文芸
マンガ
エンタメ

有村架純が実写化で出演した映画、テレビドラマの原作を紹介!「かわいい」が溢れる役総まとめ

更新:2020.10.27 作成:2020.10.27

朝ドラ『ひよっこ』やテレビドラマ『中学聖日記』でヒロインを務める有村架純。他にも代表作は数え切れないほど、近年大活躍の女優です。どの映画やテレビドラマで見てもかわいい有村架純は演技力もピカイチ。この記事では、有村架純が演じた役柄と作品を一覧化して紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

有村架純のプロフィールを紹介。『あまちゃん』で大ブレイクを果たした女優人生を紐解く!

2020年10月からスタートのテレビドラマ『姉ちゃんの恋人』で主演を務める有村架純。「肝っ玉姉ちゃん」の演技に期待がかかる有村架純について、まずは簡単なプロフィールから紹介します。

有村架純は1993年2月13日生まれの27歳(2020年10月)。出身は兵庫県伊丹市で、2013年には伊丹市大使に任命されました。

2009年に芸能事務所フラームのオーディションに合格。翌年芸能活動を始め、『ハガネの女』でテレビドラマ初出演を果たします。

大ブレイクのきっかけとなったのは2013年朝ドラ『あまちゃん』。昭和漂うアイドルヘアの有村架純がかわいいと話題に。同年「2013タレントCM起用社数ランキング」ではトップ10入りを果たし、一気にお茶の間に名を広げました。

そして2015年は有村架純にとって飛躍の年になります。最難関受験に挑む金髪ギャルを熱演した『映画 ビリギャル』はアカデミー賞受賞作に。さらにピュアな女子高生役が好評だった映画『ストロボ・エッジ』と合わせてブルーリボン賞を受賞する快挙を達成します。

キャリアを重ねても、どの映画やドラマを見ても「かわいい」と評判になる有村架純。身長は160㎝と程よい高さで小顔効果のある彼女のヘアスタイルは女子から真似したいと人気だそう。 公式インスタでは愛らしい笑顔や撮影のオフショットなど有村架純の魅力がたくさん見られます。

有村架純はかわいい!おじ様から若い女性までが支持する女優としての魅力

有村架純はかわいいうえに見た人を引き込む力の持ち主。とにかく「かわいい」と若い男性から支持が多い印象ですが、実際には幅広い男女から愛される女優です。

たとえば、2013年の朝ドラ『あまちゃん』ではセーラー服を身にまとった聖子ちゃんカット姿で一躍注目を集めました。役とはいえ、まるで昭和の歌謡祭から飛び出してきたアイドルのよう。

実は有村架純は若い男性だけではなくおじ様たちからも人気が高いのです。秘訣は懐かしさを感じさせる愛嬌あるルックス。思わず応援したくなるそう。この作品をきっかけに人気女優への道が開けました。

また2018年のテレビドラマ『中学聖日記』では生徒に恋心を抱く教師を熱演。

有村架純が演じる聖の切ない想いに、女性から多くの支持が。禁断の恋という応援しづらい展開ですが、相手に対する思いやりで苦しむ姿や素朴で飾らない演技に共感を呼びました。心の中で想うピュアな「好き」の気持ちがかわいいと思わせ、女性にも響くのかもしれません。

このように様々な作品で男女問わず魅了してきた有村架純は2020年以降も続々と映画やテレビドラマに出演決定しています。コツコツと培ってきた魅せる演技でこれからもファンを増やしていくこと間違いなしです。

有村架純の素顔を見たい方は『有村架純写真集「Clear」』がおすすめです。セルフプロデュースの写真集で透明感溢れるかわいい有村架純の姿がギュッと詰まっています。

著者
["川島 小鳥", "有村 架純"]
出版日
nayu

【ライターおすすめ】有村架純が1番輝く『ストロボ・エッジ』(2015年)

『ストロボ・エッジ』は胸キュンが詰まった爽やかな少女漫画。この作品が映画化され、有村架純が主演を務めました。

ヒロインの木下仁菜子は少し抜けたところもありますがとにかく素直な女子高生。彼女はイケメン男子の一ノ瀬蓮に恋をします。

この仁菜子を演じた有村架純は髪をバッサリ切って撮影に挑みました。自分の想いと懸命に向き合う彼女の姿にはつい声援を送りたくなるはず。

一途な恋に悩み、涙を流す場面も。嬉しくてつい笑顔になるときは見る側も喜んでしまいます。こんなにピュアな女子高生はいないと思わせる有村架純の演技はピカイチです。

映画を見た後でもさらに楽しめる咲坂伊緒の原作漫画『ストロボ・エッジ』。原作の紹介はこちらから。

有村架純のプロフィールや魅力について代表作品とともに伝えてきました。しかし、有村架純の出演映画やテレビドラマはまだまだたくさんあります。

ここからは原作のあらすじや見どころを通して有村架純の出演作品を紹介します。あなたの知らない新たな一面が見られるかもしれません。

【映画原作】ローカル線の小さな物語が綴られた『阪急電車』(2011年)

『阪急電車』は有川浩の短編小説です。大阪・兵庫・京都を往来する「阪急電車」をご存知でしょうか?その電車で起こる乗客の物語に思わずほっこりしてしまいます。 

舞台は神戸と宝塚を結ぶ短いローカル線。なんと片道たったの15分。電車内で気になっていた女性とのまさかの出会いがあり、他にも列車に揺られながら乗客たちの思いが語られていきます。

映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は興行収入11.4億円の大ヒットとなりました。映画初出演だった有村架純は門田悦子という女子高生役。悦子は大学受験を控えていて緊張感漂う毎日です。フレッシュな有村架純が見られます。

1つの小さなエピソードかと思いきや、線路のように繋がる面白さがあります。有川浩の心温まる物語をお楽しみください。

著者
有川 浩
出版日
2010-08-05

【映画原作】音楽への熱が伝わる『リトル・マエストラ』(2013年)

いずみ♡組による『リトル・マエストラ』は音楽と向き合う人々の熱い思いが伝わる物語です。

ボストンから帰国した主人公・美咲はある理由で音楽を辞めようとしていました。普通の学生生活を送ろうとしたその時、同級生の涼子からオーケストラの指揮に誘われます。

有村架純が2013年の実写化映画の主演に。美咲がやって来たのは日本の小さな島のアマチュアオーケストラです。団員たちの演奏は酷いものでしたが、美咲の指揮で彼らの音楽は最上のものに。

最初は音楽に対して冷淡な美咲でしたが、しだいに一生懸命向き合っていきます。その成長を見事に演じ切った有村架純の実力が見られる作品です。

音楽に精通した方だけではなく、後悔から立ち直りたい方におすすめです。

著者
["夕希 実久", "いずみ組"]
出版日

【映画原作】繰り返される殺人に冷や汗が止まらない『JUDGE』(2013年)

『JUDGE』は外海良基による殺人ゲームがくり広げられるスリラー漫画です。2013年には映画『JUDGE/ジャッジ』として公開されました。

主人公のヒロこと桜井浩之は気づくと古い裁判所にいました。そこには動物のかぶりもの姿の見知らぬ人々が。

謎の人物から「死のゲーム」(JUDGE GAME)の開始を言い渡されます。時間制限内で1人殺さなければならないという何とも残酷なゲーム。数回繰り返し、生き残れるのは8人中たったの4人なのです。こうして恐怖の殺人ゲームが幕を開けます。

映画の中ではライオンをかぶった女性を演じる有村架純。ライオンの正体は元アイドルなのですが、ファンに犯したある罪でゲームに参加することに。

果たして生き残る者は誰なのか、最後まで見逃せないドキドキの漫画です。

著者
外海 良基
出版日

【映画原作】有村架純がピュアな女子高生を熱演する『ストロボ・エッジ』(2015年)

どこまでもピュアな恋が描かれている咲坂伊緒の『ストロボ・エッジ』。少女漫画ならではの胸キュン要素がたくさん詰まっています。 

高校生の仁菜子は人気者・蓮に片思いします。ところが蓮には彼女が。それでも好きな気持ちは変わりません。また蓮の友達・拓海は興味本位で近づいたものの、徐々に仁菜子に惹かれていきます。

仁菜子のまっすぐな恋心に思わず声援を送ってしまう純愛ストーリーです。

実写化映画ではボブヘアが話題となった有村架純。仁菜子を演じています。ヘアスタイルを近づけることでグッと役に入り込めるようになったそう。またキラキラした透き通るような世界観もこの映画の魅力の1つ。

王道の少女漫画を読みたい方、キラキラした青春を味わいたい方におすすめです。

著者
咲坂 伊緒
出版日
2007-11-22

【映画原作】受験生に希望を届ける『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』(2015年)

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』はビリギャルこと、さやかさんの逆転受験生活を書き記した書籍。 

著者・坪田信貴は「坪田塾」の塾長です。ギャルだったさやかさんは高校2年生のときに入塾を希望します。ところが簡単な英単語さえ怪しかった彼女が狙ったのは最難関の慶応大学でした。

『映画 ビリギャル』はこのエピソードをもとに制作されました。主演・有村架純の金髪ギャル姿が見どころです。動画からギャルのしぐさや喋り方を見よう見まねしたそう。見た目からは想像できない真面目なさやかを熱演しました。アカデミー賞受賞作品です。 

著書は坪田先生が見たさやかさんの誠実で熱心な姿が描かれています。受験生におすすめの1冊です。

著者
坪田信貴
出版日
2013-12-26

【映画原作】過去に戻り、誰かを救う『僕だけがいない街』(2016年)

『僕だけがいない街』は三部けいによる漫画作品。2016年に映画化、アニメ化も実現した大人気ヒット作です。 

主人公の藤沼悟はリバイバルという特殊能力の持ち主。事件や事故を回避するため、その直前の場面に何度もタイムリープする不思議な力だったのです。

悟はリバイバルで母親の死と繋がる連続誘拐殺人事件が起きた1988年へ。そして、被害者の少女を守るために動きだします。

映画では有村架純は悟のバイト先の後輩・片桐愛梨を演じています。愛梨も悟のリバイバルに関わりをもつことに。共演した藤原竜也は「周りを和ませるお姉ちゃんのような存在」と有村架純の印象を語っていました。

大切な存在を守る勇気をもらえる作品。映画とは違った結末を漫画でお楽しみください。

著者
三部 けい
出版日
2013-01-25

【映画原作】溢れ出るゾンビにゾッとする『アイアムアヒーロー』(2016年)

『アイアムアヒーロー』は花沢健吾によるSFホラー漫画です。

漫画家・鈴木英雄は仕事も恋人ともうまくいかない日々を送っていました。 ある日、見知らぬ人に噛みつくという事件が多発しているニュースを耳にします。さらに噛みつかれた人間はゾンビ化するという。その感染者たちは「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれ、やがて街に溢れてしまいます。 

果たして英雄は生き延びることができるのでしょうか?

2016年の映画では有村架純は英雄とゾンビから逃れる早狩比呂美を演じています。比呂美を演じるにあたって、ほっとけないかわいらしい存在をイメージしたそう。比呂美の行く末も気になるところです。

ゾンビの恐ろしさや迫力がたまらない!スリルある物語が好きな方におすすめです。

また原作の詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

漫画『アイアムアヒーロー』が無料で読める!多くの謎をネタバレ考察!

著者
花沢 健吾
出版日
2009-08-28

【映画原作】有村架純がシャッターを切る『夏美のホタル』(2016年)

森沢明夫による『夏美のホタル』は出会いの大切さを物語った小説です。

主人公の大学生の慎吾はカメラマン志望。プロになるか悩んでいる恋人の夏美2人で出かけた際に山の中にひっそりとたたずむ「たけ屋」を見つけます。そこには親子水入らずで暮らすヤスばあちゃんと地蔵さんが。

慎吾たちは写真を撮るため、「たけ屋」の離れで夏休みを過ごすことにしました。 

2016年の映画では有村架純が夏美を演じています。夏美はハキハキとものを言うタイプ。さらにバイクに乗りこなす男前な女性です。

一方、原作小説では夏美は幼稚園の先生。慎吾に寄り添う母性ある存在なのです。また慎吾を「慎吾ちゃん」と呼ぶかわいい一面も。映画とは違って慎吾を中心に描かれるこの小説もぜひご覧ください。

作者のその他の作品が知りたい方は、こちらの記事もおすすめです

森沢明夫のおすすめ本ランキングベスト5!泣ける小説から青春小説まで

著者
森沢 明夫
出版日
2014-08-23

【映画原作】朝井リョウの直木賞受賞作『何者』(2016年)

『何者』は朝井リョウの直木賞受賞作です。5人の大学生たちが「就活対策本部」を作り、試行錯誤して就活に挑むストーリー。 

しかし就活が進むうちに彼らはSNSにつぶやく本音にそれぞれ惑わされていきます。やがて関係が悪化し始めるのです。

2016年に映画化され、有村架純は田名部瑞月を演じました。素直で真面目で自分の決めた道を突き進もうとする芯の通った人物です。実際にはその誠実さには人には話せないワケがありました。

本当に私たちの周りでも起こりうる物語の展開に共感の声が殺到。5人の行動からは学ぶこともたくさんあります。これから就活を迎える方にぜひ手に取ってもらいたい小説です。

著者
朝井 リョウ
出版日
2015-06-26

【映画原作】将棋と人との出会いで成長する青年の物語『3月のライオン』(2017年)

『3月のライオン』は将棋を通して青年が葛藤や学びを通して成長していく青春物語。作者は『ハチミツとクローバー』を手掛けた羽海野チカです。 

高校生のプロ棋士の桐山零は懸命に将棋に向き合う日々の中であかり・ひなた・モモの三姉妹に出会います。零は賑やかで温かい彼女たちとしだいに仲良くなっていき、零自身にも心の変化が訪れます。

2017年に実写化の映画で有村架純は零の義姉・幸田香子を演じています。香子も過去はプロ将棋士を目指していた身。また零に対する嫉妬や家族とのわだかまりを抱える複雑な人物なのです。色っぽく映る有村架純が見どころです。

漫画では零の熱い思いや葛藤、孤独が胸の内でくり広げられるのが魅力の1つ。映画にはない零の本音が詰まっています。

原作の詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

名作漫画『3月のライオン』。アニメも映画もおすすめできる理由とは?

著者
羽海野 チカ
出版日
2008-02-22

【映画原作】有村架純が侍女を熱演する『関ヶ原』(2017年)

『関ヶ原』は天下分け目となった「関ヶ原の戦い」を描いた歴史小説。文学界に名を刻んだ司馬遼太郎が執筆しました。 

豊臣秀吉亡き後、徳川家康が天下統一を狙う一方で石田三成は豊臣家を守ろうと立ち上がります。家康と光成の心理戦を中心にくり広げられる作品です。

光成を岡田准一、家康を役所広司が務めた2017年の映画『関ヶ原』。有村架純は初芽という侍女に挑戦。光成を守るため体を張るカッコいい姿を見せるものの、特別な感情を抱いてしまう女性なのです。アクションシーンに力を入れた有村架純は、いつもとひと味違いとてもカッコいい!

原作はまるでその時代にいるような臨場感溢れる小説。『国盗り物語』『新太閤記』と一緒に読めば、さらに戦国時代の激動が蘇ります。

著者
司馬 遼太郎
出版日
1974-06-24

【映画原作】先生を奪いたいけど奪えない『ナラタージュ』(2017年)

『ナラタージュ』は山本周五郎賞候補に選出された島本理生による恋愛小説。 

大学生の泉は恩師の葉山から突然の連絡で久々に高校を訪れます。葉山は泉にとって高校時代の片思いの相手。

演劇部の手伝いが理由で呼び出された泉ですが、葉山への恋は抑えられません。彼女の心には叶わない恋の痛みや切なさがこみ上げてくるのです。

有村架純が泉を熱演した2017年の映画。救われない恋に溺れてしまう姿は洗練された演技力が生かされています。涙するシーンは特に艶やかで見とれてしまうほど。

誰でも一度は忘れようとしますが、また惹かれる経験はあるもの。どうしようもない恋心を美しく、切なく描いた1冊です。

著者
島本 理生
出版日

【映画原作】過去と向き合い、未来へつなげる『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』(2018年)

『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』はどちらも小さな喫茶店で起こる感動の物語。

喫茶店「フニクリフニクラ」はある決まった席に座ると過去に戻れるという。しかしコーヒーが冷めるまでのわずかな時間だけです。それでも噂を聞きつけ、お客がこぞって店にやって来ます。 それぞれのお客に焦点を当てた小さな物語が詰まっています。

有村架純は原作にも登場する時田数(ときたかず)を演じています。「フニクリフニクラ」の店員。ウェイトレス役ということもあり、お客の個性によって距離感を変えるなど工夫していたそう。新谷という男性との出会いで数にも心の変化が見られます。

作者・川口俊和による舞台を見た編集者が感激し、小説化へ至った傑作。ほっとひと息したい時間にピッタリの小説です。

原作の詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

『コーヒーが冷めないうちに』泣ける小説のあらすじや結末をネタバレ解説!

コーヒーが冷めないうちに

2015年12月04日
川口俊和
サンマーク出版

【映画原作】人の運命は変えられるのか?『フォルトゥナの瞳』(2019年)

『フォルトゥナの瞳』は人の死が見える男性が愛する女性を守ろうとするラブストーリー。百田尚樹による恋愛小説です。 

主人公の木山慎一郎は家族も友達もいない独りぼっちの身。ところが突然人の死が見える目を手に入れてしまいます。また桐生葵に出会い、恋心が芽生えます。少しは日常に花が咲くかと思いきや、彼の目には葵の死の瞬間が映ってしまうのです。

映画では有村架純は木山を支える葵を演じています。葵にも実は秘密があり、隠しながらも木山に温かく寄り添っています。出会いのシーンは少しキュンとしてしまうかも。

ラブストーリーであり、同時に人の運命についても大きなテーマである作品です。大切な人を守りたい木山の気持ちは誰もが共感できるでしょう。

原作の詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

原作小説『フォルトゥナの瞳』を5分でネタバレ解説!死を見通す物語が面白い

著者
百田 尚樹
出版日
2015-11-28

【映画原作】小さな女の子と老人の感動の物語『駅までの道をおしえて』(2019年)

『駅までの道をおしえて』は表題作と他7作で構成された短編小説。 

主人公のサヤカは愛犬のルーの死を受け入れられず過ごす幼い少女です。ある日見つけたのは古い喫茶店。そこでフセ老人と出会います。

彼もまた一人息子を亡くしていました。彼の孤独を感じたサヤカはフセ老人のもとに通い始めるのです。

2019年の映画の中で有村架純は10年後のサヤカを演じています。また、優しく語るモノローグも見どころの1つ。サヤカとフセさんの見えない心の繋がりを意識したそう。

原作小説には他にも大切な人と過ごすかけがえのない物語が詰まっています。また野球があらゆる場面に登場し、時には出会いを結ぶことも。家族や恋人、友人との再会物語を読みたい方におすすめです。

著者
伊集院 静
出版日
2007-03-15

【映画原作】漫画も映画も大人気の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(2021年)

ロングヒットを誇る『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。和月伸宏による漫画作品です。 

主人公の緋村剣心は一見頼りなさそうに見えますが、実は伝説の剣客なのです。流浪人として旅する中、様々な人々との出会いとともに剣心の生きざまが描かれています。

2021年には『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の最終章2作が公開予定です。

また有村架純が剣心の妻・雪代巴役で出演します。剣心の悲しい過去に関わる重要な存在で、ビジュアルもとても美しい。どんな雪代巴を演じるのか期待です。

原作漫画のくり広げられる戦いシーンは切迫感とあっと言わせるスピード感が魅力の1冊です。

原作の詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

漫画『るろうに剣心』の知られざる事実10選!剣心にはモデルがいた⁉

著者
和月 伸宏
出版日
1994-09-02

【テレビドラマ原作】有村架純テレビドラマ初主演作『ハガネの女』(2010年)

『ハガネの女』は深谷かほるが手掛けた学園漫画です。

主人公の芳賀稲子はハガネが通称の小学校教師。ハガネは問題クラスである4年さくら組の担任になります。子どもたちとそして親たちと向き合うハガネの姿が描かれています。 

原作漫画をもとに制作のテレビドラマ『ハガネの女』は続編シリーズも合わせて高評価でした。また、有村架純にとって本作はテレビドラマ初出演作。西堀マナというハガネの元教え子を演じています。シェフになる夢を持ちながら、恋人との結婚に悩む女性です。

ハガネはまっすぐで芯が強く、まさに教師の鏡といえる理想像。様々な個性ある生徒や親との関わりを通して教師の仕事の難しさがわかります。

著者
深谷 かほる
出版日

【テレビドラマ原作】地味な女子高生から一変する有村架純が見どころの『クローバー』(2012年)

『クローバー』は熱い男の友情が描かれた平川哲弘による少年漫画。

ドレッドヘアの不良少年・ハヤトは幼少期を過ごした町に帰ってきます。そして久々に幼馴染のトモキのもとへ。 

ハヤト素っ気ない態度を取ったにも関わらず、不良たちに絡まれているトモキを助けます。この再会をきっかけに2人の友情はまた徐々に芽生え始めるのです。

2012年にテレビドラマ化した『クローバー』。紅一点の存在の秋山ユイを演じた有村架純は華があります。学校では地味ですが放課後には一変して金髪の女性に。その変化のギャップが魅力的です。

ハヤトの不器用だけれども男らしい姿はカッコいい!『クローバー』を読んで懐かしいあの頃の情熱を取り戻してみませんか?

著者
平川 哲弘
出版日

【テレビドラマ原作】赤川次郎の代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ(2012年)

「三毛猫ホームズ」シリーズは刑事と三毛猫が謎の解明に挑みます。作者は「三姉妹探偵団」シリーズや20歳差の男女コンビが主役の「幽霊」シリーズなどで有名な赤川次郎です。 

刑事の片山義太郎は血や高所さらには女性も苦手というダメダメな人物。一方ホームズは冷静で落ち着いた性格。事件の時には何かと関わる飼い猫です。このユニークな義太郎とホームズが事件を解決していきます。

2012年にテレビドラマ化の『三毛猫ホームズの推理』はホームズが人間化する設定も見どころ。各話のゲストも豪華で有村架純は第8~9話に出演しました。薬物売買に関わる村瀬明日香という女子大生を演じています

推理小説に挑戦するならまずはこれ!といえるほど読みやすく、子どもでも大人でも幅広い方に愛されています。

著者
赤川 次郎
出版日

【テレビドラマ原作】命の尊さについて深く考えられる小説『つるかめ助産院』(2012年)

小川糸が執筆した『つるかめ助産院』は南の島に構える助産院の物語。

主人公のまりあは行方知らずの夫とかつて訪ねた南の島へ。そこで「つるかめ助産院」を営む助産師の鶴田亀子と出会います。まりあは彼女から自分の妊娠を告げられ、この地での出産を決意します。 

原作小説から2012年に『つるかめ助産院~南の島から~』としてテレビドラマ化されました。有村架純は上原サヨリという若くして身ごもった女性を演じています。妊婦役に初挑戦しました。

『つるかめ助産院』は温かい登場人物たちにほっこりしてしまいます。そして自然が広がる南の島の暮らしとお産から命の尊さをあらためて知ることができます。

女性だけではなく、ぜひ男性の方にも読んでほしい1冊です。

著者
小川 糸
出版日
2012-06-26

【テレビドラマ原作】お嬢様と執事が謎を解く『謎解きはディナーのあとで』(2013年)

『謎解きはディナーの後で』はテレビドラマも大人気な東野篤哉のミステリー小説です。斬新でユニークな大財閥の令嬢とその執事のコンビが読者を引き込みます。 

国立署の刑事ですが、いつも事件の真相に辿り着けないお嬢様の麗子。毎晩のディナーを通して事件について執事・影山に語ってしまいます。そして彼は手加減のない助言と鋭い推理で事件を解決に導きます。

テレビドラマや映画は各話のゲスト出演も魅力の1つ。有村架純は映画公開のスペシャルドラマに出演しました。運命の人を見つけるために影山に依頼する女性役を熱演します。内気な女性ですが、話し始めると止まらないユニークな人物です。

比較的読みやすい作品で、クスッと笑いながらも謎解きが楽しめる1冊です。

著者
篤哉, 東川
出版日

【テレビドラマ原作】失恋から学ぶ『失恋ショコラティエ』(2014年)

水城せとなの『失恋ショコラティエ』は複雑な恋模様がくり広げられるラブストーリー。 

バレンタインデーに製菓学校に通う小動爽太は一目惚れの紗絵子にチョコをプレゼントしようとします。ところがその渾身のチョコは受け取られず……。爽太は修業のためにフランスへ。

数年後、帰国した爽太は凄腕のショコラティエになっていました。自身の働く店に紗絵子が再び現れ、波乱の恋が幕を開けます。

2014年のテレビドラマでは有村架純は小動まつりという爽太の妹を演じま。まつりはショコラティエのオリヴィエと恋仲になっていきます。キスシーンにもご注目を!

主人公の恋だけではなく、登場人物がそれぞれ抱える恋心が描かれているのも魅力の1つ。誰かに片想いしている方に贈りたい漫画です。

原作の詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

漫画『失恋ショコラティエ』に現実と恋愛の厳しさを学ぶ!【ネタバレ注意】

著者
水城 せとな
出版日
2009-01-09

【テレビドラマ原作】殺し屋の正体に迫る『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』(2014年)

逢坂剛の『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』は映像化不可能と言われるほどスリルあるハードボイルド小説。テレビドラマ『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜』の原作です。 

新宿で爆破事件が起きます。犠牲者の妻のために独自調査をする公安の倉木。同じくこのテロを追う刑事の大杉。そして公安の明星は尾行中の殺し屋の行方不明をきっかけにこの事件に関わることに。事件を追えば追うほど圧倒されること間違いなしです。

テレビドラマではフリーライター役で出演する有村架純。事件に巻き込まれてしまう、葵美の姿にはハラハラドキドキさせられます。

原作小説でも映像に負けないぐらいの臨場感があるので、テレビドラマを見た方にもおすすめです。

著者
逢坂 剛
出版日

【テレビドラマ原作】天才たちの思考がまるわかりの『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』(2014年)

『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』は高橋秀実による開成高校野球部の実話をもとにしたノンフィクションです。 

超進学校・開成高校の野球部は元々弱小チームでした。部員と監督たちは彼らの強みでもある頭脳を使って、独自の練習方法で成長していきます。やがて東京大会ベスト16に入るまでに。

2014年には『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』としてテレビドラマ化されました。有村架純演じる樽見柚子は野球部のマネージャーです。野球が大好きな女子高生。紅一点の存在で、部員の1人・幼馴染の赤岩に恋心を見せるかわいい一面も。

考えられないユニークなエピソードが盛りだくさん。読めば読むほど彼らの考えに感心すること間違いなしです!

著者
高橋 秀実
出版日

【テレビドラマ原作】見知らぬ人物からの嫌がらせにゾッとする『ようこそ、わが家へ』(2015年)

池井戸潤による『ようこそ、わが家へ』は2015年に月9枠でテレビドラマ化。 

倉田太一が駅のホームで割り込み乗車をする男性を注意すると、腹いせにその不審な男性から嫌がらせを受けるように……。さらに家族も巻き込まれていくのです。正体不明な男性の行動にぞっとするサスペンスです。

テレビドラマは太一の息子・健太が主人公に設定が変わっています。倉田家の長女・七菜を演じる有村架純。明るい性格でイマドキの女子大生を熱演していました。七菜も実はストーカーに悩んでいたのです。

池井戸潤は「半沢直樹」シリーズや『下町ロケット』などで知られる直木賞作家。これらの作品とはまた違った、スリル溢れるサスペンス小説です。

著者
池井戸 潤
出版日
2013-07-05

【テレビドラマ原作】有村架純がパイロットの道を切り開く『海に降る』(2015年)

朱野帰子による『海に降る』は潜水調査船のパイロットを目指す物語を描いた冒険小説です。2015年にテレビドラマ化され、有村架純の連続テレビドラマ初主演作として話題になりました。 

主人公の深雪は幼い頃に聞いた父からの言葉で潜水調査船のパイロットを夢見るように。ところが閉所恐怖症に悩まされ諦めかけていたそのとき、高峰と出会います。彼はベールに包まれたままの深海生物を追っている人物。そして深雪は高峰と過ごすうちに自分と向き合い始めます。

「強くたくましく演じられたら」と意気込みを語っていた有村架純。彼女が演じる深雪は凛としています。また「JAMSTEC(海洋研究開発機構)」についても深く知られるのが魅力の1つ。

まだまだ未発見の深海への冒険を楽しめます。未開拓の地に足を踏み入れたい方におすすめです。

著者
朱野 帰子
出版日
2012-01-13

【テレビドラマ原作】さまざまなホラーを集めた『都市伝説セピア』所収「昨日公園」(2015年)

『都市伝説セピア』は朱川湊人によるホラー短篇集です。この中の「昨日公園」は2015年『世にも奇妙な物語』でドラマ化された一作。 

ある少年は親友と公園でキャッチボールをした後、親友を事故で亡くしてしまいます。悲しみに暮れてその公園を訪れると急に時間が戻り、彼とのキャッチボールの場面に再会する少年。親友を救おうとしますが、彼の死は繰り返されるのです。

いくら手を差し伸べても叶わない、切ない友情を描いています。 

テレビドラマでは有村架純演じる美和が親友・隆子の繰り返す死に歯止めをかけようとします。美和の苦しみに寄り添うように熱演しています。さらに有村架純がフルートを吹く姿も見どころですよ。

他にも純ホラー作品や涙をそそる物語まで盛りだくさんの小説です。

著者
朱川 湊人
出版日

【テレビドラマ原作】有村架純が禁断の恋に悩む教師を熱演『中学聖日記』(2018年)

かわかみじゅんこの『中学聖日記』は教師と生徒の禁断の恋を描いた漫画作品です。 

田舎の中学校で国語の教師を務める末永聖は生徒の黒岩晶に惹かれていきます。聖は婚約者がいながらも、決して許されることのない恋にどんどん引き込まれ……。黒岩のまっすぐな恋心や聖の自分の気持ちに嘘がつけない姿など共感を覚えるシーンが詰まっています。

有村架純が主演で2018年にテレビドラマ化。末永聖を演じ、反響を呼びました。

有村架純のかわいさが全面に出ている上、泥沼に落ちてゆく姿をつい応援したくなるとの声も。男女問わず大人気のテレビドラマとなりました。

原作漫画は透き通るような世界観と綺麗な絵が魅力の1つ。叶わない恋に向き合う方におすすめです。

原作の詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

『中学聖日記』の魅力を全巻ネタバレ紹介!切ない心理描写の、生徒×教師漫画

著者
かわかみ じゅんこ
出版日
2016-07-08

【出演作品一覧】有村架純はたくさんの映画やテレビドラマに出演。ジャンルの幅広さも人気の理由!

【出演作品一覧】有村架純はたくさんの映画やテレビドラマに出演。ジャンルの幅広さも人気の理由!

有村架純の出演作品を原作とともに紹介しました。なかには名作の主人公を演じるなど演技力の高さにも評判の女優です。原作はどれも映画やテレビドラマを見てからでも楽しめる作品ばかり。ぜひあなたの好きな有村架純の出演作品とともに原作をお楽しみください!