山下智久が出演した作品一覧!実写化した映画、テレビドラマの原作作品の魅力を紹介

更新:2021.2.9

ジャニーズ事務所所属のタレントの多くが、何らかのグループで活動する中、脱退後ソロでも目覚ましい活躍を見せているのが山下智久です。端正な容姿だけでなく、演技派だと高評価。英語も堪能で、海外のドラマにも出演しています。こちらでは、そんな山下智久の魅力と合わせて、演じた役柄や作品についてご紹介していきます。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

英語が堪能な山下智久。今、何をしている?

まずは山下智久がどのような人物なのか、プロフィールを辿っていきましょう。

山下智久は1985年4月9日生まれ、千葉県の出身です。愛称は「山P」。1996年、滝沢秀明に憧れてアイドルを志すようになりました。ジャニーズ事務所に履歴書を送付し、合格と告げられないまま「ジャニーズJr.」として活動を開始します。「KinKi Kids」の専属バックダンサーを務めた後、1998年に生田斗真とユニットを結成。2002年には「Four Tops」というユニットを結成しました。

2003年9月15日に「NEWS」のメンバーとしてデビュー。数多くのバラエティ番組やドラマに出演する傍ら、プライベートではその翌年に一般推薦で明治大学商学部に入学しました。大学は2008年9月に卒業。グループ活動と並行して、ドラマでの共演をきっかけに2005年11月に亀梨和也と期間限定ユニット「修二と彰」を結成、CDが大ヒットするなど話題となりました。12年後に再び共演したことから「亀と山P」として再びユニットを結成しています。

2006年5月にソロデビュー。『クロサギ』でドラマ・映画ともに初主演を務めるなど、俳優としても活躍が目立ちます。ソロ活動に専念することなど、様々な理由もあり2011年に「NEWS」を脱退。しかし、アルバムをリリースしたりユニットを組んだりと、歌手としての活動も継続しています。

2020年5月現在は、ジャニーズ事務所の新型コロナウイルス感染防止支援活動の一環として、総勢76名が参加する期間限定ユニット「Twenty★Twenty」に参加することが発表されました。

そんな山下智久ですが、特技の1つは英語。小学6年生の時にロサンゼルスに行ったことがきっかけで英語を学ぶようになりました。英語番組のMCを担当したり、2015年ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』でも流暢な英語を披露。2020年放送予定の国際連続ドラマ『THE HEAD』はもちろん全編英語の作品ながら、メインキャストとして参加しました。海外の有名俳優との交流も広がっています。

端正で細身という印象がありますが、実はかなりの肉体美の持ち主。20歳ころから筋肉が付き始めたようで、腹筋背筋各100回、30分のトレーニングのほか、週2ペースで腕立て60回としっかり身体を鍛えています。ほかにもボクシングやサーフィンなども行っており、身長174㎝64キロ、体脂肪は1桁などという噂も。

身体だけでなく髪型にも注目が集まっています。特に同年代の男性からは真似したいという声が多くみられました。長めの髪をアレンジしていましたが、2016年に短髪にして周囲を驚かせました。2017年ドラマ『ボク、運命の人です。』では、黒髪短髪ヘアを披露。長めの茶髪というイメージがあっただけに、新鮮だと大きな話題となりました。

山下智久の魅力

アイドルとして第一線で活躍し、現在でも俳優や歌手など表現者として活動している山下智久。高い演技力や端正な顔立ち、落ち着いてクールな雰囲気だけが多くの人を惹きつけているわけではありません。こちらでは、山下智久のことがもっと好きになる、魅力に迫っていきます。

山下智久の魅力を挙げていくとキリがありません。しかし、その多くは外側から見たものになってしまうでしょう。カッコいい、おしゃれ、歌や演技が上手いなどなど。しかし、それだけではこれほど長く多くの人の心を掴むことはできません。山下智久の魅力とは外見的な物だけでなく、内面にあるのです。

何でも出来る人は努力をしないだろう、とイメージしがちですが、山下智久はかなりの努力家。自分が何をしたいのかということに明確なビジョンを持っており、実現するためには何が必要かを考え、努力していくことができます。

たとえば英語は、英会話スクールに通ったわけではなく習得はほぼ独学。ネイティブな友人との会話や文章のやり取りをすべて英語にし、プライベートではロサンゼルスのアクターズスクールでレッスンを受け、英語力を磨きました。

ストイックな面は身体にも現れています。筋肉がすごいと話題になっていますが、一朝一夕で筋肉を作ることができません。長年の努力が積み重なっているということを、一目見ただけでも察することができるでしょう。映画『あしたのジョー』では、さらに過酷な食事制限と厳しいトレーニングを課し、原作ファンも納得の矢吹丈を演じています。

また、考えていることを隠さず、自身の言葉で発信していくところも魅力の1つ。「NEWS」脱退後のソロコンサートの際、自身のネガティブな感情を織り交ぜ、自身に宛てた手紙を公開しました。どの媒体でのインタビューでも、当たり障りのない回答ではなく、自身の考えていることを自身の言葉で伝えています。

新しいことに常に挑戦し続けるポジティブさと、必要なことに対して努力ができるという精神性は同じ人間として見習わなければと思わされます。また、派手そうに見えて実は礼儀正しく規範から反れないところも魅力といえるでしょう。

演技や音楽として表現されるものだけでなく、人間として成熟した魅力があるからこそ、多くの人が山下智久に惹きつけられるのです。そんな人間的な魅力もうかがい知れる、充実したインタビュー記事も掲載されたこちらもおすすめです。

著者
[]
出版日

次からは、山下智久が出演作のうち、原作のある作品を演じた役柄や原作の見所を含めてご紹介していきます。数多くの有名作に出演していますが、原作付きの映像作品は、原作を知ったうえで見るとまた違った印象を受け、何倍も楽しむことができますよ。

【映画原作】『あしたのジョー』(2011年)

まずは映画化した作品の原作からご紹介していきましょう。『あしたのジョー』は、謂わずと知れた名作ボクシング漫画。東京は山谷のドヤ街に現れた喧嘩のめっぽう強い少年、矢吹丈が元ボクサーの丹下段平と知り合い、紆余曲折ありながらもプロボクサーとしてライバル力石徹へ戦いを挑んでいくのでした。

矢吹丈と力石徹の、文字通り全力の戦いを描いたボクシング漫画の金字塔として、幅広い世代に愛される本作。主題歌が耳に残るという人も多い1970年のテレビアニメ化をはじめ、幾度も映像化されています。2011年の映画版は、設定の一部や話の展開が変更されていますが、丈と力石の熱い戦いを見ることができます。

山下智久は主人公矢吹丈を演じました。共演者が話しかけるのをためらうほど自身を追い込んで減量をしただけあり、身体の仕上がりは見所の1つ。自分でも初めて見たという、怒った顔も必見です。

有名作品だしあらすじは知っているけど未読、という方はこちらの記事もどうぞ。胸が熱くなる名言を堪能することができます。 

<『あしたのジョー』登場人物10人の名言を徹底紹介!名作漫画を最後まで解説>

著者
["高森 朝雄", "ちば てつや"]
出版日
2002-02-08

【映画原作】『近キョリ恋愛』(2014年)

漫画『近キョリ恋愛』は、学校を舞台にした教師と生徒の恋愛を描くラブコメディ作品です。成績優秀で運動神経も抜群、表情筋が動かないため「氷点下ガール」の異名を持つ枢木(くるるぎ)ゆに。唯一苦手な英語の成績を、臨時教師の櫻井ハルカに指摘され、特別授業を受けることになります。美形なハルカに興奮しつつも、ツンデレな性格で素直になれないゆにと、他の女の子と違うゆにに興味を持つハルカ。2人の距離はどんどん近づいていくのでした。

教師と生徒の禁断の恋を描いていますが、ゆにのツンデレな性格や他の個性的なキャラクターの存在もあり、コミカルかつライトな雰囲気。明るい気持ちで恋物語を楽しむことができる作品です。映画では、ゆにとハルカの性格が反対になっているなど、変更点は多め。ラブコメではなく、純愛映画になっています。山下智久は櫻井ハルカを演じました。上から目線な役柄は意外と気持ちがいい、とコメント。本人も赤面するほどの甘いラブシーンは必見です。

なお本作はテレビドラマ『近キョリ恋愛~Season Zero~』が2014年7月から10月にかけて放送されていますが、こちらの主な舞台は10年前。櫻井ハルカが高校生の頃の恋愛模様が描かれました。17歳のハルカを演じているのは、当時ジャニーズJr.の阿部顕嵐。山下智久は1話と12話に10年後のハルカとして登場しています。

著者
みきもと 凜
出版日
2008-03-13

【映画原作】『テラフォーマーズ』(2016年)

敵の想定外のビジュアルに衝撃を受ける漫画『テラフォーマーズ』は、近未来の火星を舞台にしたSFアクション漫画。火星を人類が住めるよう環境を改造するため、苔とゴキブリを撒くという計画が始動しました。西暦2599年、計画の総仕上げとしてゴキブリを駆除するため、15人の若者が火星に降り立ちます。彼らは、想定外の進化を遂げ人間たちを駆除しようとするゴキブリと相対することになってしまうのでした。

進化したゴキブリ「テラフォーマー」のビジュアルから動きに衝撃を受ける本作、火星に降り立った人間たちの織り成すドラマも見所の1つです。2016年4月に公開された映画は、原作第1巻部分にあたる「バグズ2号編」のエピソードを元に制作されました。

山下智久は元キックボクサーという武藤仁役を演じています。武藤は周囲に敵意剥き出しで、ハングリーな役柄。鋭い空気はもちろん、キックを多用するアクションも見所です。また、ビジュアルも短髪と普段とは違った姿を見ることができます。

その後の火星がどうなるのか、気になるという方はこちらの記事もご覧ください。

『テラフォーマーズ』20巻までネタバレ考察!ゴキブリ(じょうじ)がすごい

著者
橘 賢一
出版日
2012-04-19

ここからは、テレビドラマの原作作品をご紹介していきます。

【テレビドラマ原作】『BOYS BE…』(1998年)

学校を舞台に、思春期の少年少女の恋愛模様を描く『BOYS BE…』。基本的に1話完結のオムニバス形式で、高校生活で恋愛成就させることを目標として活動する「恋愛生活協同組合(Love CO-OP)」を軸に、様々な男女が登場。口喧嘩やすれ違いを経て絆を深めていく様子が描かれています。パンチラといったちょっとしたお色気シーンがあるほか、大方ハッピーエンドを迎えるのが大きな特徴です。
 

テレビドラマは『BOYS BE… Jr.』というタイトルで放送されていました。ジャニーズJr.の冠番組内で放送されており、ドラマにはジャニーズ事務所所属のタレントが数多く出演しています。山下智久は8話に登場、初めてのデートに奮闘する主人公の瀬尾を演じました。当時13歳、ドラマ初出演作品ということもあり、初々しい演技を見ることができます。

著者
玉越 博幸
出版日
2018-04-09

【テレビドラマ原作】『っポイ!』(1999年)

身長が低く容姿が女の子っぽいことがコンプレックスの主人公・天野平と、幼馴染で勉強もスポーツも器用にこなすモテ男・日下万里を中心に、恋と成長を描く青春ストーリーが漫画『っポイ!』です。男女それぞれの友情の形に魅了される本作ですが、受験や恋愛のことだけでなく、友人との関係など登場人物たちのリアルな心理描写が見所の1つ。元気で明るい物語の中に、本音が混ざり込みハッとさせられます。

1999年にドラマが放送され、山下智久は主人公の天野平を演じました。役柄的には中学3年生にして身長150㎝とごく小柄な設定ですが、万里役の相葉雅紀と大幅な身長差はありません。バスケ部に入部し、がむしゃらに頑張る、中学生らしくまっすぐな演技を見ることができます。

著者
やまざき 貴子
出版日

【テレビドラマ原作】『新耳袋』(1999年)

世の中に広がる怖い話の多くは、誰かが体験したものとして伝わっています。怪談集『新耳袋』もその1つ。木原浩勝と中山市郎が怪異体験をした人に取材を重ね、プライバシーを尊重しながらまとめています。なかには登場する人物全員が死亡してしまうという話もあるため、完全なるノンフィクションであるとは言えないようですが、誰かが体験したであろう怪異として楽しむことができます。

そんな『新耳袋』シリーズを原作としたテレビドラマが『怖い日曜日~新章~』です。前作『怖い日曜日』の続編という位置づけの番組で、山下智久をはじめジャニーズJr.のメンバーが異界からの使者として番組をナビゲートしていきます。山下智久は番組のナビゲーターのほか、最終回となる第13回に登場。もう1人の自分に出会うという役柄ですが、ホラー作品への出演はあまり多くはなく、貴重な姿を見ることができます。

著者
["木原 浩勝", "中山 市朗"]
出版日

【テレビドラマ原作】「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ(2000年)

社会現象を巻き起こすほどのヒットドラマは過去何作も登場していますが、本作『池袋ウエストゲートパーク』もそのうちの1つといえるでしょう。原作は石田衣良の同名短編小説。東京池袋西口公園近くにある果物屋の息子、真島誠を主人公に、池袋や東京の街で起こる様々な事件を解決していきます。

原作が短編集ということもあり、ドラマでは脚本を担当した宮藤官九郎により、大幅な物語の展開や、一部キャラクターの設定が変更されました。山下智久が演じたのは水野俊司、通称シュンという少年です。イラストが得意なアニメオタクで、万引き事件をきっかけにマコトたちと行動をともにするようになります。内気なオタクという、本人の印象からはかけ離れた役柄ですが、マコトに懐いているなどちょっと可愛らしいところも見ることができます。

ドラマが大人気となった本作、2020年にはテレビアニメが放送されます。原作はどうだったのか、予習復習も兼ねてこちらの記事もご覧ください。

<「池袋ウエストゲートパーク」アニメ化で抑えるべきポイントを原作から解説!>

著者
石田 衣良
出版日
2001-07-10

【テレビドラマ原作】『カバチタレ!』(2001年)

行政書士とは、官公庁への書類提出をはじめ、様々な書類の作成や手続きを代理でおこなうことができる国家資格が必要な専門職です。ちょっとマイナーながら重要な職業である行政書士事務所を舞台とした作品が『カバチタレ』。正義漢な主人公、田村勝弘が様々な法律知識を駆使し、依頼人を守るべく奮闘する姿を描きます。

シリーズが長く続く人気作品ですが、ドラマでは大幅な変更が加えられました。主人公が田村希美となっているなど、性別や設定が異なっている人物がいるほか、原作にはあまりなかったラブコメ要素が加えられています。山下智久は、常盤貴子演じる田村希美の弟、田村優太役。何かとトラブルに巻き込まれる姉を心配する姿に、こんな弟が欲しいと感じる人も多いのではないでしょうか。最後には意外な展開が待っており、驚かされます。

著者
["東風 孝広", "青木 雄二", "田島 隆"]
出版日

【テレビドラマ原作】『漂流教室』(2002年)

作者・楳図かずおはタレントとしても活動しており、奇抜なキャラクターも相まって、ホラー漫画家という側面を忘れられがちです。『漂流教室』は、そんな楳図かずおが描いたSFホラー作品。荒廃した未来の世界に学校の校舎ごと転送されてしまった主人公たち大和小学校6年生が、生き抜くために生存競争をくり広げていきます。

残酷描写への耐性が低い方は要注意。登場人物が小学生ということもあり、飢餓による苦しみから生まれる抗争は、想像を絶する衝撃を読者にもたらします。ドラマは『ロング・ラブレター~漂流教室~』として、設定を大幅に変更し放送されました。原作では死亡している教師が生存し、小学生から高校生へ改変。残酷な描写は無くなっています。山下智久は、2年生で落ちこぼれ集団の1人、大友唯を演じています。登場人物の多い作品ですが、存在感は抜群。極限状態の中、悩みながら生きようとする姿を真摯に演じています。

著者
楳図 かずお
出版日

【テレビドラマ原作】『ぶどうの木―10人の“わが子”とすごした、里親18年の記録』(2003年)

世の中には多くの人々が生活し、それぞれの事情を抱えています。中には何らかの事情で子どもを手放す人も少なくありません。そうして公共の施設に預けられた子供を自身の子どもとして引き取り、養育していくのが里親制度です。『ぶどうの木―10人の“わが子”とすごした、里親18年の記録』は、子どもに恵まれなかった作者の坂本洋子夫妻が里親として過ごした日々や葛藤が書かれたノンフィクション作品です。

そういった制度があると知っていても、実際の現場や里親たちの状況や子どもたちの様子は知ろうとしない限り、知ることはできません。子どもたちの成長は微笑ましいですが、その裏にある悲しい出来事や制度の問題点が明らかになるなど、考えさせられます。ドラマでは登場人物の名前が変更されていますが、ほぼ原作に忠実に描かれています。

山下智久は17歳の新藤陽介役。引き取られ、里親に育てられた少年です。生い立ち故に精神的に不安定、さらに思春期という難しい年ごろを迎えた陽介を丁寧に演じました。結末は涙なしでは見られません。ぜひハンカチやティッシュをご用意ください。

著者
坂本 洋子
出版日

【テレビドラマ原作】『ドラゴン桜』(2005年)

受験に不要な物の筆頭とされる漫画ですが、本作においてはその定説は当てはまりません。三田紀房の漫画作品『ドラゴン桜』は、元暴走族ながら弁護士という異色の経歴の持ち主・桜木建二が主人公。経営破綻してしまった私立高校の運営問題解決を依頼され、その一環として進学実績を上げることを掲げ、受験指導を行っていきます。その受験テクニックや勉強法が注目を集め、受験生のバイブルとなりました。

ドラマ版は桜木の着任理由や設定に一部変更があるほか、原作ほど受験テクニックを重視しているわけではありません。生徒たちの人間的成長を中心に描いていきます。山下智久は桜木が着任する龍山高等学校3年特進クラスに所属している矢島勇介役。原作とは一部設定が異なっており、ドラマでは父親が蒸発し母親と2人暮らし。多額の借金を抱えており、東大合格と引き換えに桜木が出資を持ち掛けます。勇介はヤンチャな性格で負けず嫌い。チャラそうに見えて真面目なところもあり、自身と重なる部分もある役柄です。

息抜きしながら勉強テクニックを習得したい、そんな希望を抱く受験生や保護者の皆さん、受験期を思い出したい方も、こちらの記事をご覧ください。

<無料で読める漫画『ドラゴン桜』の勉強法を徹底紹介!【ネタバレ注意】>

著者
三田 紀房
出版日
2003-10-22

【テレビドラマ原作】『野ブタ。をプロデュース』(2005年)

『野ブタ。をプロデュース』は文藝賞を受賞、芥川賞の候補にもなった小説です。高校生の桐谷修二はクラスの人気者。大した努力もせずにある程度何でもこなせるため、人生はつまらないと考えていました。同級生を内心で嘲りながらも、誰からも一歩引いて接してしまう自分に悩んでいたある日、季節外れの転校生がやってきます。修二は暇つぶしに、典型的ないじめられっ子・小谷信太通称「野ブタ」を人気者にプロデュースすることを思いつくのでした。

主題歌が大ヒットしたことでも記憶に残っているドラマは、大きな変更点があります。原作では男子だった「野ブタ」が女子に変更。冴えない地味女子の小谷信子を、イケてる女の子へと変身させていきます。

山下智久は主人公・桐谷修二の自称親友というポジションの草野彰という、ドラマオリジナルキャラクターを演じました。裏表のある修二とは対照的に、思ったことがすぐ口に出てしまう性格の持ち主。語尾や話し方に大きな特徴があり、ちょっとしたしぐさにも注目しておくと楽しい人物です。学生らしくのびのび過ごす彼にも葛藤が垣間見られ、複雑な精神を抱えるキャラクターを的確に表現しています。

著者
白岩 玄
出版日

【テレビドラマ原作】『クロサギ』(2006年)

電話やネットを利用した詐欺事件が日々メディアを賑わせています。今も昔も、他人をだます人がいなくなることはありません。漫画『クロサギ』は、詐欺師たちの物語。人とだまして金銭を巻き上げるシロサギ、異性の心と体を弄ぶアカサギ、詐欺師によって家族を失った主人公・黒崎高志郎が、詐欺師たちを騙し報復するクロサギとなり立ち向かっていく姿が描かれています。

ドラマでは、1話完結型となっており各話で違う詐欺事件を扱っています。また、詐欺師やその仲間役で多くの俳優が登場。どのような役割りを持った人物なのか、予想しながら見るのも楽しみの1つです。本作は、山下智久のドラマ初主演作品となりました。演じているのは、主人公の黒崎高志郎です。詐欺師を騙す詐欺師という役柄から、ダークヒーロー的存在。普段は飄々としているので、高志郎の抱える重い背景を感じさせないのですが、ふとした瞬間の表情に、深い怨讐を感じさせます。

映画『クロサギ』は、ドラマ放送の2年後2008年3月に公開されました。テレビドラマの続編という扱いで、詐欺を束ねる業界の黒幕という強大な敵に挑んでいく姿が描かれています。テレビシリーズの続編ということもあり、初見では少々情報不足に感じる部分も。しかし、ドラマシリーズ同様、山下智久の闇を秘めた演技が光ります。

著者
["黒丸", "夏原 武"]
出版日

【テレビドラマ原作】『金田一耕助VS明智小五郎』(2013年)

古今東西難事件に立ち向かっていく探偵は数あれど、ではどの探偵の推理が1番優れているのか、気になる読者もいるのでは。そんな、ミステリファンの妄想を叶えてくれるのが芦辺拓『金田一耕助VS明智小五郎』です。横溝正史の人気シリーズで探偵を務め、おかま帽子によれよれの袴が特徴の金田一耕助と、江戸川乱歩の小説に登場する、容姿端麗で笑顔を絶やさない私立探偵明智小五郎。数々の事件を解決している明智に対し、探偵を始めた頃の若い金田一が新鮮に映ります。

パスティーシュ(作風を模倣すること)短編集として、読者の夢を叶えてくれる本作が、2013年山下智久と伊藤英明のダブル主演でドラマ化されました。山下智久が演じたのは、金田一耕助。興奮すると頭をかきむしることで知られている金田一耕助ですが、若い頃ということもあり、しぐさはわりとソフト。溌溂とした若さがあり、過去幾人もの俳優が演じてきた金田一耕助の、新たな一面を見せています。

著者
芦辺 拓
出版日
2013-03-23

【テレビドラマ原作】『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』(2014年)

前述した芦部拓のパスティーシュ短編集の続編です。『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』というタイトルの通り、前作同様金田一耕助と明智小五郎が登場し、難事件や怪事件を解決していく、という流れ。金田一はまだまだ若く、ピンチになることもしばしばあるという状態、明智が手を貸し共闘する姿を見ることができます。作風は江戸川乱歩作品に近く、本家を知っているとニヤリとできる作りも、ミステリファンにはたまりません。

ドラマも続編が作られ、山下智久は引き続き、若き金田一耕助を演じています。前作は薬問屋が舞台でしたが、本作では男爵家での殺人未遂事件や、江戸川乱歩作品に登場する怪盗、怪人二十面相から予告状が届くなど、より盛りだくさんに。山下智久の、ちょっとヤンチャな金田一耕助の真剣なところはもちろん、コミカルなシーンも見逃せません。

本作はパスティーシュ作品なので、原典を読んでおくと隅々まで楽しむことができます。日本を代表するミステリ小説、気になる方はこちらの記事もご覧ください。

<「金田一耕助」シリーズおすすめ小説ランキングベスト10!>

著者
芦辺 拓
出版日

【テレビドラマ原作】『アルジャーノンに花束を』(2015年)

アメリカの作家、ダニエル・キイスによるSF小説です。とはいえ、宇宙や未来が登場するわけではありません。本作は現代が舞台。知的障害を持つ青年、チャーリーはクラス担任から開発されたばかりの脳外科手術を受けてみないか、と言われます。脳の手術により突如IQ168の天才となったチャーリーでしたが、未成熟だった精神では頭脳とのバランスが取れず、苦悩していきます。

知能が発達していれば万能であり、幸せなのだろうか、そんなことを考えさせられる本作は、全世界で映像化されています。日本でも2度ドラマ化されており、2015年版では山下智久が原作のチャーリーにあたる主人公、白鳥咲人を演じました。ドラマでは28歳、花の配送センターに勤務しています。最初は6歳児ほどの知能しかないため、繊細ながら無邪気。笑顔に癒されますが、高知能を手に入れた後の苦悩を考えると複雑な心境になるのは必至。ストーリーはもちろんのこと、演じ分けにもご注目ください。

原作は文体が特徴的。最初の動物実験で高い知能を手に入れたネズミのアルジャーノン、そしてチャーリーにどんな結末が訪れるのか、原作とあわせてこちらの記事もご覧ください。

5分で分かる『アルジャーノンに花束を』!タイトルの意味や結末から考察!

著者
ダニエル・キイス
出版日
2015-03-13

【テレビドラマ原作】『5時から9時まで』(2015年)

結婚は人生の一大行事ですが、特に女性は今までの生活様式を大幅に変更せざるをえない状況になることも少なくありません。英会話学校の非常勤講師、桜庭潤子を主人公に、登場人物の恋愛事情が交差する漫画『5時から9時まで』。複雑な人間関係や赤裸々な恋愛観は、どきっとさせられる場面も多め。その中で、スキルアップをして自身の夢を追う潤子の姿に共感する女性も少なくないのではないでしょうか。

2015年放送のドラマではタイトルを『5→9〜私に恋したお坊さん〜』に変更。年齢や性格に一部変更が見られるほか、潤子と相手役となる僧侶・星川高嶺の出会いのシーンなどオリジナルな部分も存在しています。山下智久は星川高嶺役。「え、髪を剃ったの?」と心配されるかと思いますが、ご安心ください。髪の毛はきちんと存在しております。とはいえ、そんな美坊主がいるのかというくらいのイケメンっぷり。貴重な袈裟姿はもちろん、独占欲全開かつ激甘なセリフの数々をご堪能ください。

著者
相原 実貴
出版日
2010-06-25

【テレビドラマ原作】『インハンド』(2019年)

日本では数多くの医療漫画が出版されています。それぞれ専門性が違うこともあり、読者は毎回新鮮な驚きを提供されると同時に、自分の身体の中や医療体制について、考えさせられることも多いのではないでしょうか。朱戸アオの漫画作品『インハンド』もそんな医療漫画の1つ。右手が義手という寄生虫の専門家が、驚くべき方法で難事件を解決していきます。主人公、紐倉哲の専門が寄生虫という、今までにない役柄に目が行きがちですが、医療知識は多岐にわたっており、感染症やドーピングなど、耳にしたことのある話題も多いのが特徴です。

山下智久といえば、大ヒットした医療ドラマ『コード・ブルー』シリーズで救命センターの医師を演じていました。主人公・紐倉哲を演じていますが、同じ医療の作品でも、こちらはミステリ色が強くまた違った印象を受けます。人嫌いでプライドが高く、天才ゆえの言動が目立ちますが、知識が豊富なため難解なセリフが多め。義手の作りがSFっぽく、山下智久のビジュアルにもマッチ。動物たちと過ごす姿にも注目したいポイントです。

バディものとしても楽しめる本作。様々な不可解な死を取り扱っており、昨今の事情を考えると気になるワードが出てくるハズです。気になる方はこちらの記事もどうぞ。

 

<漫画「インハンド」3つの魅力を解説!ドラマ化原作が面白い【ネタバレ注意】>

著者
朱戸 アオ
出版日
2016-07-22

【出演作品一覧】山下智久のテレビドラマは映画化・シリーズ化連発!

ここまでみてきたように、男女問わずカリスマ的人気を誇る山下智久。アイドルとしてだけでなく、俳優として演技力を高く評価され、数多くの作品に出演しています。紹介したもの以外にも出演している作品を、一覧でご紹介します。

【映画】

『映画 クロサギ』(2008年)

『あしたのジョー』(2011年) 原作『あしたのジョー』

『近キョリ恋愛』(2014年) 原作『近キョリ恋愛』

『テラフォーマーズ 』(2016年) 原作『テラフォーマーズ』

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)

『サイバー・ミッション』(2019年)   


 

【テレビドラマ】

『BOYS BE…Jr.』 第8話(1998年) 原作『BOYS BE…』

『少年たち 』(1998年)

『熱血恋愛道 第7話「蟹座のO型BOY」』(1999年)

『っポイ!』(1999年) 原作『っポイ!』

『危険な関係』第10話、最終話 (1999年)

『怖い日曜日〜新章〜 第13話「ドッペルゲンガー」』(1999年) 原作『新耳袋』

『池袋ウエストゲートパーク』(2000年) 原作「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ

『史上最悪のデート』 第1話(2000年)

『オールスター忠臣蔵まつり』(2000年)

『カバチタレ!』(2001年) 原作『カバチタレ!』

『少年は鳥になった』(2001年)

『ロング・ラブレター〜漂流教室〜』(2002年) 原作『漂流教室』

『ランチの女王』(2002年)

『演技者。』第9話(2003年)

『Stand Up‼』(2003年)

『ぶどうの木〜里親と子供たちの愛の物語〜』(2003年) 原作『ぶどうの木―10人の“わが子”とすごした、里親18年の記録』

『それは、突然、嵐のように…』(2004年)

『ドラゴン桜』(2005年) 原作『ドラゴン桜』

『野ブタ。をプロデュース』(2005年) 原作『野ブタ。をプロデュース』

『クロサギ』(2006年) 原作『クロサギ』

『白虎隊』(2007年)

『プロポーズ大作戦』(2007年)

『プロポーズ大作戦スペシャル』(2008年)

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年)

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-新春スペシャル』(2009年)

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』(2010年)

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』(2017年)

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(2009年)

『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』(2012年)

『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2012「赤い爪」』(2012年)

『MONSTERS』(2012年)

『SUMMER NUDE』(2013年)

『金田一耕助VS明智小五郎』(2013年) 原作『金田一耕助VS明智小五郎』

『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』(2014年) 原作『金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび』

『独身貴族 第7話・最終話 』(2013年)

『近キョリ恋愛〜Season Zero〜 』(2014年) 

『なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか?〜心の科学者・成海朔の挑戦〜』(2014年)

『なぜ家族は消されたのか?心を操る恐怖のサイコパス〜成海朔の挑戦II〜』(2015年)

『アルジャーノンに花束を』(2015年) 原作『アルジャーノンに花束を』

『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(2015年) 原作『5時から9時まで』

『ボク、運命の人です。』(2017年)

『インハンド』(2019年) 原作『インハンド』

いかがだったでしょうか。人気となり、シリーズ化やドラマと映画、両方制作されている作品も多いということがわかります。出演している作品数も多いため、どの作品で俳優・山下智久を知ったのか、話題にしても盛り上がりそうです。

アイドルとしてカリスマ性を発揮している山下智久の、様々な一面を知るきっかけになったとすれば幸いです。山下智久は原作を読んでから撮影に挑むことも多く、どのように役を解釈したのか、知るきっかけとしてぜひ原作もお手に取ってみてください。

もっと見る もっと見る