文芸
マンガ
エンタメ

赤西仁が俳優として出演した映画、テレビドラマをランキングで振り返り!原作も一覧紹介

更新:2020.8.7 作成:2020.8.7

ジャニーズのKAT-TUN出身で、独立後も目覚ましい活躍を続ける赤西仁。ルックスの良さや歌唱力は海外でも認められており、ドラマ『ごくせん』でブレイクしてからは俳優としても有名でした。 この記事では赤西仁の俳優時代を振り返り、おすすめ作品をランキングで紹介。出演作の役柄、原作の魅力もご紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

赤西仁のプロフィール!『ごくせん』などの話題作からYouTuberでの活躍まで

赤西仁は1984年7月4日生まれ、東京都出身の36歳です(2020年8月現在)。身長176cm、血液型O型。現在の事務所は自身が設立したGo Good Recordsです。

赤西仁はジャニーズのアイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー。本来オーディション不合格だったところ、故・ジャニー喜多川社長の鶴の一声で合格した逸話があります。

妻は女優の黒木メイサで、結婚がKAT-TUN時代に事後報告で行われたため、1年以上芸能活動を停止していたことも。

2005年、ドラマ『ごくせん』第2期に出演して大ブレイク。俳優としても活躍の場を広げ、2010年には映画初出演&初主演の『BANDAGE バンデイジ』が公開されました。

芸能活動の主体はアイドルとしてのKAT-TUNでしたが、2010年に音楽ソロデビューを果たし、翌年にリリースした初シングル『Eternal』(カップリング曲『ムラサキ』)が発売初週21万枚を記録してオリコン1位に輝いています。

赤西仁はジャニーズから独立後、山田孝之や同じジャニーズ出身の錦戸亮と組んで、音楽活動を継続中です。2人ともプライベートでも仲がいい友人だとか。

2020年4月、赤西仁は錦戸亮とともにYouTuberデビューしました。彼らの共同チャンネル「NO GOOD TV」は早くも話題沸騰し、「DMM英会話」とのコラボや山田孝之も加わった新番組が始まっています。

【赤西仁の出演作品一覧】映画、テレビドラマでの貴重な活躍を辿る

【映画】

『BANDAGE バンデイジ』(2010年) 原作『グッドドリームズ』

『47RONIN』(2013年)

【テレビドラマ】

『熱血恋愛道』case.2(1999年)

『熱血恋愛道』case.15(1999年)

『っポイ!』 第2話(1999年) 原作『っポイ!』

『ベストフレンド』(1999年)

『晴れ着、ここ一番』(2000年)

『太陽は沈まない』 第6話(2000年)

『お前の諭吉が泣いている』(2001年)

『史上最悪のデート』 11th DATE(2001年)

『Xmasなんて大嫌い』(2004年)

『ごくせん 第2シリーズ』(2005年) 原作『ごくせん』

『anego[アネゴ]』(2005年) 原作『anego』

『anego〜アネゴspecial〜』(2005年)

『有閑倶楽部』(2007年) 原作『有閑倶楽部』

強い独立心と行動力。赤西仁の魅力

強い独立心と行動力。赤西仁の魅力
www.amazon.co.jp

本業の歌手だけでなく、俳優、プロデューサーと多角的に活躍している赤西仁。衰えない人気の秘訣や、バイタリティ溢れる活動の原動力はなんなのでしょうか?

その大きな人気の1つは、なんと言っても女性人気の高いルックスです。赤西仁は2015年、アメリカの映画サイトが毎年発表する「世界で最もハンサムな顔100人」の34位に選ばれています。時に繊細、時にワイルド。世界でも通じるかっこよさは、赤西仁の代名詞と言っても過言ではありません。

さらに特筆すべきは、チャンスをモノにする行動力でしょう。ジャニーズオーディションの逆転合格、KinkiKids堂本光一のバックダンサー、1年半の芸能活動停止などなど。赤西仁はこれまで何度となく窮地や苦境に立たされながらも、わずかなチャンスを掴み取って大成功を収めました。

優れた歌手の技量、俳優としての確かな演技力などの地力があるとはいえ、やはり赤西仁の行動力には目を見張るものがあります。

その原動力はおそらく、常人離れした独立心です。彼は以前、「JINDEPENDENCE」と銘打ったソロライブツアーを行いました。「独立」を意味する英語Independenceをもじった造語ですが、この言葉に自らの名前「仁」をかけていることから、「独立」に対する赤西仁の強い自負や心意気が感じられます。

そうして確固たる自己を確立しているからこそ、どんな苦境にもめげることなく、チャンスを掴み続けて来られたのではないでしょうか。ファンはもちろん、ファンならずとも人として見習いたい姿勢ですよね。

NYLON JAPAN(ナイロン ジャパン) 2020年7月号には、そんな赤西仁に密着した写真がたっぷり掲載されています。気心の知れたパートナー・錦戸亮との撮り下ろし写真ばかりなので、気になった方はぜひこちらからチェックしてはいかがでしょうか?

【赤西仁の出演作おすすめランキング】5位『史上最悪のデート』

続いては赤西仁が出演した、ドラマ・映画のオススメ作品をランキング形式でご紹介します。まず5位は『史上最悪のデート』。

「史上最悪のデート」をテーマにした1話完結のラブコメ。出演者はいずれも、嵐やジャニーズJr.などの若手アイドルばかりでした。

赤西仁は第11話の主人公・万次郎で、顔も知らないメル友相手に一喜一憂する役どころでした

万次郎は待ち合わせ場所にいた美少女をメル友相手だと思い込むのですが、実は大きな勘違い。この美少女は完全に無関係の別人で、本当のメル友は何十歳も年上の老婆だった……というオチ。

勘違いとはいえ、一度盛り上がってからの急激な落差が非常に面白い作品でした。

【赤西仁の出演作おすすめランキング】4位『有閑倶楽部』

暇すぎて校内の問題に介入する、セレブな学園の生徒会が巻き起こすハチャメチャコメディ。さまざまな事件がオムニバス形式で描かれ、アクションやコメディなど幅広く楽しめるのが魅力です。

赤西仁は警視総監の息子・松竹梅魅録を演じました。警察の子なら真面目かと思いきやそうではなく、喧嘩っ早くてヤクザや裏社会にも精通する立派な不良。ドラマでも不良っぷりは健在で、ワルな演技が女性ファンに大好評となりました。またバイクシーンや格闘など、派手なシーンも満載でした。

この作品の原作はこちらでも紹介しています。

【赤西仁の出演作おすすめランキング】3位『47RONIN』

46人の浪人と1人の外国人が、領主・浅野内匠頭の仇討ちを誓う異色の時代劇。誰もが知る忠臣蔵を大胆にアレンジした意欲作で、キアヌ・リーブスの主演でも話題になりました。

赤西仁は赤穂浪士を率いる大石内蔵助の息子・大石主税役でした。キアヌ・リーブス演じるカイとは友好的で、親友と呼べるほどの仲になります。

赤西仁は『47RONIN』に出演するため、わざわざハリウッドへオーディションを受けに行ったという逸話があります。その情熱は出演が決まってからも衰えず、劇中で必要な殺陣や馬術の訓練にも熱心に参加したとか。

【赤西仁の出演作おすすめランキング】2位『anego[アネゴ]』

姉御肌の独身美女OL野田奈央子を中心とした人間ドラマ。アラサー女子の等身大の悩みが、多くの女性に共感されて、多大な支持を得ました。

野田奈央子に片想いする後輩・黒沢明彦を、赤西仁は好演。野田奈央子には基本的に相手にされなかったものの、劇中では他人の恋路に口出しするポジションでした。アネゴと慕う野田奈央子に付きまとう様子が、どこか小動物を連想させて女性ファンの心をガッチリ掴みます。

心に響く名言もあっため、黒沢明彦はかなり印象に残るキャラでした。

この作品の原作はこちらでも紹介しています。

【赤西仁の出演作おすすめランキング】1位『ごくせん』

実家がヤクザの破天荒な女教師ヤンクミが、担当クラスの問題児と交流する痛快作品。ヤンクミの二面性や不良学生とのやりとりがとにかく面白いです。ヤンクミの実家に出入りする強面のヤクザが、意外といい人ばかりだったりするのも見所。

赤西仁はドラマ第2シーズンの矢吹隼人役です。亀梨和也とともに、主役級の活躍を見せました。番長のような立場でありながら、力で抑圧するのではなく、信頼によって仲間を率いるようなリーダー像を見せました。彼らがあまりにもハマり役だったため、第2シーズンはシリーズでも特に人気が高いです。

この作品の原作はこちらでも紹介しています。

【テレビドラマ原作】ちょっとだけ出演する赤西仁に注目『っポイ!』(1999年)

ここからは、赤西仁の出演作のなかから原作があるものをピックアップして、その原作の面白さとともに紹介していきます。

女子のような見た目がコンプセックスの天野平。本作はそんな彼が親友の日下万里とともに、中学3年生という思春期特有のさまざまな悩みと向き合って行く青春ドラマです。

赤西仁はテレビドラマの主要人物ではなく、第2話にだけ登場しました。原作には出てこないサッカー部の村田で、山下智久演じる天野平に先んじて意中の女の子に告白する役でした。

テレビドラマでは放送時間の関係で恋愛が中心でしたが、原作漫画は受験や人間関係などのシリアスな描写も見所。基本的に明るく楽しい話だけに、時折差し込まれるリアルな描写が非常に魅力的です。テレビドラマ好きならさらにハマること間違いなしなので、ぜひ読んでみてください。

著者
やまざき 貴子
出版日

【テレビドラマ原作】第2期とは別物の漫画は『ごくせん』(2005年)

ヤンクミこと山口久美子には、本職・高校教師の他に、極道一家の後継ぎというとんでもない裏の顔がありました。本作は周囲に秘密で教師を続けるヤンクミが、癖の強い不良学生の問題を解決していく痛快熱血コメディです。

赤西仁が出演したのはドラマシリーズでもっとも人気の高い第2期。演じたのはクラスリーダー格の矢吹隼人で、亀梨和也の小田切竜とともに主役級の活躍をしました。

原作テレビドラマともに見所はヤンクミの二重生活と、生徒との熱い絆です。原作漫画はドラマ2期以降とまったく別物なので、視聴済みでも問題ありません。テレビドラマより過激な笑いあり、涙ありの原作漫画をぜひお楽しみください。

著者
森本 梢子
出版日

【テレビドラマ原作】恋愛ホラーというジャンルを築いた『anego』(2005年)

野田奈央子は勤続10年のベテランOLで、面倒見のよい姉御肌なため後輩に慕われていました。自分の結婚の時期を逃してしまった彼女は、後輩や周囲の女性に振り回されて、自分の意志とは無関係に恋愛にまつわるドロドロに巻き込まれていきます。

赤西仁は主人公にずっと恋心を寄せる後輩男子社員、黒沢明彦を演じました

原作小説は恋愛ホラーという、新しいジャンルを切り拓いた意欲作。テレビドラマでは抑え気味でしたが、原作小説では恋愛依存症や共依存など、触れにくい話題が満載されています。ラストにかけてテレビドラマと異なる衝撃的な展開が描かれるので、視聴済みの方でも新鮮な気持ちで楽しめるでしょう。

著者
林 真理子
出版日
2007-06-06

【テレビドラマ原作】赤西仁が主役のドタバタコメディ『有閑倶楽部』(2007年)

聖プレジデント学園の生徒会役員6人は、暇を持て余しすぎて校内の大小様々なトラブルに介入し、あらゆる手を尽くして問題を解決する学園屈指の特殊な生徒です。彼らはいつしか畏敬を込めて、「有閑倶楽部」と呼ばれるようになりました。

原作漫画とテレビドラマとで違いはほとんどありませんが、一部のみ設定やストーリーが違います。たとえば原作の主人公は剣菱悠理ですが、テレビドラマは赤西仁さんの演じた松竹梅魅録が主役。従来のイメージを覆す、見事な不良っぷりを好演しました。

恋愛のもつれや超常現象などは序の口で、誘拐事件から殺人まで起こるとんでもない学園コメディ。原作漫画のはっちゃけぶりはテレビドラマの比ではありません。百聞は一見にしかず、未読の方はぜひ原作にも触れてみてください。

原作の詳細が気になった方は、こちらの記事もご覧ください。

 <『有閑倶楽部』やっぱり名作!また読みたくなる7つの事実をネタバレ【無料】 >

著者
一条 ゆかり
出版日
2014-12-11

【映画原作】『BANDAGE』には携帯小説の原作があった!『グッドドリームズ』(2010年)

誰もがバンドブームの熱に浮かされていた1990年代。女子校生のアサコは偶然ライブで見かけたバンド「ルーツ」のファンとなり、幸運にもメンバーと仲良くなることに成功します。

本作は華やかな世界の光と影、人間関係を描いた恋愛ドラマです。赤西仁は「ルーツ」のボーカル、ナツを演じました。ぶっきらぼうな演技が、気難しいバンドマンをうまく表現していたと評判です。

原作は主人公アサコの一人称視点で進む携帯小説。設定はほぼ同じですが、人物名や展開などに違いがあります。原作は読書慣れしていない人でもスルスル読めるので、主人公に自分を重ねつつ読めば、より深く物語楽しめます。特に未読の映画ファンにオススメです。

著者
菅 知香
出版日

いかがでしたか? 赤西仁さんは『47RONIN』への出演を最後に、独立後はドラマなどに出演していません。しかしハリウッドデビューした実力は本物で、未だに彼の出演ドラマを評価する声が絶えません。原作に触れながらそんな赤西仁さんのドラマを振り返れば、きっと何倍も楽しめるはずです。ぜひ漫画や小説を手に取って、赤西仁さんの新しい魅力を発見してみてください。