けてきてるから!!!

長谷くんはそれまで多くの女性と付き合ってきたのですが、家庭環境のトラウマからか女性に少しでも押しつけがましい態度がみられると潔癖な反応をするキャラクター。計算高く、自分の本音を鉄壁のガードで守っている彼の性格は、何とも言葉に表し難い不快さを感じさせる母親との関係性から生まれたものでした。

2巻ではそのモンスターマザーが登場し、1巻ではあまり明かされなかった長谷の生い立ちが明かされます。亜希にとってただただ嫌なやつだった彼ですが、その内容にはじわじわと同情してしまいます。

著者
石田 拓実
出版日
2015-07-13

「特別」を期待する女心【2巻ネタバレ】

じわじわと焦らすように密着度が上がっていく亜希と本行の関係。徐々に亜希は身体的にも精神的にも本行ともっと近づきたいと思うようになります。

出典:『カカフカカ』2巻

ふたりの関係は精神的にも深まっていき、「ーーうん やっぱ寺田さんだと………」と本行は思わせぶりなことを言ったりもします。更にマスク越しのキスとかもしちゃったり。

そんな中で徐々に亜希は本行は自分のことをどう思っているんだろう、と意識し始めるのです。本行との事件を回想しながら赤くなる場面はもう、胸キュン!それぞれのシーンでもすでにキュンキュンさせられているのですが、思い返すという行為によって読者も再度その時のときめきが思い返されます。

彼は自分だけに何か特別な気持ちがあるのではないかと思い始めた矢先、ある衝撃の事実が明かされます。それは2巻収録最終話の長谷と本行、亜希の雑談から。

今まで彼女はいたが好きになったことはひとりも好きになったことはなかったと語る長谷。それは本行も同じだと言うのです。長谷が本行に「なぁトモ!」と聞くと、「うん ないね」と答えるのです。

そこで亜希はやはり既に結構本行に期待していたことを自覚し……。と、ここまでが2巻の内容。

複雑になっていくシェアメイトたちとの関係!【3巻ネタバレ】

本行の好きな人は今までひとりもいなかった発言にショックを受けていた亜希。自分だけは特別なんじゃないかと自惚れていたことを痛いと思いながらも、このことにより、彼に期待することがなくなって、それはそれで少し楽かもしれないと思うようになります。

そしてそのことにより、添い寝を申し込まれてもすんなりと受け入れるようになるのです。

そして彼女はその吹っ切れた頭のまま、添い寝をしながらこんなことを言ってしまうのです。

「本行さ 前言ってたよね
こーゆー状態になって 当然したいとは思うって(中略)
じゃ いいよ しても」

それを聞いた本行は、無理強いはしないと返すのですが、本当に彼女が嫌がってはいないのだということを確認し……。

著者
石田 拓実
出版日
2016-05-13

かなり強引に、というかいきなり近づいたふたりの距離。しかしルームシェアをしており、本行の小説に心酔しているあかりが、尊敬だけでなくガチで彼自体を好きだということに、亜希は気づいてしまいます。

しかもあかりはその気持ちに気づいたと思うとすぐに本行にプロポーズ。

ルームシェアには、家主であり、シェアメイトでもある長谷という青年もいるのですが、実は亜希も彼にプロポーズされている真っ只中。

本行といたしたあとに、それぞれが別の相手にプロポーズされるという異常事態になるのです。果たして4人の生活はどう変わっていくのでしょうか?

あかりと長谷の過去も明かされ、それぞれの人物に感情移入しやすくなってしまい、読者としてはあっちが立てば、こっちが立たず状態でもう大変です。

『カカフカカ』を実質無料で読む

こじれた関係のまま、シェアハウス生活は続く【4巻ネタバレ】

3巻で訪れたある危機も落ち着き、本行のために最後の添い寝をすることになった亜希。期待してはダメだと分かっているのに、つい彼と近くで接していると再び喜ぶようになっている自分に気づきます。

しかし、その幸せもつかの間。これで最後だと言ったことは必ず守るらしく、本行はあっさりとこの関係を終わらせてしまうのです。しかしそう言っておきながら終わる訳ではないようで、さらに本行の不思議ちゃんな性格が亜希を動揺させます。

彼はプロポーズした後から随分と積極的なあかりからデートに誘われ、亜希の目の前であっさりと承諾。

それでいて、その直後にふたりきりになると亜希にキスをしてこようとするのです。

「寺田さんが言ってくれたじゃん
キスすんのはへんなことじゃないって
……だからいいんだよね?」

著者
石田 拓実
出版日

一見するとクズ男ですが、本行は天然で大真面目。善悪の判断というか、心の機微というかがまったく足りないのです。小説家なのに……。

しかもこのあと亜希はさらに本行、長谷、あかりのまっすぐすぎる行動に振り回されていきます。

4人のシェアハウスですが、彼女がくるまでほとんどコミュニケーションがなかったというだけあり、亜希にすべて負担というか、しわ寄せというか……がいっている気がします。

本人は無自覚に掃除や料理をやっているからいいでしょうけれども。

しかしだからこそ面白い!これぞまさに大人の少女漫画とも言える、ハラハラでキュンキュンな展開をご覧ください。

あかりへの告白で事態はさらにカオスに?【5巻ネタバレ】

4巻で長谷、あかりがそれぞれの相手に本気だということを感じ取った亜希。それから彼らのことを考えてぐるぐるしていましたが、彼女も彼女で流されやすいところがあります。

そのせいで5巻では長谷と本行がバチバチ火花を散らしもしました(ただし一方的?)。

しかし亜希も流されるままではダメだと、あかりが本気で恋する様子を見て、言わないでいたことを彼女に言う決心をします。

著者
石田 拓実
出版日

しかしよくよく考えると、本行があかりに勃たないことを言っていない限り、それを勝手に言うのはよくないと思い直します。彼の編集でもあるあかりに、本行の勃たないことが書けないことにも繋がっていることを亜希が言うのは確かに筋違いです。

そして色々考えた末に亜希は……。詳しい内容は作品でご覧ください。

ここでの決断は悪くはないのですが、その話をしたその夜にさらに事件が起こってしまい、あかりが真実を知ることになるのです。

長谷がふたりの関係を、ポーカーフェイスで(を装って)、色々と計算して受け入れたのを見ていると忘れそうになりますが、そもそもこの状況がおかしく、あかりのようにショックを受けるのが当然なのですよね。

しかし亜希もなかなかタフ。そこから自分の短所とも向きあうきっかけをもらいます。どんどんカオスになっていく展開に読む手が止まりません!

『カカフカカ』を実質無料で読む

カオスなままに、それぞれが絆を深めていく【6巻ネタバレ】

6巻の始まりは、またしても流されやすい亜希のダメなところが描かれます。ついつい弱った長谷の姿を見て、彼に手を触れてしまいたくなってしまうのです。

実は彼はこれぞまさに、とでも言えるような毒親に苦しまされていたのでした。このポーカーフェイスもその環境ゆえだったのですね。

だからといって彼の頭に無防備に手を伸ばしてしまう亜希は、好かれている立場だという自覚が薄いし、身体的な誘惑に弱いしで、本当にダメ。しかしだからこそ人間くさいくて嫌いになれないなとも思わされます。

著者
石田 拓実
出版日

そんななか、5巻で一山乗り越えたものの、あかりと亜希の関係は側から見るとかなりおかしなことに。お互い本行が好きだと知っており、添い寝のことも理解した上で、それぞれの彼との近況や気持ちを相談しあうという謎の事態になっているのです。

あかりはちょっとずれたところがあるので納得ですが、亜希もなかなかのツワモノで、それをすんなりと受け入れます。むしろあかりの本行への気持ちや感情に、それぞれ見えている世界は違うのだな、と冷静に学ぶのでした。カオス……。

しかし何と言っても6巻の見所は、本行が中学時代に亜希をどう思っていたのかが明かされたことでしょう。

亜希は学生時代に別れた後から、彼から見抜かれているような、見下されているような気持ちを抱いていたのですが、拍子抜けするような本当の思いがあったのです。

しかしいいことだけでなく、今後を示すような長谷のふたりへの不吉な感想もあり……。

だらだらすることなく、中身の詰まった内容で展開し続ける物語。ますます目が離せません!

付き合うことの意味って?(中学生感)【7巻ネタバレ】

本行と付き合えることになったものの、今まで変わらない、むしろそっけなくなった彼の態度に悲しさを感じる亜希。「交際」「付き合う 意味」などと検索し始め、さらに悶々としてしまいます。

そんな時、長谷から優しくされ、まっすぐな思いをぶつけられた亜希は……。

ネタバレですが、付き合ってしまいます。

著者
石田 拓実
出版日

おい、いくらなんでもフラフラしすぎだろ!

読者としては頭をハリセンでひっぱたいてやりたいところですが、亜希は自分を好きな人と付き合う安心感、幸福感に浸ってしまい、まだ好きな気持ちがあるのに、本行を拒否。もう好きでいるのをやめる、と宣言し、ほとんど一方的に別れてしまうのです。

そんな7巻の見所は、珍しく自分の気持ちを表に出した本行、そして長谷。どちらもそれぞれに可愛さがあり、キュンキュンしてしまいます。

しかし、この一連の「本行付き合っても何か冷たいじゃん?」事件にはある事情があったのです……。

本当に石田拓実は読者をモヤモヤさせるのが上手……。詳しい内容は作品でご覧ください。

『カカフカカ』を実質無料で読む

長谷との交際の行方は……シェアハウス解散⁉【8巻ネタバレ】

ハッキリしない本行を離れ、長谷と付き合い始めた亜季。

付き合ってはじめてのお出かけは、一泊の温泉旅行に決定!部屋に露天風呂のついた旅館で、はじめて一夜を共に過ごすこととなった二人は……⁉

著者
石田 拓実
出版日

前巻のラストで、付き合いはじめの長谷に遠くへのお出かけを提案した亜季でしたが……帰ってきた返事は何故か、「シェアハウス解散」⁉

面食らった亜季を見てハッとなった長谷は、改めて一泊の温泉旅行を提案。今は長谷のことだけを考えようと決心した亜季は、長谷の本心も良く分からぬまま、二人での温泉旅行へと出掛けます。

長谷が用意してくれたのは、なんと部屋に露天風呂が付いた旅館。

コレはやはりそういう……⁉緊張しつつも亜季は、長谷と過ごす一夜に覚悟を決めますが……果たして、この温泉旅行の行方は……⁉

そしてそして、今巻のラスト!本行が遂に核心へと迫る!亜季と本行の関係はどうなってしまうのでしょうか……⁉

これからの展開から、目が離せない!
 

次に来るビター恋愛漫画『カカフカカ』をチェック!

著者
石田 拓実
出版日
2014-08-12


この他にもまだまだ生々しいシーンや心理描写が心に沁みてくるナマナマ恋愛漫画『カカフカカ』。ストーリーのあらすじ上重要な部分のみネタバレしてお伝えしましたが、まだまだ伝えきれていない魅力がたくさんあります。

過激な設定に目がいきがちですが、読んでいると心に直接触れてくるような心理描写に魅力があることが分かります。設定を通して揺れるキャラたちのリアルな気持ちをぜひ作品で味わってみてください!


作者・石田拓実については、以下の記事で詳しく紹介しています。気になった方は、あわせてどうぞ。

石田拓実おすすめ漫画ランキングベスト5!ややエロい、大人向け少女マンガ

石田拓実おすすめ漫画ランキングベスト5!ややエロい、大人向け少女マンガ

大人になっても読み返したくなる、石田拓実の癖になる少女マンガを5つご紹介します。リアルなキャラ設定で、ぐっと引き付けられる絶妙なストーリーは何度も読み返したくなる面白さ。大人女子もドキドキして続きが気になる事間違いなし!

もっと見る もっと見る