横浜流星の出演映画、テレビドラマを総力解説!実写化したキャラは原作でも格好いい

更新:2021.2.9

端正なルックスで女性ファンの心をつかむ俳優・横浜流星。ルックスだけではなく、日本アカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞する演技力、可愛らしい雰囲気とはギャップのある男らしい肉体美など、その魅力は計り知れません。 そんな横浜流星は、映画やドラマに引っ張りだこ。この記事では、横浜流星が演じた役柄と作品についてご紹介します。ぜひ1番のお気に入りを見つけてみてください。

ブックカルテ リンク
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

横浜流星のプロフィール

まずは横浜流星の基本的なプロフィールと経歴をご紹介しましょう。

横浜流星は、1996年9月16日神奈川県生まれです。趣味は音楽鑑賞、特技は極真空手。特に、極真空手は初段の有段者で、中学生の世界大会で優勝した腕前だというのだから驚きです。

デビューのきっかけは、小学6年生の時に原宿でスカウトされたことでした。その後、栄光ゼミナールのCMで初仕事をした後、174cmの身長を活かしてモデルとして活躍、『仮面ライダーフォーゼ』でテレビドラマ出演デビューを果たしました。

その後は、数々のテレビドラマや映画に出演し、活躍しています。その演技力への評価は高く、日本アカデミー賞の新人俳優賞を始め、映画とテレビのプロデューサーが選ぶエランドール賞新人賞など数々の賞を受賞しています。

また、音楽活動もおこなっています。2017年に公開された映画『キセキ -あの日のソビト-』では、ストーリーの元になっているアーティスト・GReeeeNのメンバーを演じました。その際に「グリーンボーイズ」として挿入歌をCDリリース。それをきっかけに、翌年ソロでもオリジナル曲を発表しています。

これからが最も楽しみな若手俳優といえるでしょう。

横浜流星の魅力!予約殺到で重版出来の写真集も

横浜流星は、その端正なルックスや無邪気な笑顔で多くの女性ファンを獲得していますが、同時に、特技の空手で世界一になるほどの肉体派の一面も持っています。実際、その肉体美はファンの多くが知るところで、少年のような可愛らしさと男らしい肉体のギャップが女性の心を射止めているようです。

そんな横浜流星の可愛らしい部分も男らしい部分も合わせて見ることができるのが写真集。特に2019年発売の写真集『流麗』は、発売前に重版がかかるほどの人気となりました。 ヒゲを生やしている姿や、タバコを咥えて火をつけようとしているシチュエーションなど、女性が思わず色気を感じてしまうショットが収められています。

著者
横浜 流星
出版日

そういったギャップやルックスだけではなく、数々の受賞からも分かるように、その演技力の高さも人気の1つであることは間違いありません。イケメンな役どころはもちろん、シリアスな陰のある役どころも見事に演じ分けています。

公式のインスタグラムやツイッターで写真を見ることのできる稽古の様子では、リラックスした普段の姿も公開している彼。しかし現場では、1度演技に入ると周りが声をかけられないほどの集中を見せるというエピソードもあり、何よりの魅力はそういった努力と才能を持ち合わせているところなのでしょう。

それではここからは、横浜流星の出演する映画・ドラマのなかから、原作のあるものを紹介していきます。原作を知ると、彼にオファーが殺到する理由が見えてくるかもしれません。

【映画原作】『オオカミ少女と黒王子』(2016年)

本作は、2011年に『別冊マーガレット』で連載が始まり、アニメ化、実写映画化もされるなど大人気の少女漫画です。主人公の篠原エリカは高校1年生。恋愛経験がないにも関わらず、友達と話を合わせるために恋愛豊富なふりをしていました。

しかし、その嘘がバレそうになってしまったため、ひょんなことから知り合った同じ学校の佐田恭也に彼氏のフリをしてもらうように頼みます。しかし佐田は、女子から王子と呼ばれる優しい笑顔の裏に、ドSな本性を隠し持つ男だったのです。

横浜流星が演じるのは、佐田恭也の友人で友達思いの日比谷健という少年です。

胸キュンできること請け合いですが、それと同時に、何かと不器用な高校生達が自分を変え、成長していく姿に感動できる1作です。

より詳しく知りたい方には、こちらの記事がおすすめです。

漫画『オオカミ少女と黒王子』16巻までネタバレ!ドS王子×嘘つき少女の恋

著者
八田 鮎子
出版日
2011-10-25

【映画原作】『全員、片想い』(2016年)

本作はもともと俳優の加藤雅也が、ラジオ番組で「片想い」をテーマにしたトークをしたことがきっかけで、その後、小説投稿サイト「エブリスタ」とコラボする形で小説が生まれました。

映画で横浜流星が演じるのは「イブの贈り物」という作品に出てくる見習い介護士の青年。家族のいない青年が、老女に恋心を寄せていく姿が描かれています。

映画では8本の短編ストーリーが描かれますが、そのうち原作となった小説は4本。原作本には、幼馴染に恋する男勝りの女子高生や、年上の上司に恋する新入社員などの4本が収録されています。

恋愛ドラマにはハッピーエンドを期待したいところですが、片想いだからこそ感じることのできる幸せや胸キュンを感じることができる1冊です。

著者
設楽 朋
出版日

【映画原作】『シュウカツ[就職活動]』(2016年)

IT企業の就職面接に挑んだ河東俊介が会場へ行くと、そこはモニターとカメラ、スマホだけが置かれた無人の部屋でした。違法な契約を迫られる就活生、ライバルに罠をしかける就活生……様々な就活生が予想できない就職活動に挑むオムニバス形式の作品です。

映画で横浜流星が演じているのは、圧迫面接に挑む就活生です。内定辞退をしたら損害賠償をふんだくってやろうというブラック企業を相手に論破していく横浜流星演じる就活生の姿に、きっとスカッとした気分を味わえるでしょう。

特に就活をする人には、息抜きにおすすめの1冊です。

著者
千葉 誠治
出版日

 

【映画原作】『ハニー』(2018年)

ヘタレな小暮奈緒が高校に入学して2週間。奈緒は突然、停学明けで赤い髪の不良・鬼瀬大雅に呼び出されます。怯える奈緒ですが、大雅は奈緒に結婚を前提とした交際を申し込んでくるのです。 大雅に恐れをなした奈緒はつい交際を受けてしまいますが、しだいに大雅の優しさに気がついていきます。  

映画で横浜流星が演じるのは、三咲渉という鬼瀬の親友です。かわいらしい顔からは想像できない毒舌家というキャラクターです。端正なルックスと男らしさのギャップに人気のある横浜流星にぴったりの役どころといえるでしょう。

本作は、人を見た目ではなく心で見るという王道ですが普遍的なテーマのある作品。主人公の2人だけではなく、友人達も日々の交流を通して成長していく姿にもぜひ注目してみてください。

より詳しく知りたい方には、こちらの記事で読むことができます。

恋愛漫画『ハニー』のギャップ男子・鬼瀬が可愛すぎ!【ネタバレ注意】

著者
目黒 あむ
出版日
2013-01-25

【映画原作】『兄友』(2018年)

高校生の七瀬まいの悩みは、部屋の壁が薄くて隣にある兄の部屋の音が全部聞こえてしまうこと。ある日、兄の部屋から兄の友人である西野壮太が自分のことを可愛いと言っている声を聞いてしまいます。その日から、まいは壮太のことが気になってしまい……。

横浜流星が演じるのは、まいに恋する西野壮太。本作が単独初主演作となりました。まいは高校生ながら家事がとても得意で、純粋過ぎるほど純粋な女の子。壮太も、女の子に慣れておらず、まいともどう接していいのかわからないとてもピュアなキャラクターです。

ピュアさとピュアさが掛け合わさった本作は、読めば間違いなく胸キュンすること間違いなしの作品です。気になった方はこちらの記事もチェックしてみてください。

漫画『兄友』の魅力を最新8巻までネタバレ紹介!無料で読める!

著者
赤瓦もどむ
出版日
2015-12-18

【映画原作】『虹色デイズ』(2018年)

羽柴夏樹は高校1年生のいじられキャラ。何かと夢見がちなところがあり、仲間の片倉恵一たちとつるんでは女の子の話に夢を膨らませていました。

そんな夏樹に、人生初の彼女ができます。清純派の彼女にすっかり夢中の夏樹でしたが、実は彼女には裏の顔があったのです。彼女の本性を知った仲間達は夏樹を心配しますが……。

映画で横浜流星が演じるのは、スポーツ万能な片倉恵一です。恵一は爽やかなスポーツ青年かと思いきや、常にムチを持ち歩くというドSな顔も持っています。

ギャップが魅力の横浜流星の、まさにハマリ役といえるのかもしれません。

他にもキャラクターが魅力的な本作。気になった方はこちらの記事もぜひご覧ください。

漫画『虹色デイズ』のキャラの魅力を最終15巻までネタバレ紹介!【映画化】

著者
水野 美波
出版日

【映画原作】『L♥DK』(2019年)

高校2年生の西森葵は、親の転勤をきっかけにアパートで1人暮らしをしています。ある日、隣の部屋に同じ学校の久我山柊聖が引っ越してきました。久我山は学校で王子と呼ばれるほど人気のイケメンなのですが、葵は、親友が久我山にひどいフラれ方をしているために不信感がいっぱいでした。

そんな中、葵がスプリンクラーを作動させてしまったために部屋に住めなくなった久我山と、突然同居生活を送ることになってしまうのです。

横浜流星が演じるのは柊聖のいとこで、交際に発展した2人を別れさせようとする久我山玲苑です。アメリカからの帰国子女という設定も。

一足飛びに同居というシチュエーションから始まる物語は、現実ではあり得ないなんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことも忘れさせてくれるくらいドキドキしながら読むことができます。同居というシチュエーションならではの恋愛模様を楽しんでみてください。 

著者
渡辺 あゆ
出版日
2009-06-12

【映画原作】『チア男子!!』(2019年)

大学生の坂東晴希は柔道一筋の男でしたが、肩の怪我をきっかけに柔道を辞めてしまいました。しかし、実は、密かに自分の才能に限界を感じていた晴希は柔道を辞めたことに安堵していたのです。 そんなある日、幼馴染の一馬から、男子だけのチアリーディング部「BREAKERS」を結成しないかと誘われて……⁉

横浜流星が演じるのは、主人公の坂東晴希です。激しい動きが必要な本作で、肉体派としても知られる横浜流星がどのような演技を見せてくれるのかにも注目したいところ。

本作はまず、男子だけのチアリーダーというインパクトのある設定が目を引きます。その珍しさゆえに周りから奇異の目で見られるなど様々な壁がありますが、それを乗り越えていく男達の情熱に胸アツになること間違いなしです。

より詳しく知りたい方には、こちらの記事がおすすめです。

朝井リョウ『チア男子!!』が面白い!原作小説のあらすじ、登場人物など解説

著者
朝井 リョウ
出版日
2013-02-20

【映画原作】『いなくなれ、群青』(2019年)

階段島は2000人ほどの人が住む島。しかし、誰も自分がどうしてこの島にいるのか分かっていません。全員が島にやってきた前後の記憶を失くしているのです。 主人公の七草も例外ではなく、どうしてこの島にいるのか分かりませんでしたが、ある日、2年ぶりに真辺由宇と再会したことで、事態は少しずつ動いていきます。 

横浜流星は、主人公の七草を演じます。

漫画化、映画化と次々にメディア展開された青春ミステリーな本作。その印象的な台詞や衝撃的な結末から、若い世代から特に高い人気を得ている作品です。階段島とは一体何なのか、そこにいる人達の真相とは……ぜひ実際に手に取り、確認してみてください。

謎が気になった方向けに、考察をしているこちらの記事もあります。チェックしてみてください。

『いなくなれ、群青』謎の考察、結末をネタバレ!階段島とは?【映画化】

著者
河野 裕
出版日
2014-08-28

次に、横浜流星の出演しているテレビドラマを紹介していきます。話題になった作品も多数!彼を知る前の出演作も、チェックしてみてはいかがでしょうか。

【テレビドラマ原作】『仮面ライダー』(2012年)

横浜流星初のテレビドラマ出演は『仮面ライダーフォーゼ』でした。『仮面ライダー』生誕40周年の節目に放送された、平成仮面ライダーの第13作目。福士蒼汰が主演で、登場人物の名前などが「宇宙」をテーマに制作された本作。『仮面ライダー』なのに学園ドラマとしても楽しめることが特徴です。

吉沢亮の演じる朔田流星という人物が、学園に転校してきたことが物語の始まり。学園の平和を乱すゾディアーツに対抗し、仮面ライダー部や仮面ライダーフォーゼが戦います。

横浜流星はメテオの転校前の同級生・井石二郎役でした。朔田流星が仮面ライダーメテオに変身するきっかけを作った人物です。

 


福士蒼汰のその他の出演作が知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

福士蒼汰の出演映画、テレビドラマを解説!イケメンだけじゃない実写化キャラに注目

吉沢亮のその他の出演作が知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

吉沢亮が出演した映画、テレビドラマの原作作品の魅力を紹介!

著者
石ノ森 章太郎
出版日

【テレビドラマ原作】『リアル鬼ごっこ』(2013年)

西暦3000年のとある国。人口1億人程度のその国で、「佐藤」の名前を持つ人は500万人以上いました。大学生の佐藤翼もその1人。 ある日、「リアル鬼ごっこ」という「佐藤」という名字を持つ人を標的とした鬼ごっこが開かれ、翼も強制的に参加させられてしまいます。それは、鬼に捕まったら死ぬという命がけの鬼ごっこだったのです。 

映画版で横浜流星が演じるのは、佐藤翼の友人である佐藤洋です。原作と映画ではかなり内容が異なっているので、佐藤洋のキャラクターも原作とは違うところがあります。

映画でしか楽しめない佐藤洋と翼の関係を見てみるのもおもしろいかもしれません。原作は、若者を中心に人気が高まり、ベストセラーとなった作品。荒唐無稽な設定だからこそ面白い1冊です。 

著者
山田 悠介
出版日
2004-04-10

【テレビドラマ原作】『初めて恋をした日に読む話』(2019年)

中学、高校と秀才の道を歩きながら、東大受験に失敗したことをきっかけに就職も結婚もうまくいかなくなってしまった予備校講師・春見順子。 ある日、順子の務める予備校に、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平(ゆりきょうへい)がやってきます。匡平にかつての自分を重ねた順子はその指導を引き受け、匡平の東大合格を目指すことになります。 

テレビドラマで横浜流星が演じたのは、このピンクの髪をした由利匡平です。ピンクの髪という個性的な姿も印象的ですが、その胸キュンな行動が大きな話題となりました。

原作でも胸キュンなストーリーは同じ。また、順子と匡平の他に、順子の幼馴染の八雲雅志も入れた三角関係にも注目です。 

より詳しいストーリーが気になる方は、こちらの記事もどうぞ。

『初めて恋をした日に読む話』全巻ネタバレ!ドラマ化原作漫画!【はじこい】

著者
持田 あき
出版日
2016-11-25

【テレビドラマ原作】『4分間のマリーゴールド』(2019年)

花巻みことは救急救命士と働き始めたばかりの青年。しかし仕事の中で、自分にはある能力があることに気が付きます。それは、自分が手を重ねた相手の「死の運命」が見えるというもの。その能力で、ひそかに想いを寄せる義姉の花巻沙羅が1年後に死んでしまうとういうことを知ってしまうのです。

横浜流星が演じるのは、みことの義弟にあたる花巻藍です。少し不良っぽいところのある少年ですが、ドラマではそんな彼の恋愛模様も描かれ、話題となりました。

特殊な能力に目覚めた主人公、義理の姉への恋心、救急救命士という仕事……心惹かれる設定と、そこから生まれるストーリーに感動必須の作品です。 

結末が気になる方には、こちらの記事でも見ることができます。

ドラマ化『4分間のマリーゴールド』が泣ける。一途な愛の結末までをネタバレ

著者
キリエ
出版日
2017-08-10

【テレビドラマ原作】『私たちはどうかしている』(2020年)

老舗和菓子店の主人が殺される事件が発生。殺された主人の息子の高月椿の証言によって住み込みの女性職人が逮捕されました。しかし逮捕されたのは、高月椿の幼馴染で初恋相手・花岡七桜の母親だったのです。 15年後、再会した2人は、ひょんなことからお互いの思惑を隠したまま形だけの結婚をすることになるのですが……。 

横浜流星が演じるのは、この高月椿です。椿は老舗和菓子店の跡取りながら家族との縁が薄く、それゆえに不器用な面のある青年です。

お互いに因縁と思惑を抱え素直になれない椿と七桜の不器用な恋愛模様と、殺人事件を巡るミステリーを楽しむことができる作品。切ない恋心と闇深いミステリーから目を離すことができません。

こちらの記事では、全巻の詳しいストーリーを読むことができます。どんなシーンが映像になるか、想像してみてはいかがでしょうか。

『私たちはどうかしている』全巻ネタバレ!ドラマ化での必見シーンを先取り!

著者
安藤 なつみ
出版日
2017-04-13

【配信ドラマ原作】『でぶせん』(2016年)

警察オタクでほぼ球体に近い肥満な青年・福島満は、オタク趣味に没頭し過ぎるあまり借金で首が回らなくなり、とうとう自殺を決意して富士の樹海へとやってきました。しかし、そこで見つけたのは自分にそっくりな女性・満子の白骨死体。

コスプレ好きで女装もする満は、満子になりすまして人生をやり直すことを思い付きました。しかし、本物の満子は底辺高校の新任教員で、しかもその学校には本物の満子を殺した犯人も潜伏していたのです。

横浜流星が演じるのは、第2話と第3話に登場する底辺高校の中でも一番の問題児である義志沢月人という高校生です。横葉流星にとって初の不良役となるキャラクターでもあり、話題となりました。

本作は、ギャグあり下ネタあり暴力あり、そして本物の満子を殺した犯人の影もチラつくミステリーもありと、何でもありな作品。笑いもシリアスも両方楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

『でぶせん』については<『でぶせん』最終回までの見所ネタバレ紹介!実写化原作漫画が面白い【無料】>の記事で紹介しています。気になる方はあわせてご覧ください。

著者
朝基 まさし
出版日
2014-12-05

少女漫画のような本名の横浜流星。出演作品とその原作一覧

少女漫画に登場する王子様のような名前の横浜流星。芸名のようですが、実は本名です。その名のイメージどおり、出演作の原作には少女漫画も多数ですが、それだけではありません。

いかがでしたか? 今回は横浜流星が出演した作品の中から、原作のある作品を選び、ご紹介しました。原作のキャラクターと実写の横浜流星を比べて読んでみると、また新しい魅力を見つけることができるかもしれません。ずいぶんとストーリーが違うものもあります。原作と実写と両方チェックすることで、二度違う楽しみ方をすることもできるでしょう。これを機会にぜひ見てみてはいかがでしょうか?

もっと見る もっと見る