幼馴染との恋愛漫画おすすめランキングベスト14!胸キュン必至!

更新:2020.12.23

恋愛は恋愛でも幼馴染との恋愛って特別な響きに聞こえてきませんか?今回は誰もが憧れる、切なくて甘酸っぱい幼馴染との恋愛漫画、胸キュンする事間違いなしの作品をご紹介します。

ブックカルテ リンク

14位:幼馴染とのちょいエロ恋愛漫画『ごくりっ』

幼馴染のリコに片思いをしている拓は、近所にある、恋のお願いを叶えてくれる神社で祈ります。

「俺のことだけを考えてほしい。直樹じゃなくて、俺が…俺がいないと、死んじゃうぐらいに…!!!」

するとリコに悪魔(?)がとりつき、リコは拓の精液を飲まないと空腹で死んでしまう体になってしまいます。しかもそれは、リコの手か口によって出されたものでないとダメで……。

著者
前原 タケル
出版日
2016-06-10

リコは自身の手によって出した拓の精液を飲み、なんとか一命をとりとめます。

しかし、その後も、体育の授業中、水泳の授業中と、リコを空腹が襲い……。

その後も、様々なシチュエーションでリコの「ごくりっ」が展開されていきます。回数を重ねるごとに、距離が近づいていく拓とリコ。しかし、リコには海外に行っている直樹という彼氏がいます。直樹は拓の幼馴染でもありました。

直樹が帰ってきたとき、3人の関係はどうなってしまうのでしょうか?

2巻完結で間延びせずに終わっているのも魅力的。ぜひ、衝撃設定のエロティック・セイシュン・ラブストーリーを読んでみてください!

13位:恥ずかしくなるくらい甘酸っぱい幼馴染の恋『ハチミツにはつこい』

幼馴染への好きってどんな好きだろう?家族への好き、友達への好き、恋人への好きとはちょっと違うの?好きになるっていったいどういう事なのでしょうか。水瀬藍が描く高校生恋愛初心者2人の甘酸っぱい初恋ラブストーリー!

著者
水瀬 藍
出版日
2012-11-26

小春はずっと一緒にいたからこそ、高校で急にモテ始めた夏生を見てモヤモヤする理由がわかりません。というのも、まだ恋とは何かわからない恋愛未経験の小春は、このモヤモヤが何なのかさっぱり分からないのです。そんな中、夏生が美人で頭の良い西園寺さんに告白したことで、自分が夏生に恋をしていたことにやっと気がつくのです。

一方、夏生も自分以外の男の子と話す小春をみてモヤモヤし始めます。そんな幼馴染の2人の恋は、側から見れば一目瞭然なのに、なかなかうまくくっつかない様子はとてもじれったくてムズムズします。そして、ようやくお互いが恋だと気がついてからの夏生の小春へのアタックは、胸キュン必至です。夏生どんどん男らしく格好良くなっていく様子は、ドキドキしてしまいますよ!

まだまだ幼い2人が、自分自身の成長とともに、ゆっくり幼馴染から恋人へと変わっていく等身大ラブストーリーは、きっとあなたの心もキュンキュンさせてくれること間違いなしです!
 

12位:恋は不必要なもの?新人類の幼馴染たちが見る愛『きみを死なせないための物語』

愛や恋は不要である、という考えはありますが、現代日本では愛や恋は推奨されています。巷に溢れる歌やドラマ、創作物は恋や愛を題材にしたものが多く、悩みと言えば恋愛か仕事のこと、というのが大概です。しかし、愛や恋は不必要なものだと断定されたらどうなるのでしょうか。そんな想像を具現化したのが『君を死なせないための物語』。近未来を舞台としたSF作品です。

著者
吟 鳥子
出版日
2017-04-14

近未来、地球は人が住める環境ではなくなり、宇宙空間にある居住施設「コクーン」で人類は生活していました。アラタ、ターラ、シーザー、ルイは、第1パートナー関係の、いわゆる幼馴染。コクーン内では限られた居住空間で秩序を保つため、契約が重視される社会となっていました。人生で関わる人間も契約を交わした人だけ。人生の伴侶も人類の種の保存を優先し、恋や愛といった感情は恥ずべきものとされてきました。

ある日、ターラを除いた3人は禁忌の街に踏み込み、そこで祇園という少女と出会います。ルイは祇園に恋をし、親友たちの反対を押し切って結婚をすることを決めてしまいました。医学生のターラは、祇園の隠された秘密をすぐに見破り、ルイに進言します。

本作は恋愛を恥ずべきものだとする社会風潮が、斬新な物語。そんな中、恋を貫こうとするルイの姿が、眩しく感じられます。契約から生まれた関係ですが、4人の友情は本物。恋や愛はいらないけれど、友情は否定しないという関係にも、コクーンで育まれた社会の矛盾が表現されています。幼馴染同士の恋愛が主ではありませんが、幼馴染だからこその関係性はこれでもかと内包、近しい関係に幼馴染の良さを実感できるでしょう。もしかしたら、こうであるかもしれない世界の物語、愛や恋について、考えたくなる作品です。

11位:男女逆転!?幼なじみのフシギな関係『おとなりコンプレックス』

女装男子の真琴と男装女子のあきらは家が隣同士の幼なじみで、変身するときはカップルのように仲良し。お互い友達以上の関係は望まず「幼なじみ」という関係に甘んじていた2人でしたが、真琴・あきらそれぞれに恋の予感が……?

著者
野々村 朔
出版日
2016-07-23

近年女装・男装をテーマにした作品は多く、ヒットとなった漫画や小説も多数存在しますが、そのほとんどは「性の問題」について深く掘り下げられたものとなっています。しかし、『おとなりコンプレックス』は女装・男装については既に周りの人間から受け入れられているなど、「性差」ではなく「幼なじみとの恋愛」に焦点を当てています。

男の子っぽい見た目を貫いているあきらが純粋かつ鈍感で繊細な真琴を振り回すという男女逆転のシナリオも合わせて、一味違った女装男子・男装女子のラブコメを読みたい!という人はぜひ読んでみて下さい。

10位:女の子のバイブルといったらコレ!『ご近所物語』

女の子のバイブルと言っても過言ではありません!幼馴染の実果子とツトムのキラキラした青春、恋愛の甘酸っぱさがギュッと詰まった青春ラブコメディーです。おしゃれなヤザガクの仲間たちの織り成す物語にどっぷりハマっていきますよ!

著者
矢沢 あい
出版日
2005-09-16

幼馴染の実果子とツトムは矢澤芸術学院、通称ヤザガクに通う高校1年生です。お互いのことを意識しつつも遠回りしながら近づいていく2人の話なのですが、このストーリーの魅力はそれだけではありません。どの登場人物もみんな個性的で味があるのです。一生懸命夢に向かっていく姿や、誰かのことを真剣に思う様子はまさに青春!

頑張るけれども上手くいかない姿を見て切なくなったり、誰かの成功を喜んだり、誰かと誰かがくっついて喜んだり切なくなったり……。青春って一瞬で過ぎて行くんだということを思い出させてくれるストーリーです。そして登場人物同士の掛け合いもとても面白くコメディー要素も多いので、泣いたり笑ったりドキドキしたり、いろんな気持ちにさせてくれる作品です。

『NANA』や『天使なんかじゃない』で知られる人気漫画家矢沢あいが贈る、何年経っても色褪せない青春ラブストーリー、皆様も是非1度読んでみてはいかがでしょうか。
 

『ご近所物語』については<『ご近所物語』のキュンとする名言ランキングベスト10!【ネタバレ注意】>の記事で紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

9位:幼い頃の約束を守る……『僕の初恋をキミに捧ぐ』

幼い頃に結婚すると約束した幼馴染の逞と繭。ある日両親の会話で逞が20歳まで生きられないことを知ってしまいます。実は重い心臓病だった逞と一途に恋する繭の、切なく涙なしでは読めないラブストーリーです。
 

著者
青木 琴美
出版日
2005-12-20

幼い頃から入院がちな逞と逞の主治医の娘、繭は小さい頃からお互いに思い合っていました。しかし逞は修学旅行先で診てもらった医師の会話から、自分が20歳まで生きられないということを知ってしまいます。自分の病気の重さと、いずれは死んでしまう事を知ってしまった逞は、繭の幸せのためには病気である自分が側にいない方がいいのではないかと思うようになり……。

繭と離れる決心をする逞のシーンは涙無くして読めません。一途に逞を思う繭の気持ちも、繭のためを思う逞の気持ちも、どちらも理解できるが故に物凄く切なくなります。この恋する2人の運命はどうなっていくのか、逞の病気は治るのか、幼馴染2人の一生で1度の恋の結末はいかに……。

かなり泣けるラブストーリーとなっておりますので、ハンカチを片手にじっくり読んでみてください。

8位:主人公×幼馴染+未来の主人公!?『こんな未来は聞いてない!!』

大学で知り合った2、3歳年上の彼氏と24、5歳くらいで結婚……。そんな自分の身の丈に合ったそこそこの未来を思い描いている佳代。まぁまぁ可愛い普通の女子高生です。

実は幼馴染の真之介のことが好きだった佳代ですが、彼にその気がないと知って傷ついた彼女は絶対に彼とは付き合うものかと考えています。しかしある日、30歳の自分だという女性が「真之介が好きでしょう?」と言ってきて……。

 

著者
八寿子
出版日
2016-04-26


本作はタイムスリップしてきた後悔をもった自分という存在がキーポイントになったラブコメ漫画です。30歳になった佳代はなかなかに強烈なキャラ。

フラれることを恐れて幼馴染のポジションから出ようとしない高校時代の自分に弱虫だと突きつけたかと思えば、そのあとに大号泣。真之介が好きだという事実を「30歳にもなってから初めて気づいたのよ…!」とほうれい線をくっきりさせて歯を食いしばるのです。情緒不安定キャラ……。

果たして幼馴染同士の恋愛は未来から来た自分の手によって変えることができるのでしょうか?

7位:残念イケメンは食欲が旺盛すぎ?ゆるっとした関係に癒される『空の食欲魔人』

コミックス版、漫画文庫版ともに、複数の物語が収録された短編集。川原泉だからこそ描ける、クスッと笑える少女漫画が多数収録されています。表題作「空の食欲魔人」は、食欲旺盛なイケメン男子と、幼馴染の女性の物語。ゆるーい関係と残念イケメンっぷりが楽しい作品です。

著者
川原 泉
出版日
1994-09-01

イラストレーターの一橋みすずは、おひとりさま女子。家族は早く結婚して家を出てほしいと考えていましたが、みすず自身はあまりその気がありません。みすずには吉川弘文という幼馴染がおり、大学受験後からは少々気まずくなり、疎遠に。弘文は一流航空会社のパイロットとなり、出世頭、みすずとはますます住む世界が離れていました。

そんなある日、お互い残り物だから、というノリで、弘文から結婚を申し込まれたみすず。甘い雰囲気は一切ない関係ですが、弘文を狙う美人スチュワーデスの存在に嫉妬するなど、徐々に恋へと気持ちが動いていきます。

弘文は優秀なイケメンではあるものの、まず何よりも食べ物に目が無いという、異常な食欲を持ったキャラクター。ちょっと天然気味なところも、本作のゆるい雰囲気にマッチしています。周囲の女性が引くほどの食欲をもつ弘文を、違和感なく受け入れているのがみすずだけ、というのも幼馴染だからこその関係性と言えるでしょう。長い時間を過ごしてきたからこその、気安さが心地よい、コミカルでちょっと癒される作品です。

6位:婚約者は質入れされた?!女子高生が宝石にまつわる謎を解く!『七つ屋志のぶの宝石匣』

舞台は東京、銀座の商店街にある倉田屋は、江戸時代から続く老舗の質屋。女子高生の倉田志のぶは、宝石の気を感じ取れる不思議な力を持っていました。曰く付きのある宝石は、志のぶの目からはくすんで見えるため、母の実家である倉田屋で宝石鑑定をし、その能力を生かしています。

著者
二ノ宮 知子
出版日
2014-11-13

志のぶには祖母の代から取り決められた婚約者がいました。北上顕定は、フランスの超高級ジュエリー店の、日本支店で外商を勤めるエリート。公家から武家になった名家の跡取り息子でしたが、現在は倉田屋の裏にあるアパートに暮らしています。物腰が柔らかく、女性を押しのけてミスコンで優勝したほどの、美貌の持ち主。時折倉田屋に出ることがあり、その時には店の1月の売り上げをたった2日で稼ぎ出します。

顕定は志のぶの婚約者なのですが、祖母によって質入れされて倉田屋にやってきたという経緯があります。人間の質入れって大丈夫なのか、と素朴な疑問が生まれますが、そこは3年後に志のぶと婚約させる、という条件で乗り切った様子。当事者たちは、あまり気にしていないようですが、驚きの婚約理由です。

基本的には志のぶと顕定が協力して宝石に纏わる謎を解いていくのですが、恋愛描写は少々薄め。顕定が志のぶを大切にしていることは伝わってきますが、それが濃いと認識できるのかは、決定的な心情描写を待つよりほかはありません。風変わりな理由から将来の伴侶となった2人の、コンビネーションは抜群、宝石に纏わる謎解きとともに、歳の差幼馴染コンビがどうなっていくのか、見守っていきましょう。

5位:あの頃から何も変わっていないのに遠くなっていく?『銀盤騎士』

編集者の千登勢はプロスケート選手の心と幼馴染。彼は実力があるものの、メンタル面が弱く、それが成績を残せない原因となっていました。そんな彼を心配した千登勢はある日幼い頃から好きだった魔法少女アニメの呪文を唱えます。

ちょっとしたおまじない的な気持ちでそれをやった千登勢ですが、このおかげで心は4回転ジャンプの成功率が高まり、安定した演技ができるようになります。そしてどんどん有名になっていき……。

 

著者
小川 彌生
出版日
2013-03-13


本作はお互い思い合っているのにすれ違ってしまう幼馴染のふたりにやきもきする作品です。実はお互いにふたりとも相手のことが好きなのですが、徐々に変わっていく心のスケート界でのポジションやふたりの関係性によってなかなか言い出せません。

心が自分から遠い存在になっていくことに寂しさを感じる千登勢。しかもその離れていく距離のきっかけをつくってしまったのは自分ということも彼女の心を複雑にさせる理由です。心にとっては良いことなのに、寂しさはぬぐいきれない……。そんな切なさが彼女の心を占めるのです。

このような寂しさや確定的な関係に踏み切れない迷いなどの心理描写が丁寧に描かれた本作。なかなかくっつかないふたりにやきもきしながらも彼らの心の揺らぎに引き込まれる幼馴染漫画です。

4位:雅な世界で繰り広げられる幼馴染漫画!『オレンジ チョコレート』

日本舞踊の家元に生まれた女方の律と、彼の父親に踊りを教えてもらってる千尋は幼馴染。千尋は律が大好きでいつも彼のように妖艶に踊りたいと思っていました。

そんな彼女の願いを叶えてしまうのが千本鳥居の妖狐たち。千尋が律になりたい、うらやましいと思うと中身が入れ替わってしまうようにしてしまい……。

 

著者
山田 南平
出版日
2009-06-19


本作は日舞の妖艶さ、美しさが随所に散りばめられた作品です。千尋が売れっ子女方の律のようになりたいとも思ったことがきっかけの入れ替わりですが、実は律もまた千尋のことを羨ましいと思っています。

それもそのはず、彼が演技のお手本にしているのは実は千尋。身近にいる女の子のように所作をしてごらんと父親に言われた彼は幼馴染の千尋の「女らしい」と感じた動作を真似て女方の役に活かしていたのです。

千尋が美しいと思っていた律の女方の演技は実は彼から見た彼女の姿。お互いがお互いのことを美しいと思っていたのです。

それぞれから見た相手の姿が美しければ美しいほど、ふたりの気持ちに感情移入でき、引き込まれていく本作。日舞の美しさをうまくストーリーに取り入れた雅な世界での入れ替わり漫画です。

3位:競技かるたにかける情熱!幼馴染たちの恋の行方は?『ちはやふる』

小学生の綾瀬千早は、姉の活躍だけを生きがいにしていました。そんなある日、福井から転校してきた綿谷新と出会います。競技かるたにうち込んでいた新に出会ったことで、自身も競技かるたの世界にのめり込んでいきました。時は過ぎ、高校生となった千早は、小学生の時、ともに新とかるたをした同級生、真島太一と再会。高校で競技かるた部を作り始めた千早たちの、競技かるたにかける熱い青春物語が始まります。
 

著者
末次 由紀
出版日
2008-05-13

本作は競技かるたに打ち込む、様々な人々の、競技かるたに対する熱い思いや試合を描いていきますが、日常の様々な描写も登場します。中でも、その言動から残念美人の異名をとる主人公、千早の恋の行方を気にしている読者は多いでしょう。かるたバカと言われるほどの彼女は恋愛に関してはかなり鈍く、想いを寄せられていることにすら気が付きません。

千早に好意を寄せているのは、太一と新、幼馴染の2人です。新は関わった期間は短いですが、千早に大きな印象を与えた人物。対する太一は、中学校こそ別だったものの、千早を助けかるた部創設に力を貸しました。2人の幼馴染から想われる関係ですが、読者はこの2人のどちらを応援するかで苦悩することでしょう。見守らなければならない恋の行方に、試合の時同様、ハラハラと落ち着かない気持ちが続きます。

試合が続く時は試合の描写が多くなりますが、千早がだれを選ぶのか、恋の行方は、試合同様しっかりと描かれているのでご安心ください。2人の千早への強い想いを見てきているせいか、結果が出てしまうことが嬉しい反面、寂しさや切なさがこみ上げてきます。幼馴染の恋の行方はどうなるのか、ぜひその目でお確かめください。

『ちはやふる』については<漫画『ちはやふる』の名言から最新34巻までネタバレ紹介!>で紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

2位:ヒロインになれるのは一体誰?『ヒロイン失格』

幼馴染で片思いをしている利太と結ばれるのは自分、ヒロインは自分なんだと確信していたはとりですが、ついに利太にも本命の彼女ができてしまいます。最終的に結ばれるのは自分だと思っていたはとりはヒロインの座を奪い返す事ができるのでしょうか?

著者
幸田 もも子
出版日
2010-08-25

利太はこれまで彼女ができてもそんなに熱を入れることもなく付き合っては別れの繰り返し。そんな利太に対して、はとりは最終的に利太と付き合うのは自分だからとタカをくくっていたのですが、ある日利太に本命の彼女が出来てしまいます。そんな中、はとりも告白してきた弘光と付き合うことになるのですが、利太への思いを消すことが出来ず悩みます。

自分の好きになった人への思いを貫くのか、はたまた自分の事を好きだと言ってくれる人の気持ちに答えるのかといった究極の選択を迫られ、葛藤する姿が切なくてたまりません。ですが、このはとりのキャラが面白いし、とても濃く、変顔も最高!ギャグ要素も強いため、切ないばかりではなく笑いも溢れるストーリーになっています。幼馴染との両思いでヒロインの座につけるのかどうかを見守らずにはいられない、頑張るはとりを、ついつい応援してしまう作品です。

1位:幼馴染との歳の差ラブ!『たいようのいえ』

両親の離婚や再婚でひとりぼっちになってしまった真魚は、いつも温かい向かいのお家、7歳年上の基のいる中村宅に通っていました。ある日、中村の両親が事故で他界してしまい基もひとりぼっちに……。

著者
タアモ
出版日
2010-09-13

基以外の兄弟は親戚に引き取られ、基だけが中村の家に残ることになります。真魚も両親の再婚で自分の家での居場所がなくなってしまいひとりぼっちに。

そんな真魚の様子に気がついた基は、真魚にご飯を食べさせたり、家に泊めてあげたりして、孤独を感じる真魚の心の拠り所になっていくのです。しかしその反面で真魚と真魚の父の距離は開いていくばかりでなかなか縮まらず……。

そんな中、基のことを好きな同僚や、真魚のことが好きな同級生が現れたり、基の弟の大樹までもが真魚に恋をしてしまったりもして、お互いが思い合っているにもかかわらず切なくじれったい関係が続きます。

お互いの心にある傷を二人で慰め合うような関係、はじめは兄と妹のような関係からスタートし、少しずつ恋人同士になっていくのですが、恋人になる前から既に距離感が近い2人なので、じゃれ合うシーンは胸の高鳴りが止まらなくなる事間違いなし!

セリフだけではなくキュンキュンが伝わってくるような描写も素晴らしい贅沢な1作です。
 

いかがでしたか?胸キュン必至な幼馴染のおすすめ恋愛漫画をご紹介しました。切なくなったり感動したり胸がときめく作品ばかりなので、是非日常のことは忘れてどっぷり浸かってみて下さい。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る